« 伊佐屋のお正月 | トップページ | 2024 初仕事 »

2024年1月 3日 (水)

2024 チームF1B初登り(明神山)

12月9日の忘年会で盛り上がったとき、姫路市夢前町・明神山(668m)と決まりました。
過去は2012年1月9日 播磨アルプス(高御位山)、2013年1月5日 明神山、2014年1月12日 小野アルプス、2015年1月18日 多紀アルプス、2016年1月14日加西アルプスに登りました。7年休んで昨年2度目の高御位山に登りました。
明神山も11年前の2013年に登ったので今回が2度目となります。
冬は雪が無く眺望と岩場・尾根歩きが楽しめる播磨や阪神の山が対象です。

夢のさと 登山口 & Cコース・クジラ岩
P1030001_20240104090401 P1030012

連続するロープ場 & 岩場
P1030018_20240104090401 P1030010_20240104090401
11年前の2003年に登った記憶は薄れていて、難所の連続で苦戦を強いられました。
その頃は誰も若かったのです。今回は後期高齢者の私と普段登山経験のないB君の2人がブレーキをしっかり掛けてしまいました。
苦闘の末、コースタイムの1時間30分を大幅にオーバーして山頂にたどり着きました。

山頂明神社にお参り & チームF1B・7人のサムライ
17704  P1030022
朝から曇りで午後から雨の予報に、山頂からの眺望はほとんどありません。

下りは尾根伝いのAコース & マンモスの背
P1030026 17712

岩谷池の逆さ明神
P1030003_20240104090401 尾根伝いのコースをほぼコースタイムの1時間30分で下りました。
下りは私がまたまた足を引っ張りました。
言い訳をさせてもらうと、両膝の人工関節と腰痛持ちの私にとって、岩場やロープ場の急坂の下りは登り以上に慎重さが求められるからです。

途中の但馬楽座温泉で汗を流し、例によって府市場公民館「なごみの部屋」で反省会兼新年会です。
近くのスーパーでお酒のつまみと軽食を買い、区内の酒屋さんでビールと焼酎を調達し、締めて1人2,000円の会費です。

暮れ正月で飲み疲れていても、山で汗を流したあとのビールは格別です。
2024年チームF1B(メンバー12人)の山歩きと飲ミュニケーションがスタートしました。



    

« 伊佐屋のお正月 | トップページ | 2024 初仕事 »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

道の駅かんなべ高原

お気に入り

伊佐屋三木のblog1

  • 伊佐屋三木のblog1
    2007年4月から2015年5月まで8年間の記録です。 「サイト内検索」にキーワードを入れて検索すると過去記事が見られます。