但馬情報特急

九条の会

  • 九条の会
    日本が誇る憲法第九条をまもり、平和な世の中を築くため行動します

suzuran写真館とミッキーの手まり

ガーデニング・植物

2017年3月 4日 (土)

庭の草花 2017年3月上旬編

3月の声を聞くと温かくなり、里に雪が見られるのは除雪でまとめた場所だけとなりました。

「光の春」という言葉が似合う時期です。
雪の下にもしっかり春が芽吹いていました。
白梅                   紅梅
P3030017 P3030005_2
 
オーレン                  ネコヤナギ
P3030012  P3030024_2
               スイセン
P3030020 P3030019

2016年12月13日 (火)

2016 庭の手入れ終了

庭の手入れがやっと終わりました。

以前はお盆前に一斉に行っていましたが、歳を重ねると丸二日炎天下での作業ができなくなり、通年管理に変えました。
それぞれ樹木には適期があり、それに合わせただけです。
最終は松の剪定、「植木屋が庭に松を植えさせたがるのは、毎年の仕事確保のため」揶揄されるくらい時間がかかります。
 
5~6年前からリタイアして暇があるのと植木屋さんが廃業したこと、何よりも費用削減のため自前の作業となりました。
各種の剪定ばさみや電動刈り込み鋏、剪定用の脚立も揃えています。
築山となっている不安定な庭の高所作業は危険が伴い、特に膝が悪いので脚立の乗り降りに不安を感じます。
マキ、松、紅梅、ヒイラギ、モッコク、モクセイなどの高木はすべて上部3分の一をカットし、剪定しやすくしました。
Pc100012 Pc100013
Pc100015   Pc100017
見よう見まねの素人作業もそれなりに格好が付いていると言い聞かせています。
最後の手間食いの松の剪定を終え、雪対策をすれば正月が迎えられます。
 

2016年11月15日 (火)

庭の草花 2016 11月編

11月になってやっと秋らしくなりました。

雨が多く気温が高いと種を播いても「芽が出ない」とか「消えてしまう」「虫がいなくならない」「冬野菜が大きくならない」など、菜園仕事に影響してきます。
販売をせず自家消費を旨とする我が家なので、「野菜が高い」の声もあまり気になりません。
久しぶりに、雨降りあとの庭の草花を紹介します。
 
キチジョウソウ             サザンカ
Pb150010  Pb150024
 
                マンリョウ
Pb150060_2  Pb150014
 
                           センリョウ
Pb150022  Pb150020
 
スーパーベルスター(鉢)            ミセバヤ(鉢)
Pb150013 Pb150016
 
斑入りヒイラギ(花)                 ブルワリア
Pb150030    Pb150028
 
キク                         ダリア
Pb150032 Pb150039_2
 
                     コスモス
Pb150040 Pb150058
 
ハクチョウソウ(ガウラ)             ホトトギス
Pb150046_2 Pb150050
 
フジバカマ
Pb150052 Pb150054
 
スダチ                       ユズ
Pb150036 Pb150061
 
レモン                  スイセン
Pb150059  Pb150049
 
ヤエザキシュウメイギク       トレニア
Pb150043_2  Pb150046
これからは定期的に冬型の気圧配置となり、曇ったり雨になったりたまに晴れたり、北西の風が吹きみぞれが雪に変わるなど、一日に気象のすべてを経験することがあります。
12月に入るとスノータイヤに交換し、庭木や草花の冬ごもり作業に入ります。
 

2016年9月17日 (土)

庭の草花 2016 9月編 Ⅱ

秋らしくなりました。
人の感覚よりも庭の草花は着実に秋を迎えています。
草花にとってきびしい冬を前に、行く秋を彩るはかなさを感じさせます。

ムラサキツユクサ               タマスダレ

P9170164_2  P9170175

シンビジウム(鉢植)                イリオモテアサガオ
P9170178 P9170180
 
オミナエシ                      キバナコスモス
P9170193 P9170202
 
ヒャクニチソウ                    ハナトラノオ
P9170205 P9170208
 
フヨウ                          ツユクサ
P9170212  P9170213
 
フジバカマ                        
P9170220 P9170230
 
キョウカノコ                      まだ頑張っているゴーヤ
P9170221  P9170182
 
 

2016年8月 3日 (水)

庭の草花 2016 8月編

梅雨も明け夏本番になり、庭や畑の草花のいろどりも多様になってきました。

マイブログ写真はマウスON&ワンクリックで拡大します。
右上の×印をクリックすると拡大写真が閉じます。

ヒメヒオウギスイセン(キンギョソウ)      ヒオウギスイセン
P8010300 P8010302

ホトトギス                    オイランソウ
P8010306 P8010308
 
ダリア                        キキョウ
P8010313 P8020348
 
                       トレニア
P8010328 P8010330
                  ゴーヤ
P8020338   P8020339

スーパーベル                    ブルワリア
P8010334_2 P8010331_2
 
スダチ                       ハナユズ
P8020344 P8020353
 
ミニトマト                  ノウゼンカズラ
P8020340  P8020352

ヒャクニチソウ                  キバナコスモス
P8020371 P8020368

オミナエシ                      リアトリス
P8020360_2    P8020355_2

アルストロメリア                    ミゾハギ
P8020383   P8020367

カセンソウ                       イザヤヒカリ(花)
P8020379   P8020387
府市場集合墓地に隣接する伊佐屋菜園Bの一部を花畑にして、嫁さんが面倒を見て主に墓地のお供えに使っています。
 
