但馬情報特急

九条の会

  • 九条の会
    日本が誇る憲法第九条をまもり、平和な世の中を築くため行動します

suzuran写真館とミッキーの手まり

家庭菜園・農業・食べ物

2017年3月30日 (木)

2017 家庭菜園 3月下旬編

冬越しして育ったエンドウ除草、中耕、施肥のあと、竹で支柱を作ってやります。
品種を絞りたいと思いながらそれぞれが捨てがたく、少量ながら莢・スナック・実エンドウの三種を作ります。
イチゴは除草が大変で、これも肥料(米糠、油粕、化成肥料)を与えて鍬ですき込み、雨に当てた後、黒マルチをかけて地温の上昇を助けます。
有機肥料をしっかり与えると、甘くて美味しくなると言います。
どちらもGWの後半から食べられるようになります。
 
エンドウ3種          イチゴ(宝幸早生)
20170330_154413_3   20170330_151732
ジャガイモ植
20170330_151630_2 一方春植え野菜のトップはジャガイモ。
芽が出る頃に霜にあうとダメージを受けるので早植えを控えるのですが、メークインとキタアカリ(男爵系)を植え終わりました。
芽が出ると芽欠きや土寄せ追肥がいるのと、テントウムシダマシを見つけ次第捕殺する作業が要ります。
 
種芋は園芸店で購入し、縁側などに広げて催芽のあと30g程度にカットして乾かしたあと植え付けます。
半分にカットしたものが3ヶ月後には、8から10個の芋がつきます。
水稲ほどではないものの、コスパにすぐれた優れものです。
芋は根につくのではなく、地下茎が肥大して芋となります。
ナス科であることと同じく、案外知られていません。
 
スイートコーン・エダマメ・インゲンは早生品種をトレーに播いて、トンネルで保温して苗を育てます。
順調にいけば5月中旬には移植できるでしょう。
同時にカボチャも育苗し、小野芋(サトイモの地元種)もトンネルで芽だしをします。
春先に畑の準備ができないときに育苗しておくと便利です。
 
トレーやポットに種まき     トンネルで保温
20170330_143332  20170330_151612
 
 

2017年3月 5日 (日)

2017 伊佐屋菜園 3月初旬編

さすがの大雪も2月20日を過ぎると消えました。
雪が消えると菜園仕事が忙しくなります。
3月に入ると、冬越しの野菜も根や芽が動き出します。
雑草もかなり育っているので、まず草取りから始めます。

冬越しして育ったエンドウの草取りも兼ねて中耕し、肥料を与えます。
気温上昇とともに伸びてくるので、早いうちに支柱を立ててやらなければなりません。
イチゴは除草が大変で、これも肥料(米糠、油粕、化成肥料)を与えて鍬ですき込みます。
雨に当てた後、黒マルチをかけて地温の上昇を助けてやると花を咲かせます。
有機肥料をしっかり与えると、甘くて美味しくなると言います。

エンドウ              イチゴ
20170304_105431    20170304_105502
タマネギ・ニンニクは枯れ葉をとって、最終肥料を与えます。
これも気温の上昇とともに、茎を伸ばし玉に栄養を蓄えるようになります。
 
ニンニク              タマネギ
20170305_144020_2    20170304_111942
結球を始めている春キャベツや冬越ししたミズナ・サニーレタスも除草と追肥を終えました。
植物も厳しい冬を耐えて、春を待って一気に成長します。
 

2016年11月29日 (火)

2016 伊佐屋菜園11月後半編

11月末にもなると冬野菜が育ってきます。

伊佐屋菜園ではキャベツとホウレン草以外は順調に育ちました。
アズキも収穫を終え、不作だった昨年とくらべよい成績でした。
良くても悪くてもすんなり受け入れられるのは、趣味の農業の贅沢なところです。
 
     伊佐屋菜園A 全景 (約100㎡)
    Pb290192_2
 
ハクサイ                   ダイコン
Pb290194_2 Pb290195
 
タマネギ                エンドウ
Pb290196    Pb290202
 
莢エンドウ        スナップエンドウ    実エンドウ
Pb290199 Pb290200 Pb290201
 
イチゴ
Pb160008冬越しして初夏に収穫するイチゴやタマネギ、ニンニク、キャベツ、ナバナなども順調に育っています。
「野菜が高い」というぼやきも自作自消の我が家には無縁です。
エンドウの芽だしを確認すると、菜園仕事も収穫以外になくなり、外に出る機会が減るのも困りものです。
 

2016年10月12日 (水)

