但馬情報特急

九条の会

  • 九条の会
    日本が誇る憲法第九条をまもり、平和な世の中を築くため行動します

suzuran写真館とミッキーの手まり

神鍋山野草

2017年11月14日 (火)

神鍋山野草を愛でる会 11月14日例会&納会

今年最後の例会が14日に神鍋山周辺を巡る(神鍋カントリーロード)で開催され、30人を超える会員で賑わいました。

赤や黄色に染まった周辺の山々ですが、神鍋山から蘇武岳方向、万場を中心とするのブナの紅葉が特にきれいでした。
 
道の駅近くのイチョウ並木の紅葉       万場・奧神鍋の紅葉
P1010005 Pb140070
 
アザミ                        ヤマハッカ
20171114_113524 Pb140088
 
オミナエシ                     オトコエシ        
Pb140071 Pb140129
 
東:手前ぶにブリ山、奧に床ノ尾山      左、とんがり山、右はアマワリ
Pb140098 Pb140097
 
噴火口越しに雲海                紅葉の散策道
Pb140104 Pb140105
 
ツルアリドウシ(実)               ツルリンドウ(実)
Pb140111 Pb140113
 
リンドウ                      クサボタン(穂)                   
Pb140120 Pb140126
 
イロハモミジの紅葉               奧神鍋スキー場
Pb140089 Pb140094
午前の観察のあと、道の駅神鍋高原で昼食と懇親会が行われました。
最後を締めくくる例会として納会の意味も持っています。
 
観察の詳細と納会の様子は、ブログ右の「神鍋山野草を愛でる会  」をクリックでご覧ください!
 
 

2017年10月24日 (火)

神鍋山野草を愛でる会 10月24日例会 神鍋高原

例会も残すところあと1回です。

10月後半は秋が深まりつつある神鍋高原で、キャンプ場周辺を観察しました。
イチョウ並木も色づき、ギンナンがあちことに落ちて異臭を放っています。
 
色づき始めたイチョウ並木            鈴なりのギンナン
Pa240252 Pa240169
 
キチジョウソウ                   アオツヅラフジ(実)
Pa240166 Pa240168
 
ナギナタコウジュ                  ヤマボクチ               
Pa240173 Pa240182
 
コナスビ(花)                   コナスビ(実)
Pa240175 Pa240203
 
チャ                         ベニバナボロギク
Pa240185 Pa240188_2
 
ガマズミ(実)                    ムラサキシキブ(実)
Pa240191 Pa240212       
 
ツルアリドウシ(一両)             ヤブコウジ(十両)
Pa240216 Pa240219
 
                   ゲンノショウコ(種と飛散後残った花柄) 
Pa240243 Pa240244
 
観察の詳細はブログ右の「神鍋山野草を愛でる会 」をクリックでご覧ください!
 
花から実になり、秋が深まると赤く色づいてきます。
これは鳥たちへの合図で、鳥は動物達と違って、赤色を識別できる特技を持っているといいます。
一方美味しい実を成らし、動物たちに食べてもらうことで子孫をつなぐものもいます。
獣だけでなく、会員女性がクリやアケビなど木の実に執着するのも、太古の昔に男達が猟をして獣を獲り、女達が木の実や山菜を採取した名残かも知れませんね。 (^_-)
 
次回は11月14日(火)、最終例会は午前の観察の後、道の駅神鍋高原でランチを頂きながら、一年を振り返る「納会」が予定されています。
 
 

2017年10月10日 (火)

神鍋山野草を愛でる会 10月10日例会 兎和野高原

10月前半の例会は場所を変えて、香美町にある木の殿堂周辺を散策しました。
参加者は23人、サラシナショウマとトリカブトが盛りを迎えている地元神鍋を観察した後、木の殿堂に移動です。
 
イブキトリカブト                 サラシナショウマ
Pa100079 Pa100087
 
キバナアキギリ                  リンドウ
Pa100062 Pa100097
 
ママコナ                       ツルリンドウ
Pa100099 Pa100115
木の殿堂から兎和野野外教育センターまでの林間の観察は快適なもので、途中の観察デッキでの弁当タイムでは、今が旬のナツメやヤマブドウのジャムもいただきました。
兎和野の大カツラ付近ではカツラの紅葉した葉から甘いカルメラ臭が漂い、山の秋を匂いでも感じることができました。
 
観察の詳細はブログ右の「神鍋山野草を愛でる会 」をクリックでご覧ください!
 
 

2017年9月26日 (火)

神鍋山野草を愛でる会 9月26日例会 神鍋山

9月2回目の例会は神鍋山周辺を巡りました。

彼岸の明けで、「秋の花を愛でる」のにうってつけの晴天となりました。
 
コウゾリナ                     アキノノゲシ
P9260857 P9260859
 
                     ナンバンギセル
P9260865 P9260870
 
キンミズヒキ                    チャの花
P9260923  P9260903
 
オトギリソウ                ツルリンドウ
P9260956    P9260984
 
オトコエシ                     オミナエシ
P9260991 P9261022
 
オケラ                        ツリガネニンジン
P9261011 P9261030
 
ススキ                        ホソバウンラン
P9261039 P9261044
 
コシオガマ                観察風景
P9261060   P9261063
さわやかを通り越して汗ばむお天気でしたが、春とは違った高原の秋を満喫できました。
花が終わって実になったものも多く、アケビやクリなどの秋の恵みにも目が移りました。
 
観察の詳細はブログ右の「神鍋山野草を愛でる会 」をクリックでご覧ください!
 