?の花の名をご存じの方、教えてください。
また花の名が間違っているのも教えてください。
イザヤのコシヒカリも出穂期から開花期を迎えました。
 

2016年7月 4日 (月)

庭の草花 2016 7月編

7月に入ると連日梅雨らしいお天気が続きます。
30度超で湿度が高く、雨雲が次々にやってきて強い雨を降らせます。

ネジバナ                 スイトピー
P7040235  P7040242
 
イリオモテアサガオ                ゴーヤ
P7040246 P7040243
 
多肉植物?                    ギボウシ
P7040239  P7040254
 
オイランソウ                ノウゼンカズラ
P7040251  P7040250
 
ダリア
P7040253_2
雷がやってくるといち早く犬のハルがそわそわして場所替えを催促します。
昔から雷は苦手で、安全なはずの小屋から出てスモモの木の下に移動してずぶ濡れになって助けを呼びます。
玄関横のガレージのマイカーの奧に移動すると落ち着きます。
歳をとるとその傾向が強くなりのも困りもので、近所迷惑になるので夫婦揃っての遠出がしにくくなりました。

2016年6月19日 (日)

庭の草花 2016 6月編 Ⅱ

近畿北部に位置する関係で梅雨も始まりが遅れ、前線が南にあるときはさほど降りません。
後半になると土砂降りもあるものの長続きせず、梅雨明けを迎えます。
冬時期風雪が多いマイナスを少しだけ取り戻した気分になります。

オトギリソウ               キキョウ
P6190194  P6190198

ダリア                        ハンゲショウ
P6190202  P6190209
 
                         アジサイ
P6190205 P6190218
P6190220 P6190221

ゴテチャ                      ミニトマト
P6190210 P6190215

斑入りギボウシ(蕾)           ナンテン
P6190224_2   P6190216

アガパンサス                  ウゴユリ(鉢植)                   
P6190235 P6190225

クロマメ(育苗)                  レモン
P6190227 P6190233

ユズ                        ポポー
P6190241 P6190244

スモモ                       スダチ
P6200002_2 P6200001

ガーベラ                  ベンケイソウ
P6190248_2  P6190258_2

キョウカノコ                    ヒペリカム
P6190254 P6190260
毎年この時期に楽しませてくれる、クチナシとハマユウの白い花が咲きませんでした。
生育環境だけでなく虫や病気などいろいろな条件があるのでしょう。
梅雨時期に多い九州や四国・中国地方など南部の豪雨災害には心が痛みますね。
 
 

2016年6月 8日 (水)

庭の草花 2016 6月編 Ⅰ

6月梅雨入りも宣言されました。

日本には四季のほかに1ヶ月半「梅雨」という季節があるとも言われます。


キョウカノコ                      アルストロメリア
20160606_104927 20160606_104941

ベンケイソウ                     ホタルブクロ
20160606_105007 20160606_132054

ガウラ(ハクチョウソウ)              アスチルベ
20160607_093343 20160607_093432

チョウセンアサガオ                 ゼラニウム
P6050007 P6050009

サボテンの一種(鉢植)           ツユクサ
20160607_094729
    20160608_074817_2
光と熱そして水分は木々や草花、野菜の生育にとって大切な要素です。
 
 

2016年5月19日 (木)

庭の草花 2016 5月編

初夏の清々しい候となりました。
「さわやか」は秋に使い、初夏は「清々しい」と言うそうです。

クリンソウ(鉢)          シラン(白)

P5070175  P5070180

カラー                   ハナショウブ
P5200317 P5200325

             シャクヤク
P5200312   P5200316

スモモ(実)             スダチ
P5200329   P5200326
ミニバラ                   ビオラ
P5200335  P5200338
フタリシズカ             ユキノシタ
P5200342   P5200345

オキザリス                 オウレン
P5200354 P5200339

マーガレット                 ?
P5070187 P5070185

2016年4月29日 (金)

庭の草花 2016 4月下旬編 Ⅲ

庭の草花の紹介第三弾です。
例年に較べ咲くのが、1週間程度早いのが感じられます。

オダマキ                 クンシラン(鉢植)
P4270048_2  P4270001

ボタン                      オオデマリ

P4270005 P4270040

コデマリ                      ヤエザキキンポウゲ
P4270014  P4270018

チョウジソウ                   ワスレナグサ
P4270020 P4270023

ナルコユリ                    ホウチャクソウ
P4270022  P4270038

カブの花                   ギンギアナム(鉢植) 
P4270036  P4290171_2

スズラン                ジャーマンアイリス
P4270042  P4270057_2

              タツナミソウ
P4270053  P4270050

ガーベラ               シラー・カンパニュラータ
P4270176  P4270181

クレマチス                                         ハナズオウ
P4290164 P4290168
 
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

伊佐屋三木のblog

  • 伊佐屋三木のblog
    2007年4月から2015年5月まで8年間の記録です。 「サイト内検索」にキーワードを入れて検索すると過去記事が見られます。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

無料ブログはココログ