2016 伊佐屋菜園10月編 Ⅰ

10月6日の台風通過後、秋雨前線は南に、大陸から秋の高気圧が張り出して一気に秋らしくなりました。

秋野菜が収穫期を迎え、冬野菜も成長期を迎えます。
 
 秋の菜園
 Pa100081_2
 
ニンニク・ニラ・ネギ・ラッキョウ   ダイコン
Pa100085  Pa100087
ハクサイ                 タカナ
Pa100088  Pa100094
 
サトイモ                      ショウガ
Pa100093 Pa100097
 
                   アズキ
Pa100089  Pa100090
 
                      ハヤトウリ
Pa100099 Pa100102
 
移植後のイチゴ                 セロリ
Pa100095 Pa100113
 
岩津ネギ                     クロマメ
Pa100108 Pa100111
少量多品種が我が菜園のポリシーなので、ホウレンソウ、キクナ、カブ、ミズナ、ミブナ、ルッコラが成長しています。
ハクサイ・キャベツ・ブロッコリー・カブ・ダイコンなどアブラナ科の野菜には、空からモンシロチョウやハスモンヨトウが卵を産み付け、地中から出てきたダイコンサルハムシが葉を食べます。
冬野菜を育てることは、中耕・施肥・除草だけでなく、虫と病気との戦いでもあます。
 

2016年9月13日 (火)

伊佐屋の米作り 籾摺り編

稲刈り後乾燥機に入れて一晩乾燥させると今度は籾摺りです。

乾燥機から隣の籾摺り機へホースで流し込みます。
 
2号乾燥機(1反用)と籾摺り機    ホースで籾摺り機にはき出し
20160913_132722 20160913_132859
玄米になると自動計量機で測って袋詰めし、隣のリフターで腰の高さに持ち上げてくれます。
その後は車で運搬し伊佐屋の米倉?に積み込むだけで、摺り始めて30分で終了です。
今後は都度必要量の玄米を作業場の精米機で精米すれば白米の出来上がり。
 
玄米を計量し袋詰め           倉庫に保管
20160913_1330010 20160914_074009
いっぱしの農家気取りで報告していますが、伊佐屋は府市場営農組合で最少の米作り農家です。
大規模農家を主とする運営に異を唱えて退会も考えましたが、小農家に対しても心配りしてもらえるようになりました。
 
「米という字は八十八とも読めて、その数の手間がかかっている」といって、米作りの苦労と感謝の気持ちを表します。
機械化・システム化で手間はずいぶん減りましたが、その心は受け継いでいきたいものです。
 

2016年9月12日 (月)

伊佐屋の米作り 稲刈編

朝から遅くても午後は雨という微妙な予報に伊佐屋の稲刈りを行いました。

刈るのは専業農家のSさん、一昨年から耕耘・田植え・稲刈りの機械仕事をお願いしています。
今年劇的に変わったのはコンバインから直接軽トラに乗せた籾コンテナーへ移し、農作業場にある乾燥機に投入したことです。
 
伊佐屋圃場                 コンバインから籾コンテナーへ
20160912_104231_3 20160912_120632_3
営農組合では数年前から行われていましたが、我が家はいったん籾袋に入れて近くの農家の乾燥機で乾燥したのち農作業場に運び込んで籾摺りしていました。
いわゆる「横持ち」が2回減ったわけです。
 
軽トラを農作業場に横づけ      ホースで乾燥機と接続
20160912_122018_3 20160912_121502_3
おかげでコンバインが稼働し始めたのが11時半、籾コンテナーから乾燥機に移し終えたのが12時半、距離が近いということもあって正味一時間で稲刈り終了です。
 
籾の投入                  乾燥後は隣の籾摺り機で玄米に
20160912_121520_3 20160912_122041_2
営農組合が乾燥機4台を購入し、体制を整えたのが数年前。
省力化が一番なのと、稲刈りのあと籾のままJAカントリーに渡すだけなら価格は低いままですが、乾燥し玄米までにして渡すと付加価値がつくことが魅力のようです。
 
劇的に省力化が進み楽になった反面、副産物として夜通し運転する乾燥機の騒音と粉塵と籾殻(スクモ)の処理が出ています。
限られた期間のことなので今のところ近隣とのトラブルになっていませんが、今後は対策が必要となるでしょう。
 
 

2016年9月11日 (日)

