但馬情報特急

九条の会

  • 九条の会
    日本が誇る憲法第九条をまもり、平和な世の中を築くため行動します

suzuran写真館とミッキーの手まり

環境・まちづくり

2017年12月30日 (土)

敬老会補助金廃止前提の予算を否定

12月9日付けで記事にした「敬老会補助金廃止はおかしい」の続編です。

豊岡市議会は12月26日、「敬老金補助金廃止を前提とする、平成30年度の高齢者福祉事業の債務負担行為は認めない」という補正予算修正を全会一致で決めました。
 
予算決算委員会委員長の報告は、市区長連合会の意見や老人会の補助継続の要望がある中での見切り提案は認めないとの趣旨が書かれています。
 
その上で・・・
・敬老会補助によって各区で敬老会が開催され、高齢者への感謝と長寿を祝い、地域の繋がりを保つ有意義な行事となっていること。
・代替案の福祉3施策は従来から実施されていて、今後より時間をかけて関係団体と協議して進めてもらいたいこと。
との意見を付けています。
 
全会一致で補正予算が修正されるのは中貝市政初めてだそうで、市議選を通じて市民の声が反映されたのと議員個々の矜持も見せてもらいました。
 
次の山場は新年度予算審議です。
予算編成と議会への提案権は市長にあります。
12月議会審議前の11月末に、市は「議会の審議による」としながら、各区長宛に今回の補助金廃止の内容を通知しています。
これを見ても議会や市民の声を甘く見ているのが分かります。
 
市民の要望や議会の意思を尊重し、新年度予算で再度敬老会補助金の廃止提案をしないよう市長に強く求めます。
 
 

2017年12月 9日 (土)

敬老会補助金廃止はおかしい

「補助金等の整理合理化」の一環で、「敬老会補助事業は、その効果が一時的であると決めつけて(廃止し)、その財源をより有効に活用すべき」との補正予算案が12月議会で提出されました。

豊岡市ホームページ 平成29年第7回豊岡市議会(定例会)市長総括説明

従来75歳以上の老人を対象に各行政区に対し、「敬老会補助金」として一人当たり1,500円支給されてきました。
府市場区でも70歳以上の98人が招待され、健康等の理由で出席は3分の1を超えるほどですが、欠席者にはお祝いの記念品が届けられます。
区にとっても一大行事で、会食やアトラクションを楽しみ、区を挙げて長寿をお祝いすべく、230,000円の予算が組まれ、豊岡市から87,000円が補助されていました。
 
全市338ヶ所、15,000人が対象で、約2,200万円が補助されています。
前述のようにほとんどの地区で敬老会が開催され、初招待された新人は我が身の「秋」を感じながら老年グループへの活動参加を意識し、古参は増えた仲間を歓迎します。
 
補助金を廃止する代わりの豊岡市案
①高齢者の見守り活動への支援(実施老人会に3万円)
②体操教室「玄さん元気教室」の増加を促進と運営に対する支援(同3万円)
③いきいきサロンの継続支援と実施個所の増加促進への支援(同2万円)
 
個々は高年者福祉政策ですが、わざわざ敬老会補助金を廃止と天秤にかけて採用することはありません。
敬老会補助金を「効果が一時的」と決めつけ、まるで「生きているだけでは補助できない」とさえ感じます。
「見守り活動・体操教室・いきいきサロン」を全市的に広げ、自前で頑張らせることが主眼のようです。
 
「玄さん元気教室」は当区でも1年間継続していますが、運営方法や意識の問題もあるでしょうが、補助金をもらえば活性化することではありません。
338の行政区で、実施しているのが130を越したばかりの現状を打開したいのでしょう。
 
何よりもこれら「高齢者福祉施策の拡充」は、1,535万円となっていて、わざわざ敬老会補助を廃止し振り向けることはなく財源はあるはずです。
少子高齢化・人口の減少・地域力の衰退など課題がある中で、「公助」の中味を見直し、「自助」の意識を高めたい姿勢が感じられます。
 
市長は今春に無投票当選、11月実施の市会議員選挙の時は「市民本位」唱える人がほとんどでした。
この提案に明らかに反対しているのは1会派だけと聞いています。
12月議会で安易に決めることなく、市民の声を聞き慎重審議されることを求めます。
 
「補充金が減らされたから敬老会開催は止める」などという行政区はなく、区民の負担が増えるだけとなります。
長寿を祝われる側も座り心地が悪くなります。
 
強い権力者にものを言わない議員、それを忖度し政策を実施する役人。
国政でまかり通っている「弱肉強食」、そんなことが我が町に起きませぬように・・・・。
 
 

2017年7月13日 (木)

