但馬情報特急

九条の会

  • 九条の会
    日本が誇る憲法第九条をまもり、平和な世の中を築くため行動します

suzuran写真館とミッキーの手まり

お天気・気象

2018年7月 7日 (土)

梅雨前線による大雨被害状況(続)

午後から雨も弱くなり止む間も広がってきました。

3時頃安全を確かめながら、円山川の状況を確認してきました。
 
              水位が低下した上郷橋付近
20180707_144517 20180707_144609
 
はんらん注意水位まで低下
20180707_144641_2朝7時過ぎと較べて約1.5m水位が低下しています。
国府地区でも北部にあたる八代川が本流と合流する国府駅周辺地区では家屋浸水はないものの、周囲の市道が冠水して孤立状態だと聞きました。
国道・県道・市道を問わず依然として道路の交通規制が行なわれています。
 
今後の雨を予測しながら、豊岡市が避難所縮小を決めました。
依然特別警報は出たままで、今晩にかけて雨が降るでしょうが、峠は越したように思われます。
 
もっとも四国や広島県・岡山県に大きな被害が出ているのと、雨雲が東に移動し岐阜県などに特別警報が発令され、母の出身地でもあり縁者も多いので心配です。
 

梅雨前線による大雨被害状況

台風7号通過のあと復活した梅雨前線が列島を串刺しにして、南からの湿った風を呼び込んで大雨が降り続いています。

 
豊岡市も大雨洪水警報から昨日6日に「特別警報」に切り替わりました。
各家庭に設置されている防災無線や携帯の「ひょうご防災ネット」から昼夜を問わず、矢継ぎばやに今まで降った雨量や今後の予想、避難所の開設、避難準備や避難勧告など防災情報が流れています。
 
とうとう今朝4時24分、私の住む国府地区に「自宅の二階に移動する」よう「避難指示」が出されました。
円山川支流の八代川の水位が上昇し、堤防を越える恐れが出ているからです。
過去何度か八代川が本流に合流する国府駅周辺地区が浸水被害を受けています。
私の住む府市場区は八代川から遠く離れていて、特にアクションは起こしていません。
 
一方、我が家は円山川本流から100mに位置し、県道の上郷橋が通行禁止となりそちらの様子が気になるところです。
府市場区でも役員が深夜、独居老人を訪ね避難の相談をしたと聞きました。
我が家の隣に86歳のお年寄りが住んでいて、夜明けと同時に様子を見てきました。
 
今朝の情報によると豊岡市各所で浸水や土砂災害で通行止めとなり、バスも電車も運休しています。
 
通行禁止の上郷橋                水浸しの伊佐屋菜園A
20180707_071626_2 20180707_071716
 
                増水している上郷橋付近
20180707_071803_2 20180707_071834
 
上流方向                      下流方向
20180707_072115_3 20180707_071905
 
                はんらん危険水位一歩手前
20180707_071919_2 20180707_072021_2
 
                   我が家横の水路
20180707_073400 20180707_073457
円山川の水位は5.2m位で、6mを越えると「はんらん危険水位」の重大事態となるのでしょう。
6時23分の豊岡市防災情報では、「降り始めから345mm、上流の養父市で449mm、朝来市で392mmと、かって降ったことのない大雨が降っており、今後も降り続くことが予想されます」と流してます。
 
合せて「増水した河川や水路に近づかないように」との指示もあったのに、過去の経験でつい近づいてしまいました。
(国交省豊岡河川国道事務所のHPで、上郷橋付近府市場ライブカメラで様子を見ていたのに・・・・)
 
特別警報とは・・・・
警報の発表基準をはるかに超える大雨や大津波等が予想され、重大な災害の起こるおそれが著しく高まっている場合、「特別警報」を発表し最大級の警戒を呼びかけます。
お住まいの地域は、これまでに経験したことのないような、重大な危険が差し迫った異常な状況にあります。
 
過去の経験をもとに、避難指示を解釈したり、増水した河川に近づいたりして入る自分に気がつきます。
そういう意味でもブログ記事にして残すことにします。
遠くに住む家族・親族・知人に状況を知ってもらうのに役立つことでしょう。
 
夜にピークが来るのは避けられましたが、雨は止むまもなく降り続いています。
予報では今日の夕方まで降るようです。
なんとか大事にならぬよう祈るしかありません。
 
 
 
