但馬情報特急

九条の会

  • 九条の会
    日本が誇る憲法第九条をまもり、平和な世の中を築くため行動します

suzuran写真館とミッキーの手まり

ガーデニング・植物

2018年6月30日 (土)

庭の草花 2018 夏越し編

6月30日は一年の折り返し点、「ハーフタイムデー」とも呼ばれているそうです。

伝統的には一年の半分が終わることから、女代神社でも「夏越の祓(なごしのはらえ)」で茅の輪くぐりが行なわれているでしょう。
この半年の間に身内に積もった罪や穢れを落とし、後の半年の息災を願います。
 
ところで、ギボウシやストケシアなど盛りの花にアリや虫が寄っています。
蜜を出して虫を寄せ、子孫を増やすのに利用しているのですね。
 
カタバミ                          ネジバナ
P6300180    .P6300183
 
                   斑入りギボウシ
P6300188 P6300191
 
                    アジサイ
P6300207 P6300198_2
 
ハンゲショウ                    ノウゼンカズラ
P6300200 P6300203
 
ダリア                        キキョウ
P6300209 P6300213
 
                  アガパンサスとカエル
P6300221 P6300216
 
グラジオラス                ストケシア
P6300217   P6300222
 
アルストロメリア                  ヒメヒオウギズイセン           
P6300228 P6300240
 
ベンケイソウ                    オミナエシ
P6300234 P6300243

クチナシ                       バテバテのハル
P7030250 P7020252
今年は梅雨明けが早そうで、いよいよ夏ですね。
 
 
 

2018年6月 1日 (金)

庭の草花 2018 6月編

兵庫北部の梅雨入りは、九州四国や南部と較べて遅れます。

入梅後も前線が南に偏りがちなのでさほど大雨にはならず、冬の雪や雨で苦労している但馬にとって少し報いられたような気がします。
6月始めの我が家の花々を紹介します。
 
      キツリフネ                  アサガオ
P6010215 P6010221
 
      スイトピー                アスチルベ
P6010217   P6010227
 
       ヒトリシズカ                サツキ
P6010234 P6010235
 
       カラー                   ミニトマト
P6010232 P6010224
 
       ベンケイソウ               ホワイトレースフラワー
P6010240 P6010247
 
                     キョウカノコ
P6010245 P6010242
 
       ヒペリカム                 ムギセンノウ
P6010257 P6010254
 
                      ニゲラ 
P6010250 P6010252
 
 

2018年5月16日 (水)

庭の草花 2018 初夏編

GWからさらに進んで初夏。

いろいろな花も加わりました。
色違いも個性があっておもしろいですね。
 
                   シラン
P5150001 P5150029
 
クンシラン                     アガパンサス
P5150005 P5150025
 
                       バラ
P5150009 P5150006_2
 
                   アッツザクラ 
P5150010 P5150013
 
               ツユクサ          
P5150052   P5150027
 
                  シャクヤク
P5150031 P5150016
 
オーレン(花後)                  ミョウガ
P5150014 P5150036
 
スモモ                       コウメ
P5150033 P5150035
 
ユズ                        アサクラサンショ
P5150056 P5150063
 
ヤエザキキンポウゲ                ガーベラ
P5150038   P5150055
 
マーガレット                    シュンギク 
P5150045 P5160003
 
ムギセンノウ               トレニア
P5150047   P5160002_2
 
ヒトリシズカ                     ハル
P5160006 20180516_085039_2
例の珍客コゲラですが、住宅が完成したようで、たまに訪れてくれます。
留守の方が多くて本宅ではないものの、家人がうろつくので落ち着かないのでしょう。
 
 

2018年5月 2日 (水)

庭の珍客

我が家の庭に珍客が現れました。
今年とうとう古いモッコクの木が枯れてしまいましたが、コゲラがやってきて突く音が聞こえています。
突いては木くずを外に放り出し、穴を広げています。
 
                   コゲラの夫婦
Img_4287 Img_4276_2
 
                  作業中
Img_4294   Img_4301
 
巣穴が完成                    お試し入居
Img_0010 Img_0005
枯れていることもあって、コゲラにとっては3日~4日あればこのとおりです。
ヒヨドリやジョウビタキ・ツグミなどお客はありますが、キツツキの仲間のコゲラの来訪・入居は珍しいものでそっとしておくことにします。
 
 

2018年5月 1日 (火)

ハチ北の春

神鍋高原よりも少し遅い春を求めて、雪が溶けたハチ北高原を訪れました。

ハシリドコロ                    ミヤマカタバミ
P4280314 P4280323
 
タチツボスミレ                  エンレイソウ
P4280326 P4280330
 
昇竜の滝                      キケマン
P4280333 P4280343
 
ヤマネコノメソウ                  クロモジ
P4280338 P4280348

ミツバツチグリ                  ニリンソウ
P4280352 P4280384
 
ヤマエンゴサク                   ゴマギ
P4280367 P4280373
 
大池自然観察歩道                ユキザサ
P4280391 P4280369
 
ヤマドリゼンマイ                 ショウジョウバカマ
P4280375 P4280392
 
ヤマザクラ                     ヤマルリソウ
P4280379 P4280404_2
 
                 ミズバショウ(非自生地)
P4280396 P4280397
近くに民営のミズバショウ群生地 もあります。
自生のミズバショウの南西限は大屋町加保のミズバショウ公園で、今が盛りのようです。
 
