但馬情報特急

九条の会

  • 九条の会
    日本が誇る憲法第九条をまもり、平和な世の中を築くため行動します

suzuran写真館とミッキーの手まり

文化・歴史

2018年12月 2日 (日)

映画「斬、」豊劇上映会

Img_20181203_0001_4


塚本晋也監督の、新作「斬、」(ざん)が放映されるにあたり、舞台挨拶とトークイベントが行なわれました。
 
レトロな雰囲気を残す豊岡劇場         トークショー
20181203_115314_2 20181203_113542
同じく塚本監督の作品で2015年に上映された「野火」でも、豊岡劇場に来館され、これが3回目といいます。
「野火」は大岡昇平の原作を映画化したもので、その時の舞台挨拶でも「野火の映画化を考えたのが20年前、時代が戦争に向かっている今、作らなければと考えた」と仰っていました。
 
「斬、」は「幕末の江戸近郊の農村を舞台に、太平の世が揺れ始めたことで、一人の浪人と周りの人々が巻き込まれる騒動を描き、生と死の問題に迫る作品。として興味深いものでした。
 
塚本晋也監督のサイン
Img_20181203_0002主演は池松壮亮、蒼井優で、塚本監督も池松演じる都築杢之進を追い詰める剣の達人役で出演されています。
聞けば「北辰一刀流玄武館」道場で基本所作を身につけられたとか、俳優としてのこだわりがうかがえました。
最後のシーンで池松演じる都築と塚本演じる澤村の斬り合いシーンは、「椿三十郎」のラストシーンと重なるほどの迫力でした。
 
疲弊する農村、混乱を極める幕政、身分制度の崩壊もからんで混迷する時期に、刀に凝縮された狂気が武力と結び、やがてテロ、斬り合い、戦争への繋がりが連想されます。
私には現代社会へのメッセージと感じられました。
 
最後にサインをいただくとき、「新憲法と一緒に生まれた団塊世代です。今の時代は戦争の現実味を感じさせます」というと、「その通りで、困ったことです」と返されました。
 
映画「斬、」は の上映は20日まで。 豊岡劇場で。
 
 
 

2018年11月26日 (月)

出石㐂らく文庫 営業中

久しぶりに出石㐂らく文庫を訪れました。
開店したのが昨年5月、手がけたのは50年前の高校生、団塊世代の出石高校OBです。
土曜だけの開店なので都合が合わないことが多く、久しぶりの訪問です。
3連休の中日で晴れ、城下町出石には車や人が溢れています。
 
観光センター前                   大手口付近
Pb240053 Pb240054
そんな人通りも一本外れれば静かなもので、落ち着いた町並みが続き、㐂らく文庫が面している通りは東西に走る本町通りです。
 
                     出石㐂らく文庫
Pb240060    Pb240070
 
Pb240084     Pb240083
 
                   㐂らく文庫店内
Pb240080 Pb240081
 
一杯50円のコーヒー               手作りケーキの試食販売
Pb240076  Pb240075
お客は私を含めて2名、本はどんどん増えている感じで、並べきれないようです。 
雑然と並べるのではなく、ジャンル別にまとめたり、入れ替えたり工夫されています。
土曜のみの開店で、同級生が交代で店番を務めているとお聞きしました。
 
近くの出石資料館に立ち寄る途中のそば屋さんで、但馬では珍しい風景に会いました。
並んでいる人に聞くと、ミシュランガイド2016兵庫版に載ったり、「食べログ」で高位にランクされているからだそうです。
「行列ができているから、人気があり味に間違いない」という心理でしょう。
味音痴の私から見れば、何処も同じようなものです。
 
そば店の前の行列(午後2時)          (午後3時)
Pb240085   Pb240127
出石そばと出石城だけでなく、町内には寺社や酒蔵、資料館、伝統的建築物が並び、ぶらり歩きの観光客も見られます。
歩き疲れて休もうにも休憩所が少なくて困るときがあります。
そんな方々の「お休みどころ」として、「㐂らく文庫」を利用してもらいたいと思いました。
 
㐂らく文庫の場所は 出石町本町95  ← クリックでどうぞ。
 
 
 

2018年9月22日 (土)