 

2018年3月 1日 (木)

2018年 3月

いよいよ3月ですね。
気候も春めいてきて、絵額を掛け替えました。


円山川 府市場付近               函館ハリストス正教会
Img_4267_2  Img_4268
 
円山川から上郷橋と河畔林
Img_4274_3いずれも小山譲氏の手によるものです。
円山川や高生平野、大岡山、神鍋山、蘇武岳、ふるさとの景色は落ち着きます。
 
明日2日は若狭神宮寺の「お水送り」神事に参加してきます。昨年は東大寺二月堂の「修二会」に参加しました。
遠敷川の鵜の瀬から送られた水が、10日後の12日に二月堂横の若狭井でくみ上げられる神事が「お水取り」です。
いよいよ春ですね。
 

2018年1月26日 (金)

2018 雪景色

いままで寒波の都度、「雪は積もっているの?」と縁者の皆さんに問われ、その都度期待を裏切ってきました。

何年ぶりかの寒気が張りだし、列島を覆って首都圏が大混乱したころ、やっと雪国但馬の伊佐屋周辺も積雪があり、除雪車も初めて出動しました。
自宅待機を決め込んでいた我が家も、とうとう26日の朝になって「人力除雪車」が出動しました。
 
正面東側                     北西:裏庭
P1260057 P1260060
 
府市場信号 左:国道、右は市道
P1260062
積雪は20cm位でしょうか。
町なかだけですが、国道は地下水を活用した消雪装置が稼働し、積雪はありません。
家の前の市道は除雪がなされ、各家の繋ぎだけ個人が除雪します。
 
昨年のブログ記事「5年ぶりの大雪」(1月25日)に較べれば半分程度です。
もっともこのあと「雪に埋もれてきました」(2月12日)と続き久々の大雪となりました。
 
午後の天気予報と気圧配置予想図 (Yahoo JAPAN)
P1260002 P1260001
「○年ぶり」とか、「この冬最強の」とかマスコミの過剰気味の報道が行われています。
東北や信越・北陸などの豪雪地帯の実情を報道するならともかく、雪国につきものの冬景色まで「大雪」と騒がれてはたまりません。
抵抗力の無い都会人と較べて、雪国にはそれなりの免疫(対策と心構え)が備わっているのです。
 
カニシーズン真っ盛り、スキー場はもちろんのこと温泉地や民宿はこの程度の雪でびくともしていません。
寒波・大雪と騒ぎ立てて、都会人の足を遠ざける報道は迷惑至極です。
それなりの寒さ対策は必要ですが、冬のスポーツにグルメとともに雪国ならではの風情を楽しんでいただきたいものです。
 
 
 

2017年10月23日 (月)

台風21号 油断大敵

「超大型で、非常に強い」と定義される台風21号は昨夜近畿地方に接近し、関東を通過し、東北南部に向かいました。
豊岡市には22日朝から大雨洪水警報が発令され、災害警戒本部(午後には災害対策本部に切り替え)も立ち上げられました。

うかつにもこの台風を甘く見て、新温泉町での登山行事に参加していました。
予報どおり雨が降り続き、山歩きどころではなくなって、途中で打ち切りとなりました。
 
豊岡市では、大被害をもたらした「2004年(平成16年)の台風23号に匹敵する危険性が予測される」として、総選挙・市会議員選挙の投票受付を午後4時に打ち切りを決めました。
それ以後は防災無線、兵庫防災ネットで、対象地域に避難所の開設、避難準備情報が相次ぎました。
 
22日の23時50分に、日高町の一部の地域に避難指示が発令されました。
その後私が住む「国府地区」にも避難勧告がだされました。
どちらも、過去に洪水被害を受けたところです。
我が家もハルはガレージに避難させ、雨戸を閉めてスマホからの情報に気をつけていました。
 
0時過ぎになると停電となり、周りの家を見ると我が家だけ、確認してみるとブレーカーの
メインスイッチが落ちていました。
原因を調べると、北からの強風と雨でサッシとトタン壁のつなぎ目から台所にある電源ボックスに水が浸み出しています。
外には出られないので、取りあえずタオルなどで中から応急処置をしてなんとか対応しました。
一晩中雨風の音と防災ネットからの情報、特に緊急エリア情報の警告音に悩まされながら
朝を迎えました。
円山川は水かさは減ったものの、増水の後がくっきり残っています。
伊佐屋菜園も、七夕豆を始め葉物野菜に暴風雨被害が出ています。
9月の台風18号に対しては、支柱やロープで補強していたのに油断していたのです。
 
