スポーツ・レクリエーション

2019年9月20日 (金)

2019 ラグビーワールドカップ日本開催

今日からラグビーワールドカップか開会します。
アジアで初の日本開催で、A~Dに分かれた20チームが国内12都市12会場で予選ラウンドを闘います。
それぞれのプール5チームから2チームが次の決勝ラウンドに進み、世界一を競います。
近くでは神戸市御崎公園球技場で4試合が組まれているのですが、コップ片手に観戦した若い頃とは違い、テレビ観戦を決め込んでいます。

2015年ワールドカップに関するマイブログ記事 →「楕円球の魅力 ラグビーフットボール

ラグビーはほかのスポーツと違って、国籍がなくても3年以上継続して住むなどで、その国の代表になることができるのです。
もともと国対抗というより、クラブチーム主体で闘ってきたことと、発祥の地イギリスから植民地を中心に普及してきた経緯によるもので、英国以外の国でも代表になれることを考えたともいわれます。

日本代表31人の中で外国出身者が11人なのも、①日本で生まれた②両親、祖父母の6人のうち誰かが日本で生まれた③日本に継続して3年以上住んでいる要件が満たされればよいからです。
サッカーなどと較べて違和感を感じる人もあるでしょうが、これがラグビーらしいところでもあります。
ジョセフ監督曰く「全員日本人ではないが、誰もが日本のために闘う」。

先週最終回となった、テレビドラマ「ノーサイド・ゲーム」の話題性もあって、池井戸潤氏原作「ノーサイド・ゲーム」は豊岡市立図書館で24人待ち、やっと順番が来た17日に借りるとまだ15人待ちでした。
2日で読み切ってすぐに返却したものの、ワールドカップ開催も相まって大人気です。

原作にあったように、現在のトップリーグも国内大企業による財政的支えで成り立っていて、スポーツとして自立しているとは言えません。
協会財政基盤の弱さ、集客力の弱さ、サッカーと較べてファンの偏り(高齢化)など多くの問題を抱えています。
’21年にはプロ化も予定されているそうですが、開催を機に国内ラグビーも更に新しいステージに育っていくことを願います。





 

 

2018年5月27日 (日)

阪神ー巨人戦 サヨナラ試合

26日(土)に府市場区の2隣保恒例の旅行で、甲子園球場の阪神VS巨人戦を観戦してきました。

金曜日は1-0で阪神の勝ち、勢いに乗って土・日と3連勝して交流戦に弾みをつけたいところです。
メンバー9人のうち巨人ファンが2人、阪神ファンが6人、残る私が中立の立場です。
切符確保の都合上、立場を越えて3塁側アイビーシート(4,800円)で観戦しました。
 
                 満員の阪神甲子園球場
P5260113 P5260114
P5260123_4
試合は巨人が2点を重ねて先行したものの、阪神が4点を重ねて逆転し、8回には巨人が2ランホームランで追いつくおもしろい展開です。
 
                 ラッキーセブン ジェット風船
Ready!                       Go!
P5260133 P5260137
最終回裏の阪神が2アウトながらランナー1・2塁と攻めたて、中谷のサヨナラヒットで勝利するという虎ファンには堪えられない結果となりました。
 
巨人ファンの応援席                阪神のサヨナラ勝ち
P5260125 P5260152_2
試合よりもおもしろかったのは球場の雰囲気です。
巨人ファンがオレンジ色のグッズを身につけて、おおっぴらに応援できる席はなんとレフト側外野席4列だけ、ほかはすべて虎カラー一色に染まっています。
誰が決めたわけでもないのに、自然と棲み分けができているのでしょう。
残る巨人ファンは隠れキリシタンならぬ「隠れ巨人ファン」として、おとなしく応援しているようです。
 
どちらが勝っても気にならないどころか、できればどちらも負けて欲しい私にとっては試合よりも、球場の雰囲気や応援風景がおもしろく感じられました。
「心を一つに」は大切ですが、何ごとにおいても多様性が重視される社会で、ワンパターンで独善的な感じさえする虎キチ達を覚めた目で見てしまいました。
 
小学生の頃から野球好きで、中学時代は野球部でセカンド2番バッターで活躍?した私ですが、社会人になってラグビーを見る機会が増え、楕円球の魅力にとりつかれています。
 
 

2017年3月23日 (木)

2017 スキーシーズン終了

正月は雪には恵まれませんでしたが、1月中旬から2月中旬にかけて5年ぶりの大雪となりました。

伊佐屋の住む豊岡市日高町には神鍋高原があり、スキー場が3箇所営業しています。
さしもの雪も気温の上昇と雨で溶け始めて、アップ神鍋スキー場に続き万場スキー場も営業を終了しました。
一番高所にある奧神鍋スキー場のみもう暫く営業します。
 
我が家から神鍋高原を望む         営業を続ける奧神鍋スキー場        
20170322_084802 P3220047_2
 
          営業終了の万場スキー場とアップ神鍋スキー場
P3220052_2 P3220057
折しも北近畿豊岡自動車道が3月25日(土)に日高神鍋高原インターまで延伸します。
我が家から日高神鍋高原ICまで車で約5分、遠出するにはさらに便利になります。
こちらは道路公団による高速道路ではなく、税金による建設で費用の回収が要らないので基本無料で利用できます。
 