名草神社修復説明会

但馬妙見山(1,139m)の800mに鎮座し、「妙見さん」「妙見社」で知られる国の重要文化財・名草神社の拝殿と本殿の修復工事が始まって4年目となります。

ポスター                 バスの受付は満員
Img_20180925_0001  P9220165_2
2013年に但馬山友会の妙見山登山でお参りし、接待を受けたとき、破損状況を目の当たりにしました。 
 
大雪や強風で破損した本殿          石垣が破損し傾いた拝殿
Pa060053 Pa060042
 
見学会受付                     素屋根をかぶった拝殿、奥が本殿
P9220171 P9220183
2014年から修理が実施され、先に取りかかった拝殿は曳屋(ひきや)して石垣や土台を修復し、耐震工事もなされ、屋根を柿(こけら)で葺き替える工事が11月完成予定です。
拝殿が姿を見せるのはもうすぐのようです。
 
一方本殿は揚屋(あげや)を行ない、解体工事が進行中です。
重要文化財クラスとなると、以前のものに再現するのが基本で、まず調査がなされ、傷んだり腐ったりしたものも、必要箇所の交換にとどめてそのまま使用します。
調査の過程で、本殿の屋根が当初は銅瓦葺きだったのが、コケラに葺き替えられたこと、拝殿を1.8m南にずらして建て直していることが、以前の基礎が残っていたことでわかったそうです。
 
解体工事中の本殿               こけら葺き中の拝殿屋根
P9220189 P9220217
解体中の本殿とこけら葺き屋根工事が進んでいる拝殿の両方を、足場から目の当たりできるのは、今回しかないとの触れ込みで、午前午後の2回で約130人が見学しました。
 
修理でなされた弁柄              仕上げは当初の丹塗り          
P9220197 P9220218_2
細かい写真のNET掲載は控えて欲しいということで、遠慮しています。
 
解体中の本殿や屋根のこけら葺き作業の拝殿、柿(コケラ)の製作実演など1時間30分
の充実した見学でした。
 
柿(こけら)の製作            こけらに願いを込める参加者
P9220237   P9220252
かっての神社は2013年の写真のように、くすんだ灰色の姿が心に焼き付いています。
柱や梁などに朱を中心に青や黄色、墨色などの彩色終わると、甦った当時の姿に「違和感」を覚えるかも知れません。
そのイメージの違いを心しておきましょう。
 
本殿は宝暦4年(1754年)、拝殿は元禄2年(1689年)建造されていて、数度の小修理や大修理がなされて264年後の今日まで引き継がれています。
過去・現在そして未来へと繋ぐ匠達の技と住民と地域の強い信仰の心が感じられました。
 
 
 

2018年9月15日 (土)

笑って学ぶ江戸時代 3 酒文化を学ぶ

但馬歴史博物館の「みゅーじあむ寄席」も3弾目。

『江戸時代の「酒文化」を学ぶ』がテーマです。
 
ポスター                 企画展:日本酒ラベルが232枚
Img_20180916_0001   20180915_132409
演目は尼乃家河鹿さんが、「酒のかす」と「ちりとてちん」、なべやまろにぃちゃんが、「親子酒」を、春歌亭丹馬さんが、「八五郎出世」とそれぞれの個性と特長を生かし、酒を話題にしたものでした。
 
なべやまろにぃちゃん               春歌亭丹馬さん             
20180915_140303071 20180915_141611051
河鹿さんのお酒好きは有名?ですが、丹馬さんは下戸とお聞きしました。
丹馬さん曰く、酒を飲む所作や酔っ払いを演じるには、酒が飲める必要は無く、観察眼が一番大切だそうです。
それにしても江戸期の世話物や人情噺での丹馬さんの「飲みっぷり、酔いっぷり」は見事なものです。
 
江戸期の携帯型酒燗器の解説
20180915_145621321酒文化が庶民にも広まったのが江戸時代で、落語にも町人の暮らしぶりや酒にまつわる愛憎劇も多数登場します。
 
かくいう私は根っからの酒好きで、まったく飲めない嫁さんの「観察眼」をものともせずに、斎藤隆介童話集の「毎日正月」のような日々を送っています。
 
 
 
 

2018年3月 2日 (金)

2018 若狭神宮寺 お水送り

1日から奈良東大寺二月堂で「修二会」が始まり、一斉に新聞報道されました。

14日まで続き、12日に行われる「お水取り」が有名です。
今年で1267回を数える希有な伝統行事なのと、これが終わると春が到来することからも親しまれています。
昨年の東大寺二月堂の「修二会」に参拝したので、関連行事である若狭神宮寺の「お水送り」に参加してきました。
 