上郷橋から円山川               23日朝10時の水位             
20171023_094925 20171023_095231
 
強風で倒壊寸前の七夕豆と水浸しの菜園
20171023_101847_2折しも大被害をもたらした、11年前の23号と同時期となり、メモリアル行事も開催されています。
市役所は投開票事務と同時進行でさぞかし大変だったでしょうが、こまめな台風情報と早めの避難準備、避難勧告・避難指示と続き、過去の経験が大きく生かされています。
 
各戸に配備されている防災無線やインターネット・特にスマホの普及で、早く広範囲に情報が届くようになりましたが、我々市民も防災意識をしっかり持つことが求められます。
 
「のど元過ぎれば熱さを忘れる」と言いますが、熱くて苦い経験は忘れてはなりません。
「天災は忘れたころにやってくる」のです。
「油断大敵」、先人の教えを私も肝に銘じるとしましょう。
 
 
 

2017年9月20日 (水)

彼岸の入り

今年は20日から彼岸に入り、23日の中日を迎え、26日が明けとなります。

秋彼岸を感じさせるに、ヒガンバナの存在があり、この時期になると田んぼに畦や空き地に咲き始めます。
稲刈りが終わり、切り藁がまき散らされた田んぼの畦に咲く花が、秋の雨に打たれているのは風情あるものです。
我が家の近くの道路縁に毎年シロバナが一緒に咲きます。
どんな経緯で住み着いたのかわかりませんが、毎年花を咲かせます。
 
                    赤と白の競演
P9190735   P9190744
23日は秋分の日、仏教国日本では春分の日と秋分の日は、太陽が真東から昇り、真西に沈むので彼岸と此岸がもっとも通じやすい日になると考えられ、この時期に先祖供養をするようになりました。
 
我らが暮らすのが此岸(しがん)、ご先祖さまおわすのが彼岸(ひがん)で、知人・友人や社会の横関係と異なり、ご先祖や家族・子孫の縦の関係をあらためて認識する日となります。
 
伊佐屋でも彼岸になると仏壇とお墓をきれいにしてお花を供え、中日には夫婦2人でお参りに行きます。
 
今年の中日は雨模様の予報で、我が家から真西に当たる蘇武岳に沈む夕日は見られないかも知れません。
 
 

2017年9月18日 (月)

2017 台風18号 被害

鹿児島に上陸後、高知に再上陸した台風18号は、その後兵庫県明石市付近を通過、近畿を縦断し、北陸から日本海に向う様子です。

三連休の中日、大型で強い台風が九州四国から西日本を直撃するとあって、各地で厳重な警戒態勢がひかれました。
台風の北側に当たる豊岡市は、17日も夕方までほとんど雨も降らず、河川の増水もありませんでした。
ただ台風が通過する夜から深夜まで強い雨と風が心配でした。
 
一夜明けると静かなもので雲は残ったもののお天気が回復すると言うことで、順延されていた小学校運動会も時間を遅らせて開催されます。
朝7時半に散歩がてら、桜堤から様子を見てきました。
 
上郷側の増水で橋が一時通行止      上郷橋の様子
P9180723 20170918_080508
台風が通過する20時ごろから23時ごろまで強い雨が降り、各河川の水が本流に流れ込んで一気に増水した模様です。
最高水位は氾濫注意水位(黄色)のすぐ下まで来ていました。
 
上郷橋付近府市場水位観測所        堤外 沖野々地域の畑地        
20170918_080655 20170918_074700
 
堤外農地は全面冠水               茫然自失のUさん
20170918_074913 20170918_074824
堤外地で耕作されているUさんやMさんの畑も一面に冠水し泥に埋まっています。
クロマメ・アズキなどの豆類、ハクサイ・キャベツなどの葉物、サツマイモ・サトイモなど芋類が被害を受けています。
今後収穫が期待できるのはサトイモだけとお聞きしました。
もともと堤外地のため増水すると被害を受けやすい場所ですが、被害は6~7年ぶりだそうです。
農具小屋も流失し、「もうここでは作れんなぁ」と嘆いていました。
 