 
 

2017年9月12日 (火)

神鍋山野草を愛でる会 9月12日例会 京丹後市

9月例会は京丹後市へお出かけ、網野の八丁浜シーサイドパークから、海岸線の遊歩道を鳴き砂で知られる琴引浜まで、海岸特有の野草を観察しました。

八丁浜シーサイドパークを出発        ハマゴウ
P9120724 P9120726
 
ハマセリ                      ノブドウ
P9120728 P9120747
 
ハマエノコロフサ                 エノコログサ
P9120731 P9120790
 
                     ハマナス
P9120734 P9120737
 
ネコノシタ                      イソギク
P9120749 P9120752  
 
ハマベノギク                   ニシキミヤコグサ
P9120753 P9120756
 
ハマボッス                    タカサブロウ
P9120761 P9120764
 
ハマニガナ                  海岸線の遊歩道
P9120774       P9120777
 
ツリガネニンジン                シラヤマギク
P9120775 P9120780
 
ヒヨドリジョウゴ                 ヌスビトハギ
P9120781 P9120796
 
ヤマジノホトトギス                カセンソウ
P9120802 P9120812
 
アキノキリンソウ                 キンミズヒキ
P9120809 P9120805
 
シュロソウ                     ヒヨドリバナ
P9120823 P9120820
 
サンキライ(実)                  オケラ(蕾)
P9120825 P9120827
 
ツルリンドウ                    センニンソウ
P9120832 P9120844
 
アキギリ                       クズ
P9120819 P9120813
 
トウテイラン                    ウンラン
P9120842 P9120836
秋雨前線の通過も北部の回復は早いとの希望的観測は見事に外れ、午後過ぎまで小雨が降り続きました。
人間には迷惑な雨も、野草にとって引き立て役となります。
今回の案会人は網野町在住のSさん、お陰で神鍋山近辺の山野草とは違う、海岸線の固有種や亜種を楽しむことができました。
 
「白砂青松と鳴き砂を巡る琴引浜コース」は山陰海岸ジオパークの人気コースです。
雨天のため鳴き砂体験はできませんでしたが、遊歩道はよく手入れされ、海岸線から眺める奇岩や岩礁も楽しめました。
 
次会例会は9月26日(火) 神鍋山周辺の秋の野草を観察します。
 
 

2017年8月22日 (火)

神鍋山野草を愛でる会 8月22日例会 神鍋

7月と8月の例会は月1回、顔を合わせると「お久しぶり」の挨拶となります。

21日(日)から暑さがぶり返して、暑がりの私は水とタオルをダブルで用意します。
シカによる食害もあり、当初予定していた神鍋渓谷から溶岩流に変更されました。
 
トウバナ                ヒメヒオウギズイセン
P8220495  P8220498
 
クズ                        ゲンノショウコ
P8220499 P8220501
 
ノコンギク                    ツユクサ
P8220504 P8220508
 
ミヤコグサ                    ヤマノイモ(雌花)
P8220511 P8220516
 
ボタンヅル                     ミツバフウロ
P8220532_2 P8220523
 
オトギリソウ                   フユイチゴ
P8220525 P8220527
 
ミョウガ                      ハグロソウ
P8220535 P8220539
 
アケボノシュスラン               ミツバウツギ(実)
P8220545 P8220547
 
ハナイカダ(実)                 マタタビ(実)
P8220550 P8220553
 
ミヤマイラクサ                   ツリバナ(実)
P8220555 P8220560
 
イワタバコ                     オオナルコユリ(実)           
P8220563 P8220566
 
ハンショウヅル                 ホドイモ
P8220570 P8220572
 
カノツメソウ                    キツネノボタン 
P8220575  P8220577
 
マツカゼソウ                   フシグロセンノウ
P8220581 P8220582
 
キンミズヒキ                     ミズヒキ
P8220588  P8220599
 
ツルリンドウ                   八反の滝からの登りP8220595 P8220591
立秋も過ぎ花から実に、冬や春にむけて準備している木々や野草も見られるようになりました。
9月から第2第4火曜の2回開催に戻ります。
花が少ない時期ですが、京丹後市のジオエリア、八丁浜から琴引浜を歩きます。
 

2017年7月11日 (火)

