文化・芸術

2022年10月24日 (月)

2022 小山譲 秋の作品展

秋の作品展(個展)の案内がきました。
第7波が少しずつ落ち着きをみせ、ワクチンも3~4回の接種が進み、行動制限も緩和される中で作品展開催を決めたのでしょう。

案内ハガキ
Img_20221021_0002  Img_20221021_0001

絵画教室の生徒もコロナ禍で減り、作品展も思うように開催できないようです。
コロナ禍で外食・旅行産業ばかりで無く、芸術の分野でも大きな影響を受けています。
また、今まで彼を支えてきたスポンサーが歳を取り、終活(物を増やさないで減らす)を考えだすのも影響するはずです。
人の心を豊かにする投資で、芸術家の生活に資する「ウインウイン」の関係が望まれます。

● 期   間 : 10月30日(日)~11月6日(日) 8日間
● 時   間 : 午前10時~午後6時
● 場   所 : アトリエ小山  クリック 日高町上郷653(頼光寺近く)
● 問い合わせ : TEL 0796-42-2970




   

 

 

2022年9月23日 (金)

傘寿記念写真展

同じ村の先輩が、傘寿を記念して写真展を開かれています。
撮り続けて60年、カメラも大きな変化がありました。
フィルムカメラからデジタルカメラへ、ピント合せも露出もシャッタ-スピードの調整もカメラが自動で行なうようになりました。
どんなに便利になっても、「伝えたいことを伝える心」が大切ですね。

案内ハガキ
Img_20220923_0001

● 日時 令和4年9月22日(木)~26日(月)

     10時~18時まで

● 会場  アトリエ小山 ← クリックで地図が出ます
     豊岡市日高町上郷653
     ☎ 0796-20-3373

 

 

 

  今日23日の朝日新聞朝刊の但馬版に紹介記事が載っています。
   Asahi220923     



    


    

2022年8月22日 (月)

第1回落語甲子園

甲子園で開催される全国高等学校野球選手権に因んで、高校生による「〇〇甲子園」が増えてきました。
私が住む豊岡市で21日(日)に「第1回落語甲子園」が開催されました。お隣の城下町出石の近畿最古の芝居小屋「永楽館」での開催です。今年第5回を数える「出石永楽館・全国子ども落語大会」の「高校生の部」です。

案内ハガキ & プログラム(演目と演者一覧)
Img_20220822_0001 P8220019
案内ハガキには、「北は北海道から南は和歌山、東は茨城、西は鳥取まで、全国から10人の高校生落語家がエントリーしてくれています。
バットとグローブではなく、扇子と手ぬぐいを持った高校生たちが青春の情熱を笑いにかけて頑張っています」と書いてあります。

高座は回り舞台の上 & めくりを持って自己紹介
P8210008P8210009

熱演風景(NHKテレビ):右は最優秀賞の「粗忽長屋」
P8220020 P8220025
それぞれ持ち時間は13分で、演目は主に古典落語(上方落語)、一部プロによる創作落語もあります。登場人物や筋・オチを工夫して持ち時間内に上手にまとめています。

審査員は観客全員が担当し、受付時にピン球1個が渡され、帰りに演者別に並んだ10個の投票箱の一つに入れます。
最優秀賞には大阪市の村松直君(独楽亭なおい丸)の「粗忽長屋」で、優秀賞には養父市の村上凜さん(なべやまろにぃ)の「茶の湯」、豊岡市長賞は宝塚市の嶋名雅照君(シマヤま~宝)の「やかん」が選ばれました。
優勝した「独楽亭なおい丸君」は小6、優秀賞の「なべやまろにぃ」さんは中2で、2018年「第1回目子ども落語大会」から参加しています。

終演後のお見送り
P8210017 終演後、参加の高校生から「コロナ禍にもかかわらず、開催してもらえたこと、見に来ていただいたことに感謝している」「自分たちも存分に楽しめた」との感想が述べられました。
近畿最古の芝居小屋永楽館の雰囲気と熱心な聴衆に満足してくれたようでした。

フィナーレに高校生達は舞台から手を振って花道を退場し、永楽館の出口で並んでお見送りしてくれました。
お昼に食べた出石皿そばの味と、この大会が2022年夏の思い出に加わったことでしょう。
演者・観客双方から、「ありがとう」の言葉が自然に交される楽しい大会でした。

観客は110人を超えるくらいとのこと、第1回としてはまずまずでしょうか。
回を重ねるごとに観客も増え、出石永楽館が、高校生落語の聖地となる日も遠くないことでしょう。 











 

 

     

2022年7月16日 (土)

