« 2024 神鍋山野草 5月例会 オオキンケイギクの駆除 | トップページ | 2024 全国子ども落語大会 »

2024年6月14日 (金)

カボチャ&ズッキーニの人工受粉

伊佐屋菜園Bには、カボチャが2本、ズッキーニが3本、空心菜が2本植わっています。
いずれも葉やツルを広げて周りに広がる頑強な野菜です。

カボチャ & ズッキーニ
Dsc_0013_20240614081901   Dsc_0021_20240614081901

カボチャの雌花と雄花
Dsc_0012_20240614081901 Dsc_0005_20240614081901

ズッキーニの雄花と雌花
Dsc_0018_20240614081901 Dsc_0017_20240614081901
雄花の雄しべ花粉が雌花の雌しべについて、受粉が成立し成長して実となります。本来受粉役はハチなど昆虫の仕事です。そのために目立つ花を咲かせて、虫たちを呼んでいるのです。

最近ハチが少ないようで、受粉できずに萎れてしまう雌花が増えてきました。
気温が高くなり株が成長するにつれて、雄花も雌花も同時に咲くようになります。
ここで伊佐屋君の登場です。花が咲く早朝に出かけていって、雄花を摘み取り雄しべを雌花の雌しべに付けてやります。
どちらが雄花か雌花か、雄しべと雌しべの形で簡単に見分けられます。
(写真をクリックして拡大してください)

受粉したものと未受粉のズッキーニの実
Dsc_0023_20240614081901菜園Aに植えているスイカも同様です。
早朝花が咲くときに、受粉させてやると実を付けます。
本来は虫たちの仕事を見守れば良いはずですが、それが当てにならないのか辛抱できないのか?
より多くの収量を得るために人間様のお世話が続くのです。










 

 

 

 




 

« 2024 神鍋山野草 5月例会 オオキンケイギクの駆除 | トップページ | 2024 全国子ども落語大会 »

家庭菜園・農業・食べ物」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

道の駅かんなべ高原

お気に入り

伊佐屋三木のblog1

  • 伊佐屋三木のblog1
    2007年4月から2015年5月まで8年間の記録です。 「サイト内検索」にキーワードを入れて検索すると過去記事が見られます。