神宮寺参拝口                    本堂と境内広場
P3020012 P3020015
神事は11時から下根来八幡宮で営まれる「山八神事」から始まりますが、18時からの「修二会」に合わせて参拝者が続々本堂前の広場に集まります。
 
護摩横の中松明                 山伏姿の行者や白装束の僧侶が上堂
P3020017 P3020034
 
修二会の始まり                  達陀の(だったん)の行
P3020039 P3020077
P3020079 P3020082
 
御香水を手に下堂                護摩焚き・祈祷
P3020084 P3020045
大護摩に火が移され護摩焚きと祈祷へと続きます。
最後に大松明、中松明へ点火して、次に3千人といわれる手松明を持った参拝者に移されます。
約2km離れた鵜の瀬まで「御香水」を護りながら松明の列が、延々と続く様子はまさに幻想的です。
 
大松明へ                      手松明へ
P3020051 P3020056
 
延々と続くたいまつ行列             遠敷川 鵜の瀬
P3020106   P3020108_2
1日の爆弾低気圧による強風下なら縮小か中止となったでしょうが、2日は午後から晴れで、満天の星空にひときわ輝くオリオンと満月が厳かな神事を見守っているようでした。
 
中松明が入瀬                  鳥居越しに満月
P3020109_2 P3020114
大松明、中松明に続き、手松明を持った参拝者の行列が遠敷川(おにゅうがわ)鵜の瀬に到着すると、護摩壇に移され祈祷が始まります。
 
参拝者で大混雑                 鵜の瀬の淵
P3020120_2 P3020128_2
 
                    護摩焚き・祈祷
P3020123 P3020126_2
21時前に護摩・祈祷が終わると対岸に移動し、ホラ貝の音と読経が響く中で、住職が剣で邪気を祓い、送水文を読み上げ、御香水を遠敷川に注ぎ入れます。
 
対岸へ移動                   水送り(御香水を遠敷川へ)
P3020134_2 P3020141_2
P3020140_7
御香水は10日後の12日、奈良東大寺の若狭井で汲み上げられます。
有名な「お水取り」と較べて、名は知っていても意外と知られていない行事ですが、近年ツアー参加者も多く、平日にもかかわらず数千人を超えているようです。
聞けば今日は神宮寺、明日は東大寺と神事を掛け持ちしたツアーもあるようです。
 
「若狭と奈良との縁は?」「遠敷川が流れるのは日本海小浜湾、なんで大和の奈良へ?」
お疑いはごもっともです。
 
「当地の伝承では、ある年、奈良市の東大寺二月堂の修二会で神名帳を読んで全国の神を招いたが、遠敷明神は漁で忙しかったため遅刻してしまった。そのお詫びとして、遠敷明神は二月堂の本尊である十一面観音にお供えの閼伽水を送ると約束したという。
白石から下った所にある鵜ノ瀬と呼ばれる淵は、二月堂の若狭井に通じているとされている」(森林の水PR館 小浜市神宮寺)
千早振る神代の昔、神力・法力は常人の想像を超えているのです。
 
友人2人を誘って片道2時間半で竜前臨時駐車に到着し、先に若狭一宮である若狭彦神社と若狭姫神社にもお参りしました。
平日なのでお参りの大半がリタイヤ組と見受けられました。
歳を重ねると神仏に手を合わせるようになるのは同じです。
 
 

2018年2月24日 (土)

笑って学ぶ江戸時代 Ⅲ

豊岡歴史博物館「ミュージアム寄席」も今回が3回目、お題は「食」で最終となります。

例によって「たんたん落語会」の師匠お二人と、可愛いゲストが登場します。
 
「饅頭こわい」
P2240078
まずは、なべやまろにぃちゃんの「饅頭こわい」です。
中学1年生。「第12回子ども落語大会」で、笑福亭伯枝賞を受賞し、天満天神繁昌亭の高座に上がる。「第1回キッズ落語北海道大会in砂川」で、審査委員長賞を受賞したとホームページに紹介されています。
おなじみの演目ですが、「怖いもの」と偽り、一番「好きな」饅頭をせしめ、怖い怖いといいながら食べ、騙されたと気づいた仲間に、「今度は熱いお茶がこわい」のオチがあります。
場慣れしていて、仲間とのだまし合いを上手に演じました