ついに我が町日高町に自動車道が開通して、スキーシーズンだけでなく、四季を通じた神鍋高原の利用促進が期待されます。
 
 
 

2015年11月 1日 (日)

楕円球の魅力 ラグビーフットボール

ラグビーのワールドカップイングランド大会は、ニュージーランドがオーストラリアを34―17で破り、2大会連続3度目の優勝を果たしました。
ニュージーランドの2連覇は史上初で、3度の優勝も単独最多となりました。
「ラグビー」は正式には、ラグビーフットボールと呼び、フットボールの原型から分かれ進化したもので、サッカー(フットボール)、アメリカンフットボールも仲間です。
手を一切使わない原型を守ったサッカーから、前にさえ投げなければ手を使えるラグビーも、何でもあり?のアメフトも、由緒である「フットボール」を名に冠しています。

私は大阪在住の頃からのラグビーファンで、冬の花園には足繁く通いました。
当時社会人は新日鉄釜石、関西では近鉄と神戸製鋼が強く、学生では明治と早稲田、同志社が覇を競っていました。
魅力の一つは楕円の形にあり、地面に落ちるとどの方向に転ぶかわからないことです。
その不確かさ故に数々のドラマが生まれました。
もう一つはフォワード、ハーフ、バックスと役割が決まっていて、体の大きさや頑強さ、俊敏さや足の速さと作戦能力など、体格・体力・知力を始めいろいろな個性や能力が混じり合ってインテグレートされたプレーができることです。

ワールドカップで日本チームは予選リーグで3勝1敗、優勝候補の南アフリカに競り勝つなど、大健闘しました。
感動的だったのはタックルしてすぐに起き上がってまたタックルにいく、これが最後まで続いたことでした。
二人がかりのしつこいタックルに南アは根負けしたのでしょう。

野球やサッカーに較べチーム数や競技人口少ないスポーツですが、これを機に競技を始めたり、ファンが増えることを期待しています。
東京五輪の前年、2019年の第9回大会は日本開催で国内12都市で競技が行われます。
近くは神戸御崎公園球技場と東大阪花園ラグビー場ですが、40年来のファンとして観戦するつもりです。

<伊佐屋三木のblog 過去記事>
 
「ラグビーがお酒の次に好きです」 ← クリックでどうぞ。
因みにこの年のワールドカップの優勝は南アフリカチームでした。
 
 

  
 

2015年8月 5日 (水)

ピースナイター

明日8月6日は70年前、広島に原爆が投下された日です。
一発の原子爆弾爆により焦土と化した広島では、一日で何万という罪なき市民の命が絶たれ、その年のうちに14万人が亡くなりました。
当日は広島市主催の平和記念式典や原水爆禁止日本評議会などの平和団体による諸行事も行われます。

被爆70年を迎えプロ野球界でも地元球団広島カープが「ピースナイター 」として、監督・コーチ・全選手が「86」のユニフォームを着用し試合を行います。

<広島カープ公式ホームページ ニュース >からの引用です。

今年広島は未曽有の惨事から70年を迎えます。
原爆で壊滅した街の復興を旗印に産声を上げたカープ球団。
地域の力添えによりさまざまな困難を乗り越え、被爆地の復興とともに歩んできました。
球団の歴史は広島の復興の歴史でもあります。 試合開催にあたり、慰霊の意を表すとともに「8月6日」に対する多くの方々の想いや記憶の歴史を継承し、次世代に引き継ぐきっかけになる事を願っております。
 

広島では5年前衝撃的な調査結果が出ました。
広島市の小中学校に、広島への原爆投下日時をたずねたところ、正解率は小学校で33%、中学校で55.7%までに低下していると言う事実です。
被爆の惨状を継承するうえで最も基本的な知識が被爆地、広島市の小中学生ですら欠如しており全国となるとどのような結果となるのでしょうか。
被爆70年の8月6日に広島で開催される試合で、私たちが継承して行かなければならない70年前の記憶、8月6日という特別な日を、グランドに立つ選手の背番号「86」を通じて全国に伝えたいと思います。
また、ユニフォームの片袖には今年度までに慰霊碑に奉納された原爆死没者数を刻印しております。
犠牲者の冥福をお祈りいたします。

                       

過去に米国でも放映された話題のドキュメンタリー映画「ヒロシマナガサキ」の冒頭シーン、東京の繁華街で日本の若者たちに「1945年8月6日に何が起こったか?」との問いかけに、「わからない」「知らない」「歴史は苦手だから」と答える場面がありました。

そして皆が同じ背番号でプレーするので有名なのは大リーグ「ジャッキーロビンソンズデー」です。
こちらは最初は希望者だけがつけていた「42」が全球団に広がり、使用したユニフォームはオークションにかけて基金に充当されます。
今後も8月6日にゲームがあるとは限りませんが、この催しは全球団に広がって欲しいものです。
「不幸で悲惨な歴史を忘れないで未来に生かす」ために・・・・。
 

 

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

お気に入り

伊佐屋三木のblog

  • 伊佐屋三木のblog
    2007年4月から2015年5月まで8年間の記録です。 「サイト内検索」にキーワードを入れて検索すると過去記事が見られます。

九条の会

  • 九条の会
    日本が誇る憲法第九条をまもり、平和な世の中を築くため行動します