堤内にある伊佐屋菜園A           伊佐屋菜園B
20170918_080854 20170918_081256
一方、堤防内にある伊佐屋菜園はほぼ無傷で、ホッとする反面申し訳ないような気がします。
 
堤外地は大水による冠水や獣被害など不利な条件の中で、先人が懸命に守ってきた農地です。
皮肉なことで堆積地のため栄養豊富で、作柄もよかったそうです。
そんな農地もどんどん放棄され、今回の被害でさらに進むかも知れません。
 
 

2017年8月 6日 (日)

言うまいと・・

「You might think but today's hot fish.」、中学生の英語授業でしたか、川柳「言うまいと思えど今日の暑さかな」の英訳だと教えられました。

同じうようなものが寒さにもあって、「You might think but today's some fish.」。
 
今日の豊岡市の予想気温です。
 
なんと15時頃が「39度」となっています。
P8060376 P8060378
体温を超えて、ぬる目のお風呂の温度です。
近畿で豊岡市は最高気温を記録することが多く、岐阜県多治見市、埼玉県熊谷市、群馬県館林市と並んで全国でもトップクラスです。
 
台風5号の影響もあるのでしょう。
菜園仕事は5時半から朝食を挟んで11時前まで、昼食後はお昼寝です。
 
39度を記録するであろう空模様      こちらもバテバテ
P8060381 P8060384
明日8月7日は「立秋」で暦ではこの日から秋、でも実際の秋を感じ始めるのは9月初め頃からです。

「You might think but today's hot fish.」!!

 
 

2017年4月 1日 (土)

2017 大雪被害

5年ぶりという今年の大雪も、幸い「59豪雪」や「38豪雪」に並ぶほどにはなりませんでした。

 
3月に入ると一気に雪解けが進み、雪も高山やスキー場に残っているくらいです。
春になって気がつくのですが、被害があちこちに見られます。
我が家でもまずは果樹・庭木と建物に被害がありました。
 
コウメ                   イヌツゲ
20170401_095631_2     20170401_095532_2
 
スモモ                       ハナユズ
20170401_095642 20170401_090330
 
母屋の棟瓦(強風)                  離れの棟瓦(積雪によるズレ)
Img_4147 P3200131
近くのJAに聞くと今年は風雪による被害があちこちに出ているそうです。
温かくなってやっと家の周りを見ると思わぬ被害に気づきます。
被害の程度や加入保険の条件などで補償が異なります。
 
彼岸にお墓に向かうと燈籠の傘が落ちていたり、石塔がゆがんだり倒れていたりしてびっくりしたとの話しも聞きます。
これ以上の被害がでませぬように・・・。

2017年2月12日 (日)

雪に埋もれてきました

今朝のテレビで、鳥取市約90cm、兵庫県豊岡市約80cmと報道されていました。

北陸や東北など雪国でこの程度ではニュースになりませんが、山陰では○○年ぶりがつきます。
P2120004 P2120006
全国放送なので、また有名になりました。
どうやら32年ぶりの「59豪雪」、いや「38豪雪」に並ぶかも知れません。
気圧配置や季節風の関係で、山陰に雪雲が次々と来襲しているといいます。
鳥取にはお気の毒ですが、「一番でなくて二番でよかった」のです。
 
               二階からの雪景色
P2120076 P2120079

台所屋根から             北側の細間
P2120081 P2120082

ガレージ前               隣接する遊び場
P2120064 P2120067
昨日山の会議の帰りに豊岡市内で渋滞に捕まりました。
ガス会社に補充するタンクローリー車が圧雪でハンドルをとられたのか道を完全にふさいでいました。
時折対向車が来るので一方通行と勘違いしますが、降りて現場に行くとUターンしている
車でした。
迷惑な話ですが、すべての物流がトラックに依存しているのが分かります。
 
列車はほとんど運転取りやめとなっています。
雪は今日も降り続くそうで、一日雪かきに追われそうです。
 
 

より以前の記事一覧

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

伊佐屋三木のblog

  • 伊佐屋三木のblog
    2007年4月から2015年5月まで8年間の記録です。 「サイト内検索」にキーワードを入れて検索すると過去記事が見られます。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

お気に入り

無料ブログはココログ