コウノトリ4羽が雲南市へ帰る

豊岡市で飼育されていた雲南市生まれのコウノトリ4羽が里帰りし空を飛びました。
島根県雲南市で子育てしていた雌の親鳥が、サギ駆除中のハンターに誤射され死に、父鳥だけで子育ては困難とのことで、ヒナ4羽は豊岡市にある兵庫県立コウノトリの郷公園で人工飼育されていました。
 
 
雲南市の空を飛ぶコウノトリ(7月13日しんぶんAHから)
Img_20170713_0001
ヒナ4羽は豊岡市で順調に育ち、雲南市で空に放たれました。
ペアが営巣し、4羽のヒナ誕生に喜んだ矢先の事故で、がっかりしていた住民や子供たちはさぞ喜んだことでしょう。
 
もともと自然環境では親鳥がいても4羽すべてが育つのは難しいと言われます。
雄の親鳥は雌とヒナを失ったあと雲南市を離れたものの、ときどき確認されるようです。
子どもだけの生活となりますが、なんとか無事に育ってほしいものです。
 
 

2017年7月 2日 (日)

2017 コウノトリ 山本巣塔 巣立ち

自宅近くの山本巣塔のコウノトリを観察してきましたが、7月2日に巣立ちを確認しました。

雛が一羽しかいない               もう一羽が帰ってくる
P7020044_3 P7020047
いつも雛二羽か親を含めた三羽が巣塔にいるのですが、なんと一羽しかいません。
ということは雛の一羽が巣立ちしたことになります。
暫くして雛が帰ってきて二羽に、親鳥も帰って三羽になってじゃれ合う仕草を見せていました。
 
親鳥も帰巣                    親が餌取り雛が巣塔で待つ
P7020050 P7020056
2017年は散歩がてら巣塔の観察を続けて、その都度記事にしました。

↓ それぞれクリックしてご覧ください
 
 
時折通りがかるだけでタイムリーに節目節目に遭遇してきました。
コウノトリの郷公園公式発表は1日(土)ですが、「伊佐屋観察員」は7月2日、雛の一羽が巣立ちしたことを確認しました。
これに刺激を受けて、もう一羽の巣立ちも続き、昼間は鳥の姿が見えない巣塔がこれから常態化するでしょう。
 

2017年6月 8日 (木)

2017 コウノトリ 山本巣塔 足輪装着

孵化した2羽が順調に育っている山本巣塔のヒナに足輪が取り付けられました。

作業は8日9時半開始、終了は10時半頃でたまたま通行中に確認できました
6日に行われた豊岡市袴狭地区人工巣塔のヒナに次ぐ作業です。
見まもったのは私も含めて周辺住人8名、邪魔にならないよう気を遣いながら、近くで見学させてもらいました。
 
高所作業車がスタンバイ             時刻は9:45分頃          
P6080003   P6080006_3
高所作業車を使用し巣に近づき、ヒナを箱に入れて下に降ろします。
親鳥はやむなく巣を離れ、近くで様子を見まもっています。
 
網で捕獲し箱へ移す              地面に降ろして作業
P6080008_2 P6080011
下に降ろされたヒナは顔を塞がれていて、おとなしくしています。
2羽それぞれの身体測定・採血・羽毛採取(性別判定)を実施し、最後に足環が装着されました。
足輪はそれぞれの個体を確認する目印となるもので、左右両足に付けられます。
各個体の識別は「足輪カタログ 」で公表されています。
 
身体計測                      性別確定に使う羽毛採取
P6080021 P6080023
 
足輪装着                      おとなしいヒナ
P6080027 P6080026
 
巣に移動                      心配そうな親鳥
P6080035 P6080036
 
ヒナの様子を確認                定位置で見守り
P6080037 P6080040  
ヒナといっても孵化したのが4月27日、見たところ1m近い体に育っています。
因みに6日の袴狭のヒナは 3,800グラムと公表されています。
2羽とも順調に生育しているようで、今月末には巣立ちの予定です。
性別なども近く発表され、我が家付近の田んぼで親鳥と餌を食べている様子が見られるでしょう。
 
 

2017年6月 1日 (木)

2017 コウノトリ 山本巣塔 子育て中

その後、2羽のヒナが順調に育っているのが、遠目でも確認できるようになりました。
 
            山本巣塔の親鳥と2羽の幼鳥
P6010006   P6010007
P6010008_2 P6010013
営巣→産卵→抱卵→孵化と続き、2ヶ月を過ぎる頃から次のステップは巣立ちです。
幼鳥が成長するにつれて、巣上をジャンプする行動が続き巣立ちとなります。
今月末頃には「巣立ち」が報告できそうです。
 
郷公園公園化で飼育されているコウノトリ95羽、野外コウノトリの数は約85羽と言われ、、今年成育中のヒナはなんと29羽だそうです。
元気に育って巣立ちを迎えて欲しいものです。
 
5月20日の記事「コウノトリ受難」で報告した島根県雲南市のヒナ4羽は、郷公園に収容され育てられることになりました。
 
 
 
 
 

