« 郷社・気多神社の不思議 Ⅱ | トップページ | 郷社・気多神社の不思議 (終) »

2024年3月21日 (木)

郷社・気多神社の不思議 Ⅲ

「不思議」を探るため気多神社の記事を調べてみます。2013年の調査記事がありました。
境内地にある由緒書きには、秀吉の但馬侵攻の際に焼かれ、江戸中期に再建されたものとあります。拝殿や摂社も設けられた立派な社です。(詳しくは由緒をご覧ください)

神社全景              由緒

Img_8657 Img_8652

拝殿

Img_8660 Img_8666

本殿

Img_8676   Img_8699
Img_8684 Img_8698
Img_8704_20240325163601  Img_8707
Img_8716 Img_8694

<社寺建築調査票>   ↓ ↓ ↓  クリックしてご覧ください

ダウンロード - e6b097e5a49ae7a59ee7a4bee8aabfe69fbbe7a5a8e4bfaee6ada3.pdf

社は棟札から1677年に再建され、大正12年の大修理を経たもので、祭神は大己貴命(おおなむちのみこと)。
向拝や本殿には立派の彫刻が施されています。

調査票は私の書いたもので、不完全かつ正確性に欠けます。
これから添削を受けたり、文書で調べたりして、精度の高いものにしていくつもりです。

 

 

 

 

 

 

  

   

« 郷社・気多神社の不思議 Ⅱ | トップページ | 郷社・気多神社の不思議 (終) »

国府物語」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

道の駅かんなべ高原

お気に入り

伊佐屋三木のblog1

  • 伊佐屋三木のblog1
    2007年4月から2015年5月まで8年間の記録です。 「サイト内検索」にキーワードを入れて検索すると過去記事が見られます。