出石永楽館・全国こども落語大会サポーター

6月19日に芝居小屋永楽館でおこなわれた「第5回全国こども落語大会」で、運営継続のためサポーターを募集していて、帰りに申し込んできました。
お代は3,000円、お礼として今回の大会のDVDと来年の第6大会も無料で招待されます。

お礼状 & 予選・決勝のDVD
Photo_20220716065901  Img_20220716_0001
第1回落語甲子園ポスター
Photo_20220716070901同封されたDVDのお陰で、予選も決勝も全出場者の話芸を聴くことができました。
おまけに8月21日開催の「第1回落語甲子園」の招待券まで入っていました。
サポーターの有効期限は1年限りですが、6月に行なわれる中学生3年生までと8月の高校生の2回こども落語に接する楽しみが増えました。

たぶん過去のこども落語大会に出場したOB・OGの高校生も参加してくれるでしょう。
できる限り参加してサポートを続けるつもりです。


 











  

 

2022年6月20日 (月)

第5回全国子ども落語大会

 一昨年は中止、昨年は開催時期を延期するなど、コロナ禍で苦労を重ねて5回目となります。
18日(土)に2箇所で予選を行ない、19日(日)に芝居小屋永楽館で決勝が行なわれました。
『こどもを対象とした落語コンテストは、宮崎県や大阪府などでも開催されておりますが、お囃子が生演奏であることとあること、お客様が審査員であること、そして何より「決勝大会」の高座が近畿最古の芝居小屋・永楽館であることなど、他に類を見ない極めて魅力的な特徴を持っています。』(実行委員会「サポーターになってください」から抜粋)

決勝は近畿最古の芝居小屋「永楽館」

Img_20220621_0001   Dsc_0012_20220621142501
前日の予選を勝ち抜いた8人が、練り上げた芸を披露しました。
    Img_20220621_0003

広福亭竹児くん(小5) & 春乃そよかぜさん(中3)(NHK Live Love ひょうご)
P6210685 P6210677
5歳からから中3までが得意演目を掲げ競いますが、150人を超す聴衆に物怖じせず、上方落語の古典をベースに、表情や身振り手振りの仕草を加えて語ります。

幕間には座布団を返したり、小道具を置いたり、演目のめくりを返したりするお茶子さんは、OBの「なべやまろにい」さんが勤めます。もちろん三味線・太鼓の囃子方もついて、寄席の雰囲気がたっぷり楽しめます。

兵庫県を始め、大阪府・奈良県・和歌山県、遠くは神奈川県から参加もあります。
「笑門来福=笑う門には福きたる」、この子達の家庭では、笑いが絶えないことでしょう。
おもしろいのが観客が審査員で、もう一度聞きたい、友だちにも聞かせたいなどの基準で上位3人を選びます。優勝は「隣の桜」を演じた春乃そよかぜさんでした。

第1回落語甲子園のポスター
Img_20220621_0001_20220621150701
「全国こども落語大会」は中学3年生までが対象ですが、なんと「落語甲子園」と銘打って、高校生の部が開催されます。
「第1回落語甲子園」
日 時 : 8月21日(日)13時半開宴
場 所 : 出石永楽館
木戸銭 : 400円(小中学生200円) 

過去の大会で活躍した中学生の芸も見られるでしょうし、出石永楽館が、高校生落語の聖地となる日も遠くないかも知れません。



  

 

 

 

 

 

2022年6月12日 (日)

2022 笑門来福

恒例の「桂米朝一門会」が、出石永楽館で開催されました。
新型コロナウイルス感染防止のため、冷暖房に加え最新の換気設備を整備されているそうです。

出石町は松平・小出・仙石氏が治めた城下町として、但馬の小京都とも呼ばれ、歴史と文化が残っている町です。
その一つとして、芝居小屋「永楽館」が残っていて、昭和39年の閉館以後、放置されていました。
永楽館は明治34年、小畑家によって建てられ、場所移さずに残る劇場としては国内最古、明治期から残る芝居小屋としては、近畿では唯一のものとされています。かってここで遊び楽しんだ町衆の願いが通じ、豊岡市の文化財保存事業として、復原工事が行われ2008年に完工しました。


永楽館 & 桂米朝一門会のチラシ
Dsc_0025_20220613065501  Img_20220613_0002

当時の雰囲気を残すレトロな看板
Dsc_0027_20220613065501Horizon_0001_burst20220612131925313_cove

芝居小屋永楽館については・・・
甦った芝居小屋 永楽館 Ⅰ」、「甦った芝居小屋 永楽館 Ⅱ」をクリックしてご覧ください。  (画面上左端の「←」ボタンでもとの記事に戻ります)