2017年5月20日 (土)

コウノトリ受難

島根県雲南市で、巣を作り産卵・孵化に成功していたコウノトリの雌の親鳥がハンターの誤射で死にました。

4月に4羽のヒナが誕生したばかりで、害鳥の駆除活動をしていた地元猟友会のメンバーが、サギと間違って撃ってしまいました。
 
豊岡市以外では徳島県鳴門市に続いて、始めて巣を作り雛の誕生まで頑張りました。
アオサギとコウノトリはよく似ていて、見慣れていない地域では間違えるでしょう。
ハンターの責任よりも、地域や住民に周知徹底語が足りなかった雲南市教育委員会が反省するべきでしょう
 
兵庫県立コウノトリの郷公園によると、雌は5歳で豊岡市で生まれました。
これまでに4羽のヒナの誕生を確認しており、今後雄だけで世話ができるかを確認した上で、ヒナを保護するかどうかを検討するといいます。
 
ふ化後、1ヶ月も経つとヒナは1日1kgもの餌を食べるといいます。
夫婦の片方が巣を外敵から守り、片方が餌を胃にため込んで巣に帰り、吐き戻して与えます。
夫婦による子育ての見本のようなもので、人間さまよりはるかに協業が進んでいます。
そんな母を失った幼鳥、妻を失った雄鳥の行く末が案じられます。
 
 

2017年4月27日 (木)

2017 コウノトリ 山本巣塔 孵化推定

約1ヶ月前の3月25日「2017 コウノトリ 山本巣塔 抱卵推定」の記事の続編です。

今朝巣塔の近くに行くと、座っていた親鳥がなんと立ち上がり、口から履いたり食べたりしています。
立ち上がったり餌を吐き戻すのは生まれた雛に餌を与える行動と言われます。
 
立ち上がった親鳥(奧は空港滑走路)     吐き戻し
P4270371 P4270374
 
自分も食べ直し
P4270378_2近くでモニタリングしていた方にお聞きすると、昨日から吐き戻す様子が見られるようです。
卵の時は交代で座り込んで温めますが、雛がかえると自分が食べたエサをはき出して雛に与えます。
まだ卵があるはずなのでさらなる孵化が期待できます。  
豊岡市内を中心にあちこちで孵化が報告され、島根県雲南市でも孵化が昨日確認されました。
県外では3月の徳島県鳴門市に続いて2例目です。
 
コウノトリの雛は大食漢で一日1kg~2kgの餌を食べ、両親は餌の確保のほかカラスやトビなどの外敵から守るのに大忙しです。
つがいが営巣し、抱卵、孵化、巣立ちを迎えるプロセスを見守ります。
 
 
 

2017年3月25日 (土)

2017 コウノトリ 山本巣塔 抱卵推定

今年も野上や祥雲寺地区など数カ所で産卵が確認されています。
わが家近くの山本巣塔も何日か前から交代で卵を抱く仕草が目立つようになりました。
2015年は2羽が巣立ったものの事故で死んでしまいました。
2016年は孵化予定日を約1ヶ月過ぎてもなお卵を抱いていましたが、悲しいかな無精卵でした。
 
抱卵中                       ペアが揃う(足輪なしがオス?)
P3250012 P3250016
 
選手交代                     卵は任せてエサ取り
P3250036 P3250029_2
2005年から10年以上観察を続けているT観察員にお聞きすると・・・・・。
はっきり抱卵とは言い切れないが巣に座り込む時間が増えているそうです。
気になるのは別のメス2羽がときどき「ちょっかい」をかけていてペアが集中できていないとのことでした。
 
卵はカラスに、ヒナはトビに狙われて、コウノトリにも巣や卵を狙われたり、子育ては大変です。
2年連続で子育てができていないのでなんとか無事に生まれてくれることを望みます。
もし産卵していたら5月孵化・育雛、7月巣立ちとなるでしょう。
 
 

2016年7月 8日 (金)

グリー-カーテン 一石二鳥

省エネ・防暑対策で、グリーンカーテンが大流行です。
我が家は、ゴーヤ・朝顔・風船蔓・ツルムラサキを育ててみましたが、やはり遮光性と収穫の一石二鳥となるゴーヤに落ち着きました。

庭側から                 廊下側から
P7070016  P7070023

ゴーヤの花                    受粉後のゴーヤの実
P7070021 P7070018
独特の苦みは緑色のうちは強く、熟して黄色になると無くなります。
種子が成熟するまで鳥などに食べられないように、苦みで身を守っているといいます。
鳥からは身を守れますが、人間の尽きることのない食欲には通用しないようです。
 
2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

伊佐屋三木のblog

  • 伊佐屋三木のblog
    2007年4月から2015年5月まで8年間の記録です。 「サイト内検索」にキーワードを入れて検索すると過去記事が見られます。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

お気に入り

無料ブログはココログ