あぐりキッズの稲刈り

5月末にあぐりキッズのお田植え を記事にしました。
絶好の稲刈り日和の日曜日、収穫期を迎えた稲刈りが始まりました。

お田植えキッズが、今度は稲刈り鎌を持って手刈りします。
P9110170 JA職員や大人が見まもる中、一生懸命刈っています。
一方隣の圃場ではコンバインが稼働中です。
刈った稲は待機しているコンバインに投入して籾にするのですが、刈るときの「ザク!」とした感触や稻藁の匂いは子供たちの記憶に残ることでしょう。
 
労働集約産業の最たる農業も機械化が進み、コンバインで刈って籾にして、近くの農作業場の乾燥機に投入し、翌日には籾摺りして玄米ができあがります。
 
かくいう我が家も娘たちに農業体験はさせていませんが、小学5年生になると学校の実習田で体験するようです。
「農は食の基本」「米作りの基本である田植えと稻刈り」は子供たちにぜひ体験してもらいたいものです。
 
 

2016年9月 9日 (金)

2016 伊佐屋菜園9月編 Ⅱ

スイカやメロンのように場所をとるものや支柱やネットが必要なものの多い夏野菜の片付けがやっと終わりました。

枝葉や蔓は乾燥して燃やし、灰を肥料として活用します。
草木灰(そうもくかい)はカリウムと石灰分を含み、根が生育しやすくなり酸性土壌をアルカリ性にする効果もあります。
 
ダイコンやカブ・ニンジンなど根野菜は種を播きますが、苗を自分で育てて移植するものもあります。
水やりと防虫さえすれば種苗店やホームセンターで苗を買うより断然安くつきます。
 
移植直前のハクサイ苗         少し虫にやられたキャベツ
P9100165_2 P9100167
 
成長途中のタカナ             昨年収穫したニンニク種球
P9100166 P9100169_2
9月を過ぎて彼岸まで畑仕事が一番忙しくなります。
一方家裏の稲も刈り頃を迎え、お天気と相談しながら収穫時期を見計らっています。
 
 

2016年9月 1日 (木)

2016 伊佐屋菜園9月編 Ⅰ

台風10号の影響で不安定だった天気も、安定してきました。

秋になると家庭菜園が一気に忙しくなります。
まず夏野菜の片付け、長丁場のナスやピーマン・シシトウを除いて片付け、はびこっている雑草を根から抜き取ります。
秋冬野菜の種まきや植え付けに備えて石灰を撒き、土壌の中和をはかり、作物によって堆肥や油粕・米ぬかと化成肥料を加え、耕耘し畝をたてると一段落です。
 
    片付けが終わった伊佐屋菜園
    P8310165_2
これから収穫を迎えるのは七夕豆・アズキ・サトイモ・サツマイモ・黒豆・ショウガ・ネギ。
ハクサイやキャベツ・ブロッコリー・タカナはポットで育苗し、ダイコン・カブ・ニンジン・京菜
は種を播きます。
ニンニク・ラッキョウは収穫したものの中からよいものを植えつけます。
イチゴはランナーからポットで育て、10月に移植します。
仕事が現役の時は早朝と夕方、土日が勝負でしたが、リタイア後は時間がたっぷりあるので菜園仕事を楽しんでいます。

2016年7月20日 (水)

インゲン豆の在来種 七夕豆

インゲン豆の在来種である七夕豆を播く時期となりました。

私も25年以上前から作り続けていて、収穫した若莢をあげると何軒かから「美味しいから作りたい」と種の請求があります。
以前この豆について、ひょうごの在来種保存会から取材を受けたりしました。
 
雨の中の取材                   在来種のHP記事
P7200130 P7200129
つい最近発行された「ひょうごの在来作物」にも記事が載っています。
Scn_0001   Scn_0002
七夕豆と呼ぶこともあって7日前後に播いていましたが、出来がよくないことがわかってから20日以降に播くとこにしています。
収穫は2ヶ月後で、インゲンと同様で若莢を生薑醤油で食べたり、ごま和えや天ぷらにしても美味しくいただけます。
熟れて収穫した豆は乾燥させてそのままでも餡にしても美味しく食べられます。
 
昨年収穫した種(左は小豆)          播種完了
P7200134 P7200138
◎田舎元気本舗 但馬の調査報告 「七夕豆」 ← クリックでどうぞ!
◎伊佐屋三木のblog 「七夕豆 インゲンの在来種」 ← クリックでどうぞ!
 
 
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

伊佐屋三木のblog

  • 伊佐屋三木のblog
    2007年4月から2015年5月まで8年間の記録です。 「サイト内検索」にキーワードを入れて検索すると過去記事が見られます。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

無料ブログはココログ