「延陽伯(えんようはく)」
P2240084続いて、迷探亭小ん南さんが登場。
これもおなじみの上方ネタで、東京で「たらちね」。
大家の紹介でもらった嫁さんと八五郎のやりとりです。
この嫁というのは、都のお公家さんへ奉公していたらしく言葉遣いが尋常でないのです。
 
名前を聞くと「わらわ、元、京都の産にして、姓は安藤、名は圭三、字を五光と申せしが、我が母、三十三歳の折、ある夜、丹頂を夢見、わらわを腹めしが故に、たらちねの胎内を出でし頃は、鶴女、鶴女と申せしが、それは幼名、成長の後、これを改め、延陽伯と申すなり。
朝になって「あ~ら我が君」から始まって、お米の場所やネギ売りとのやりとりがあったりして、この話のオチは、「ようも、そう朝早うから、難しいこと言えますなあ」と八五郎が言うと、嫁の答えが「朝飯前なりや」でした。
小ん南さんは表情豊かで、ますます芸に磨きがかかってきました。 
 
                       「かぜうどん」
P2240091_2 P2240095_2
トリは春歌亭丹馬師匠の「かぜうどん」です。
 
寒い夜に夜泣きうどん屋が商売をしていると、酔っぱらいがお湯や水を無心し、屁理屈で困らせたあげく、食べずに行ってしまいます。
正直者のそば屋と酔っ払いとのやりとりが、丹馬さんの得意なところです。
 
次に「手なぐさみ(ばくち) 」をしている家の遊び人達相手に、世間をはばかった小声でのやりとりで、うどん10杯の商いに成功します。
 
これで気をよくしたうどん屋に小声の客がさらに一人、同じく小声で対応して1杯売ったあとの客が言う、「うどんや お前も風邪引いとんのか?」がオチとなります。
うどんを箸ですすり、薬味をしゃぶり、汁を吸う所作と音がなんとも言えないほど見事です。
 
その後学芸員さんを交えて、江戸時代の食が話題になりました。
一日二食だった食事が、江戸時代になって三食に変わったそうです。
灯りが普及したことで夜の活動時間が増え、遅仕事の後の夜食(夜泣きうどん)も登場しました。
江戸はソバ、上方ではうどんに変わり、有名な噺「時ソバも」、「時うどん」に変わります。
落語を通じて江戸時代の「食」を知り、庶民の暮らしを垣間見ることができました。
 
 
 

2018年1月15日 (月)

笑って学ぶ江戸時代 Ⅱ

豊岡歴史博物館の「ミュージアム寄席」第2回が13日に開催され、前回に続いて参加してきました。

20180113_134501288_2第2回のテーマは「江戸時代のお正月」、お正月の行事や遊びに関連する演目です。
まずは、「尼乃屋河鹿」さんの「初天神」です。
年の初め1月に開催される天神様の縁日にお参りした親子が繰り広げる飴屋・団子屋とのやりとりや子どもそっちのけでたこ揚げに興じる親父を面白おかしく体全体を使って演じられました。
 
 
20180113_135408066_2 次は「春乃そよかぜ」ちゃんの、「千早振る」、百人一首でも知られる在原業平の歌ですが、意味を問われ、知ったかぶりをする問答がおもしろい。
そよかぜちゃんは小学4年生と聞きびっくり、長くて難しい噺を立派に演じました。
 
 
 
20180113_141247529
トリは「春歌亭丹馬」さんの「藪入り」です。
奉公に出した可愛い息子が3年ぶりに休暇をもらって家に帰った親の喜び驚くさまが表現されます。
学校もない当時、お店に奉公して礼儀作法・読み書き算盤まで学び成長する様子がわかります。
元ネタではまだまだ続くのですが、時間の関係で半分で終わったのが少し残念でした。
 
 
20180113_142948025最後に学芸員さんが登場し、資料も交えて「江戸時代のお正月」の説明がありました。
正月は年神様をお迎えし、正月飾りで身を浄め、三が日で新年を祝い、鏡開きに次いで小正月になると年神様を火に乗せて天に見送るどんど焼きの行事があります。
 
