« カボチャ&ズッキーニの人工受粉 | トップページ | 2024 コウノトリ山本巣塔 ヒナの成長 Ⅱ »

2024年6月16日 (日)

2024 全国子ども落語大会

 今年も出石永楽館で「全国子ども落語大会」が開かれ、16日の決勝大会を観賞してきました。今年で7回を数え参加者の範囲も広がっています。北海道、東京、静岡、三重、和歌山からも。
「子ども落語大会」は北海道、大阪、宮崎でも開かれているそうです。出石大会の特徴はなんと言っても、抜群の雰囲気を備える「芝居小屋永楽館」が会場であること。審査員が観客全員であることです。

プログラム表紙 & 会場は永楽館
Img_20240617_0001 Dsc_0010_20240618072901

出演者一覧 & 決勝大会出場者8人
Photo_20240618072902 Photo_20240618074301

優勝:ほしぞら亭きらりさん「ときうどん」
Dsc_0014_20240618072901

2位:小僧亭丸之助君「転失気」
Dsc_0016_20240618072901

最年少:小1 切磋亭たい君「寿限無」
Dsc_0021_20240618072901
参加者一覧にあるように、上方落語の有名噺で、演目がかぶったりしてますが、それぞれ特徴のある噺に仕上げています。
予選の持ち時間10分、決勝は13分です。長い噺の筋やオチを変えることなく時間内に纏めなければなりません。私が投票した3人がいずれも上位3人に入っていました。見る目・聞く耳が長けてきた?証拠でしょう。

永楽館を拠点として出石・但馬に落語文化が根付いてきていますが、まだ空席もあります。
満員の観客の前で子供たちに磨いた技を披露してもらいたいものです。

サポーター登録(3千円)していて毎年入場券と大会のDVD が送られてきます。小学1年生から中学3年生まで幅広い年代の子どもたちが覇を競うのが面白いところです。

次は「第3回落語甲子園」が8月18日(日)、場所は永楽館で開催されます。








 

« カボチャ&ズッキーニの人工受粉 | トップページ | 2024 コウノトリ山本巣塔 ヒナの成長 Ⅱ »

文化(歴史・芸術ほか)」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

道の駅かんなべ高原

お気に入り

伊佐屋三木のblog1

  • 伊佐屋三木のblog1
    2007年4月から2015年5月まで8年間の記録です。 「サイト内検索」にキーワードを入れて検索すると過去記事が見られます。