購入した応援グッズ(座布団を押すと出囃子が鳴る高座)
Dsc_0025_20220613072501
大阪と神戸から観光バスの団体ツアー客もあり、会場はほぼ満員でした。
ツアー名は分かりませんが、城下町出石を見学して、名物の皿そばを食べ、芝居小屋永楽館で落語を楽しむ、なんと贅沢なツアーでしょう。


笑門来福
(笑う門には福来たる)
大声を出して笑うことが憚られる昨今、マスク越しながら久しぶりに笑福亭一門の皆さんの芸で大笑いしてきました。
応援グッズのミニチュア高座セットは5種類あって、購入したのは前座用の出囃子「石段」です。









 




 

2021年12月 3日 (金)

絵額模様替え(冬バージョン)

12月に入り玄関や居間の絵画の模様替えです。
写真以外は友人であり画家の小山譲君の作品です。

大岡山と冬景色(油彩画) & 奈良 法起寺(パステル画)
Pc040872 Pc040870

晩秋のブナ林(写真)  & 函館カトリック元町教会(絵はがき)
Pc030871  Pc030872_20211204103101
掛け軸と同じように四季に応じて掛け替えると季節感が出てきます。





2021年10月24日 (日)

2021 小山譲 秋の作品展

  例年春と秋の2回作品展(個展)を開催しています。
今春の作品展は、コロナ禍で豊岡市周辺だけに報せる気の使いようでした。
ワクチンの接種効果や個々の感染対策実施、生活行動様式の変化が相まって、感染者が大幅に減ってきたこともあり、作品展開催の案内が来ました。

案内ハガキ

Img_20211024_0002   Img_20211024_0003
絵画教室のレッスン料だけでなく、作品展での販売が大きな収入となります。
コロナ禍で、苦戦しているのは旅行・飲食関係だけでなく、芸術・文化分野も収入減に苦しんでいます。

作品を元に作成された「2022年度カレンダー」も、1500円で販売されます。

◎ 期間 : 10月31日(日)~11月7日(日)まで 午前9時から午後5時まで
◎ 場所 : アトリエ・小山   豊岡市日高町上郷653  ☎ 0796-42-2970 

上郷バス停付近のヒマワリ畑、アトリエ近くのコスモス畑、徒歩5分の「もみじ寺・頼光寺の紅葉」も秋を楽しませてくれることでしょう。

伊佐屋玄関を飾る 小山譲 油彩画 秋バージョン
Pa250683_20211025091601

パステル画 & 絵ハガキ
Pa280687   Pa250686








2020年11月 3日 (火)

2020 小山譲 秋の作品展

11月1日から10日まで作品展が開催されています。

案内ハガキ
Img_20201102_0002   Img_20201102_0003 

アトリエ小山入り口
Pb020021 Pb020023

作品展示会場
Pb020026 Pb020028

冬の美山・茅葺きの里 & 特製カレンダー
Pb020032 Pb030236
彼の得意とする風景画が、水彩・パステル画や油絵など数十点展示されています。
自然の光に秋の鮮やかな紅葉や冬景色が、微妙なタッチで描かれています。

行く秋と近づく冬の風情を楽しみながら、お手軽値段(1,500円)で好評のカレンダー(12ヶ月)を求めて帰る人も多いようです。

作品展は10日まで、秋の深まりとともに、近所のもみじ寺・頼光寺の紅葉や上郷橋東のヒマワリ畑も楽しめます。


 

 

 

2019年11月 2日 (土)

小山譲 秋の作品展

友人で隣村の上郷で「アトリエ小山」を営んでいる小山譲くんの作品展が明日3日から開催されます。
Img_20191026_0001 Img_20191026_0002

期間中お天気も安定しているようです。
お隣の「もみじ寺」で有名な頼光寺さんの紅葉は始まったばかりですが、作品展の後半には進むでしょう。

秋と冬の風景画やを題材にしたパステルと水彩画が中心なので、肩が凝らず親しみがわきます。
四季折々の風景を片面に配した「2020年のカレンダー」(1,500円)も販売されます。
「珍しい鳥が鳴く時間」がお奨めです。

● 期   間 : 11月3日(日)~11月10日(日) 8日間
● 時   間 : 9時~18時
● 場   所 : 豊岡市日高町上郷653(頼光寺近く)
● 問い合わせ: TEL 0796-42ー2970

   

 

 

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

お気に入り

伊佐屋三木のblog

  • 伊佐屋三木のblog
    2007年4月から2015年5月まで8年間の記録です。 「サイト内検索」にキーワードを入れて検索すると過去記事が見られます。

九条の会

  • 九条の会
    日本が誇る憲法第九条をまもり、平和な世の中を築くため行動します