神鍋山野草を愛でる会 7月11日例会報告 小代渓谷

矢田川沿いの小代渓谷が今回の観察場所です。

ホームの「道の駅かんなべ高原」から西へ、蘇武トンネルを越えると香美町村岡区、国道9号線を少し北上し、小代谷を遡ります。

 
小代渓谷                     ヤマアジサイ      
P7110004 P7110080
 
ギンバイソウ                   キツリフネ
P7110006 P7110059
 
ゴヨウアケビ                    オニルリソウ
P7110038 P7110106
小代渓谷から場所を移して、矢田川支流の新屋川の奧「とちのき村」近くの新屋(にいや)の八反滝付近を観察しました。
豊かな自然が残っているのは、雪深い急峻地であることから鹿が生息できないことが影響しています。
 
新屋(にいや)の八反滝            滝から青ヶ丸、仏ノ尾を望む
P7110109 P7110114
神鍋周辺の定期観測も季節による変化が楽しめますが、足を伸ばすことでいろいろな自然が観察できます。
 
次回例会は8月22日(火)、1班が担当します。
 

2017年6月13日 (火)

神鍋山野草を愛でる会 6月13日例会

6月13日例会は少し遠出して、氷ノ山の山野草を観察しました。

といってもおなじみの養父側ではなく、西に回り込んで鳥取県若桜町から氷ノ山スキー場の「仙谷登山口」から谷を遡ります。
 
            氷ノ山登山 主要8コース
   P6130466_2
集合場所の「道の駅ようか但馬蔵」から約1時間半、大屋を抜けて戸倉から若狭街道を北上し氷ノ山スキー場に到着しました。
かって賑わった国道29号線も並行して走る鳥取自動車道ができると通行量が激減し、廃止となったドライブインが目立ちました。
 
氷ノ山スキー場                  ちょっと怖い看板
P6130413_2 P6130418
 
クルマバソウ                    モミジガサ
P6130420 P6130430
 
                       ツリバナ 
P6130440 P6130435
 
タチカメバソウ                   調査中
P6130451 P6130459
 
ミヤマタニソバ                  サンヨウブシ(トリカブトの仲間)
P6130444_2 P6130447
 
ブナ林                        宿り木はニレ科のオヒョウ  
P6130446 P6130448_2
 
落ち葉が甘く香るカツラ         残雪
P6130462_2   P6130461_3
仙谷コースは氷ノ山登山ルートの中で多様な自然が楽しめる魅力的なコースです。
残雪も遅くまであって、他の山と較べて1ヶ月以上遅れた季節が楽しめます。
 
ミヤマケマン                   ホウチャクソウ
P6130468 P6130470
 
フタリシズカ                    マムシグサの由来、銭形の肌
P6130472 P6130474
 
                つくよねの棚田
P6130465_2    P6130464_2
この例会の担当は5班、Yリーダーには下見を含めていろいろお世話いただきました。
この日の参加者は19人、神鍋周辺を離れた観察も大いに勉強になりました。
秋には丹後の観察も予定されています。
 
 
 

2017年5月23日 (火)

神鍋山野草を愛でる会 5月23日例会

5月例会の後半は、久しぶりの大岡山で、山頂のゴルフ場の近くから大岡山北→旧大岡寺までの周回コースです。

ヤマボウシ                     タニウツギ
P5230150_2 P5230151
 
オオイワカガミ                  ヤブデマリ
P5230166 P5230206
 
ハクウンボク                    サギゴケ
P5230239 P5230250
他に大岡山ならではの魅力もあって、予定の12時を超過する観察でした。
観察の詳細はブログ右の「神鍋山野草を愛でる会 」をクリックでご覧ください!
 
 

2017年5月 9日 (火)

神鍋山野草を愛でる会 5月9日例会

神鍋山野草を愛でる会の5月例会は9日(火)、「兵庫県立人と自然の博物館」と共催で、晩春から初夏の神鍋溶岩流コースを楽しみました。
「ひとはく」の高野先生が講師となっていただき、昼食を挟んで4時間たっぷり、広範囲で専門的なガイドが受けらると期待して、「ひとはく」に応募した参加者と「愛でる会」と合わせて30人が集まりました。
P5090019 P5090015
 
 
カキラン                     フデリンドウ
P5090027 P5090042
 
キンラン                  チゴユリ
P5090034   P5090075
 
ウスギヨウラク              イチリンソウ
P5090093   P5090248
 
ニリンソウ                 ハナイカダ(雄花)
P5090207   P5090209
 
フジの花                       タニウツギと八反の滝
P5090285   P5090257
心配した雨も観察終了まで待ってくれました。
花や緑の写真は晴天より曇りの方が撮りやすいのです。
 
この日の観察の詳細はブログ右の「神鍋山野草を愛でる会 」をクリックでどうぞ!
このブログの写真はマウスONしてクリックですべて拡大します。
写真の右上の閉じるボタン(×)で元の記事に戻ります。
 
昨年9月24日に同じコースを歩き、秋の自然を楽しみました。
春と初夏が入り交じった時期に、里山と奥山の自然が混じり合ったコースで、いろいろな野草・花・樹木が楽しめました。
 
 

より以前の記事一覧

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

伊佐屋三木のblog

  • 伊佐屋三木のblog
    2007年4月から2015年5月まで8年間の記録です。 「サイト内検索」にキーワードを入れて検索すると過去記事が見られます。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

お気に入り

無料ブログはココログ