 

2018年4月30日 (月)

庭の草花 2018 GW編

次々と咲き出しました。

                  クレマチス
P5010082 P4290015_2
 
ボタン                       ジャーマンアイリス
P5020408_3 P5020414
 
シライトソウ                エビネ
P4290002_2   P4290004
 
オオデマリ                    コデマリ
P4290010 P4290011
 
                 タツナミソウ 
P4290024   P4290029
 
サクラソウ                     スズラン
P4290018_2 P4290039
 
ホウチャクソウ                  チョウジソウ
 
P4290051 P4290053
 
アッツザクラ                   スーパーベルスター
P4290077 P4290079
 
アガパンサス                   シラーカンパニュラータ
P5020422P5020425
 
リーフレタス(食用)               ハル(愛玩用)
P5010080 P4290062
 
 

2018年4月21日 (土)

庭の草花 2018 4月下旬編

春本番から初夏へ、いろいろと咲き始めました。

ボタン                        モッコウバラ
P4200003_2 P4200004
 
ドウダンツツジ                  イワヤツデ
P4200049 P4200025
 
                    ツツジ
P4200009 P4200007
 
サクラソウ                ヤエザキイチリンソウ
P4210066   P4210064
 
エビネ                    シライトソウ
P4200015    P4210067
 
スノーフレーク                 チューリップ
P4200028  P4200026
 
ナルコユリ                     ジュウニヒトエ
P4200032  P4200036
 
ハナニラ                      ブルーベリー   
P4200040  P4200041_2
 
オオデマリ                    チョウジソウ(蕾)
P4200056 P4210070
 
ワスレナグサ                    チャルメルソウ 
P4210058  P4210062
 
スズラン                     ハルアクビ
P4210072 P4200048_2
 
 
 
 
 

2018年4月 2日 (月)

庭の草花 2018 4月上旬編

23日から10日以上も晴れが続き、府市場桜も満開から散り始め、冬を越した草花が咲き出しました。

シンビジウム                    デンドロリウム
P4020012 P4020061
 
                     シクラメン
P4020129  P4020131
 
クリスマスローズ                  ムスカリ 
P4020126  P4020005
 
ハナニラ                       ヒトリシズカ
P4020003 P4020008
 
イワヤツデ                     レンギョウ
P4020009 P4020084
 
                      スモモ 
P4020103 P4020095
 
スノーフレーク                  トレニア
P4020109  P4020001
 
                    スイセン各種
P4020091 P4020116
P4020108 P4020148
P4020141_2 P4020144
 
カネノナルキ                   日向ぼっこのハル 
P3290232 P3290212
 
 
 

2018年2月26日 (月)

庭の草花 2018 早春編

辺りの山には雪が見られるものの、麓はすっかり溶け春の訪れを感じさせます。

カネノナルキ                    シクラメン
P2250104 P2250109
 
シンビジウム                    鳥に実を食べられたマンリョウ
P2250113 P2250140
 
オウレン                      サザンカ
P2250121 P2250115

ネコヤナギ                    スイセン  
         
P2250124     P2250127
 
ハクバイ                      コウバイ
P2250129 P2250138
 
ロウバイ                       キンカン
P2250135 P2250143
 
オオイヌノフグリ                  ヒメオドリコソウ
P2250145 P2250150
今日から数日暖かい日が続くようです。
もうすぐ3月、待ちかねた春が到来します。
お彼岸を過ぎると、山歩きと山野草を愛でる活動も始まります。
 
菜園作業も忙しくなり、イチゴ・タマネギ・ラッキョウ・エンドウ・キャベツを中耕除草して、追肥を与えます。
伸び始めたエンドウには支柱を立て、保温と防草、実の汚れ防止も兼ねて黒マルチをかけてやります。
草花だけでなく畑作物も、気温の上昇と日の光に加え、栄養も受けて一気に成長する時期です。
 

2018年1月18日 (木)

庭の草花 2018 新春編

年初の厳冬期に咲く、一番花はこの花達です。
 
ロウバイ                       サザンカ
P1190016 P1190024
蝋梅と書き、形が似ているところから名は梅と付きますが別の種類だそうです。
葉は花が咲く前に落ちてしまい、梅に似たよい香りがして、花のあとにおもしろい形の実がつきます。
冬枯れの時期かつ霜や雪にも負けずに一番早く花をつけるので大切にしている庭木です。
寒さに震えながら花を咲かせる姿は、雪国の私たちを励ましてくれます。
 
                     マンリョウ
P1190032 P1190027
 
                     センリョウ
P1190036 P1190030
 
ナンテン                        スイセン
P1190041   P1190040
 
13歳になったハル
20171222_133625_2
足元にはネコヤナギ・水仙を始め地植えの花々が芽を出したり蕾をつけてきました。
人も草花も春を待ちかねているのが分かります。
 
 

より以前の記事一覧

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

伊佐屋三木のblog

  • 伊佐屋三木のblog
    2007年4月から2015年5月まで8年間の記録です。 「サイト内検索」にキーワードを入れて検索すると過去記事が見られます。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

お気に入り

無料ブログはココログ