お参りでは「初観音」が18日、21日が「初大師」、25日が「初天神」、そして「初不動」の28日と縁日が続きます。
 
正月遊びも、百人一首・かるた・花札・福笑いなど室内行事に、羽根つき・たこ揚げ・コマ回しと外遊びもいろいろでした。
戦後に生まれ、古いしきたりや行事が残っていた昭和の中期を過ごしたものとして、楽しい思い出です。
 
パソコンやスマホ・ゲーム機が取って代わった現代、子供たちはどう過ごしているのでしょう。
「明治」だけでなく、「昭和」も遠くなりにけりですね。
 
第3回は2月24日(土)午後1時30分で、演目は「かぜうどん」と「延陽伯・(たらちね)」が予定されています。
 

2017年12月19日 (火)

笑って学ぶ江戸時代 Ⅰ

豊岡歴史博物館で「ミュージアム寄席」が16日に開催されました。

Img_20171219_0001
第1回のテーマは「江戸時代の交通」で、当時の交通手段である駕籠と船です。
演目は、迷探亭小ん南さんが兵庫の港から乗り合う「兵庫船」、ろっ亭あいすちゃんが豆腐釜を担いで逃げる泥棒「釜泥」、トリは春歌亭丹馬師匠の住吉大社詣での客目当て「住吉駕籠」で、いずれもアマチュア「たんたん落語会」のメンバーです。
 
当時の乗り物と庶民の生活とのかかわりを面白おかしく演じられました。
寄席が終わったあとに、学芸員さんと演者の皆さんとのトークショーがあり、陸の乗り物である駕籠の種類や料金、駕籠かきは親方から駕籠を借りて働く制度など庶民の生業や生活が推し量られます。
 
一方海や川の乗り物の三十石船や金比羅船の様子は興味深いもので、定員や値段・所要時間・トイレの様子も話題になりました。
敷居が高いと思われがちな「豊岡歴史博物館」を身近のものにしたいとの企画でしょう。
 
それにしても春歌亭丹馬師匠はますます円熟味を増しています。
昨年の「こみゅにてぃ寄席」でお聞きした人情噺「井戸の茶碗」も素晴らしかったし、今回時間の関係で端折られた「住吉駕籠」も通しで聞いてみたかったですね。
 
春歌亭丹波さん                   トークショーで江戸時代のお勉強
20171216_141219 20171216_142459
第2回は1月13日(土)テーマは「江戸時代のお正月」で、演目は「初天神」「看板の一」が予定されています。
 
 
 
 
 

2017年9月16日 (土)

講演 アメノヒボコの考古学

豊岡市立博物館では第41回企画展、「但馬一宮 出石神社の名宝」が開催されていて、同市学芸員仲田氏の講演「アメノヒボコの考古学」が開催されました。

通常の歴史学に較べて考古学は古墳・遺跡・土器などわずかに残されている断片などから当時の文化・生活など推測する難しい学問のようです。
『古事記』『日本書紀』に登場するアメノヒボコは新羅の王子で、太古に日本に渡来してきて、但馬や畿内に大きな影響を与えたとされています。
 
古墳時代の朝鮮半島情勢
20170916_133506198
講演は古墳時代7世紀までの朝鮮半島情勢から始まりました。
それを踏まえて、朝鮮半島との交流・渡来人の関わりについて但馬出土の渡来系遺物である「鉄」、「土器」、「古墳」の写真資料をもとに話されました。
 
大陸から海続きの日本海側、但馬との交流は計り知れないものがあったと思われます。
渡来系の氏族である秦氏、出石町袴狭遺跡の遺物500点から人名と思われる90点のうち、69点が「秦氏」が記されているのも驚きです。
 
まとめとして、渡来人一世の痕跡は少なく、倭人化した二世以降の存在がうかがえるとのことでした。
アメノヒボコは「個人」なのかはたまた「集団」なのか、資料も少なく神話と遺構・遺物から推察するしかないようです。
 
いずれにしても朝鮮半島は大陸文化との交流窓口で、政治的・軍事的にも倭国に大きな影響を与えてきました。
 
<ユネスコ憲章>
 
「相互の風習と生活を知らないことは、人類の歴史を通じて世界の諸人民の間に疑惑と不信を起こした共通の原因であり、この疑惑と不信の為に、諸人民の不一致があまりにもしばしば戦争となった。・・・・・・」
 
