« 2023 神鍋山野草(神鍋高原観察・納会) | トップページ | 2023 晩秋の剪定 »

2023年11月16日 (木)

2023 伊佐屋菜園秋仕まい

11月も半ばを過ぎ、菜園仕事も終わりとなります。
タマネギを植え、最後にエンドウの種を播きます。苗を植えるか種を播いて芽を出させるか、どちらも厳しい寒さと雪に耐えて根を張り、春になると一気に大きくなり、初夏に収穫します。
冬越しの野菜は他にニンニク・イチゴ・ナバナ・春採りキャベツなどがあります。

残る仕事は収穫、アズキ・クロマメ・七夕豆など豆類を収穫して天日干しします。
ダイコン・ハクサイ・カブ・ニンジン・セロリなど冬野菜は一部そのままにして、雪が積もると凍結を避けるため甘みを増すのを待ちます。
雪で折れるネギは上に屋根を作るか、収穫して樽にいれて軒先で保管します。

タマネギ & エンドウ
Dsc_0038_20231117093601  Dsc_0037_20231117093601

ニンニク & イチゴ
Dsc_0040_20231117093701  Dsc_0043_20231117093701

ホウレンソウ & ニンジン
Dsc_0045_20231117093901  Dsc_0046_20231117093901

ブロッコリー・カリフラワー & カブ・キクナ・ルッコラ
Dsc_0047_20231117093901  Dsc_0048

ハクサイ・ダイコン & セロリ・ダイコン・ネギ
Dsc_0039_20231117094201  Dsc_0041_20231117094301
少量多品種を旨とする伊佐屋菜園では、自家消費と故郷の便りとして家族や知人に送って喜んでもらっています。







« 2023 神鍋山野草(神鍋高原観察・納会) | トップページ | 2023 晩秋の剪定 »

家庭菜園・農業・食べ物」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

道の駅かんなべ高原

お気に入り

伊佐屋三木のblog1

  • 伊佐屋三木のblog1
    2007年4月から2015年5月まで8年間の記録です。 「サイト内検索」にキーワードを入れて検索すると過去記事が見られます。