« ブログノート(ブログの寿命) | トップページ | 2024 山本巣塔 抱卵せず »

2024年3月 3日 (日)

2024 山本巣塔 抱卵開始か?

3月に入って繁殖行動が盛んになる時期です。巣塔の2羽は巣を空けたり、居ても立ったままの状態でした。
3日になって2羽が揃い、交尾行動らしき様子があり、その後1羽が巣に伏せました。
山本巣塔で初めて巣に座り込むのが見られました。

交尾か?
P3030022
「コウノトリは連日にわたって相当な回数で交尾するので、どの交尾で受精したかも知ることはできない」(コウノトリの郷公園記録)

座っているのが雌

P3030045

雄が飛び立って 
P3030061

動かない雌
P3030058_20240304082701

雌にお土産
P3030062
 
立ったり巣を空けたりせず、ずっと座っているなら間違いないでしょう。
昨年は産卵推定が3月9日頃でした。昨年のようなトラブル(ヒナの救護)がなく順調なら、抱卵→孵化→子育て→巣立ちへと進むでしょう。





« ブログノート(ブログの寿命) | トップページ | 2024 山本巣塔 抱卵せず »

環境・まちづくり」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

道の駅かんなべ高原

お気に入り

伊佐屋三木のblog1

  • 伊佐屋三木のblog1
    2007年4月から2015年5月まで8年間の記録です。 「サイト内検索」にキーワードを入れて検索すると過去記事が見られます。