日本と朝鮮半島、中国大陸の交流の歴史を考えると、現状は嘆かわしいものです。
この教訓を生かさないといけませんね。
 
 

2017年8月15日 (火)

戦後72年 敗戦の日

昨年の記事「戦後71年 敗戦の日」を再録します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

8月15日はアジア・太平洋戦争の終戦記念日とされ、戦没者追悼行事が行われます。

ところが15日は天皇が日本国民に向けてラジオ放送された日でしかなく、日本政府がポツダム宣言受諾を英米に回答したのは8月14日とされます。
無条件降伏を受け入れた大日本帝国の敗北は、絶対主義天皇制と日本軍国主義の敗北で、単なる「終戦」ではなく正確に「敗戦」と呼ばれるのが筋だと思います。
国際的には降伏文書が調印された9月2日が連合国の「戦勝記念日」と設定されています。
 
それはともかくこの戦争でアジア・太平洋地域で2,000万人以上、日本国民も310万人の死者がでています。
 
伯父と叔父の墓碑
P8120140_2 私の家でも、日中戦争の最中13年と14年に、伯父と叔父の二人を中国大陸で失いました。
戦死も初期だったことで、地区を挙げての慰霊を受け、妻は「靖国の妻」、祖父母は2人の息子をお国に捧げた「靖国の父と母」として、靖国神社臨時大祭に招かれています。
府市場区墓地の中でひときわ立派な墓碑が並び立っていて、子供の頃は誇らしくもありました。
 
一軒の家に2人、13年と14年に連続しているのはまれで、残された妻と幼な子、父母の秀蔵・民恵の悲しみは想像を絶するものでしょう。
授与された勲章や靖国の英霊としての扱いも、戦死の悲哀が誉れに替わるはずはありません。
 
敗戦から71年、アジア諸国への「植民地支配と侵略」の歴史から学ぼうとせず、再び「富国強兵」の道を歩もうとする安倍政治に強い危惧を抱きます。
また最近の若者の認識にも中国や朝鮮などに対する「嫌・反・憎」の気運が目立つようになりました。
中学・高校の歴史の授業は明治で時間切れ、口では反省を唱えながら昭和の歴史をほとんど教えてこなかった責任も重大です。
 
排外・愛国を強調し強い国を目指すトランプはアメリカだけに居るのではなく、日本にもいま育ちつつあることに不安を覚えるのは私だけではないでしょう。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
北朝鮮とアメリカの恫喝合戦が続いています。
現体制の継続を保証させたい金正恩が、国連安保理の決議を無視して、核やミサイルの開発を進めています。
アメリカのイラク侵攻→フセイン政権の崩壊から学んだのです。
 
日米韓を敵視する金正恩ですが、安倍政権の最大の応援者でもあります。
安倍内閣が富国強兵・憲法改正・国政私物化などで批判を浴び、支持率が落ちそうになると決まって、核実験・ミサイル発射で「将軍さま」が助け船を出します。
そのたびに安倍内閣が軍事脅威を強調し、「防衛体制」の必要性を楯に求心力を取り戻しているのがよくわかります。
 
過去の戦争いや歴史において、他国からの脅威を理由に有事体制を強め、衝突へと突き進んできました。
米朝両国に自制を求めると同時に、前提条件を廃し、直接対話するのが緊張緩和の第一歩です。
疑心暗鬼に駆られる際限ない戦争準備に較べてこれほど崇高な政治行為はありません。
 
大学の先輩で石見銀山ガイドの会会長のAさんがよく引用するユネスコ憲章前文の冒頭。
 
戦争は人の心の中で生まれものであるから、人の心の中に平和のとりでを築かなければならない。
さらに、ここがポイントだと続けて・・・・・
 
相互の風習と生活を知らないことは、人類の歴史を通じて世界の諸人民の間に疑惑と不信を起こした共通の原因であり、この疑惑と不信の為に、諸人民の不一致があまりにもしばしば戦争となった。・・・・・・
対話を重ねる中でお互いを知り、理解することから始まります。
「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」といいます。
 
 
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

伊佐屋三木のblog

  • 伊佐屋三木のblog
    2007年4月から2015年5月まで8年間の記録です。 「サイト内検索」にキーワードを入れて検索すると過去記事が見られます。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

お気に入り

無料ブログはココログ