但馬情報特急

九条の会

  • 九条の会
    日本が誇る憲法第九条をまもり、平和な世の中を築くため行動します

suzuran写真館とミッキーの手まり

但馬山友会

2017年2月13日 (月)

2017 但馬山友会総会

新しい年度の始まりとなる第17回但馬山友会総会が開催されました。

10日から降り続いた雪が数十センチ積もり、JRの上下線は不通、バスも打ち切りの路線も出ています。
会場は豊岡駅前ですが、出席を予定していた新入会員や役員からやむなく欠席との電話がかかってきます。
電車は不通、駐車場から道路までの雪かきしているが間に合わず、道路に出られたとしても圧雪によるのろのろ運転で到着時間が読めないのです。
総会に集まったのは豊岡市とその周辺に住む31人、「この雪の中よくぞ集まっていただきました」と驚きしかありません。
議事に入る前に、「2016遠征登山尾瀬・至仏山の山旅と出会った花たち」のDVDを観賞し、改めて尾瀬の自然と仲間のすばらしさを感じました。

総会議事                     皆勤賞表彰
20170211_110806_2 20170211_104646
議事はまず2016年の例会実績と会計報告です。
行事は年間18回、うち1回だけが雨天のため中止、対象の14回を皆勤したのはNさんただお一人だけ、初級・中級・健脚の全コース参加は立派です。
因みに私は11勝2敗1中途脱落で、入会以来の好成績でした。
 
                    山の歌を歌おう
Img_4104 Img_4112
2017年の活動は17回、但馬を中心に丹後・丹波・宍粟・播磨をまんべんなく登り、バス利用で京都滋賀、2泊3日の遠征登山は日本百名山の谷川岳と決まりました。
 
集合写真                        救急処置講習
Img_4099_2    Img_4122_5
前身の「但馬自然保護協会」が発足したのが1972年(昭和47年)、2001年(平成13年)に但馬山友会に移行し、40数年を数えます。
会員に入れ替わりもあるものの年々歳を重ね、一方で新入会員にも中高年の方が増えて、活動中の事故や急病のリスクが軽視できなくなりました。
中上級者対象の日本百名山を目指す遠征登山も、今回の谷川岳では往復ロープウエイ利用の初級コースも併せて計画されます。
 
ピークを目指しながらも、森の息吹を感じ野鳥や山野草を愛で、景色を楽しむスタイルも楽しいもので、会には野鳥や山野草に詳しい方が大勢いらっしゃいます。
「安全留意し、楽しく山を登る」こと、やはりこれが基本ですね。
 
 

2017年1月18日 (水)

84歳 マラソン・富士山再挑戦

少し前の話ですが、朝日新聞の「声」に山の大先輩Hさんの投稿が載りました。

Scn_0001_2 以前このブログにも紹介したのが、3年前の元旦の投稿、「81歳の挑戦 マラソンと登山」です。
 
マラソンといってももちろんフルマラソン、富士山は日本最高峰。
若者にとっても簡単な話でない目標を、80歳越えのお歳でチャレンジされていることに頭が下がります。
昨年夏に急病襲われてハンディを背負われたのもなんのその、「84歳 マラソン・富士山再挑戦」です。
 
富士山は過去3回チャレンジされて登頂には成功されているものの、今回4度目、お鉢巡りも含めて「完登」を求めていらっしゃいます。
 
以前紹介した、日本人初の国際山岳医 大城和恵さんは「人間の体力や筋力は、二十代をピークにして少しずつ落ちていき、六十代でピーク時のおよそ半分になり、七十代でおよそ三分の一になります」と指摘されています。
どうやらこれは我々のような凡人の話しで、不断の節制とトレーニングと強い心を持つこの方には通用しないようです。
 
山のエキスパートであるだけでなく、山野草や野鳥にも造詣が深く、但馬山友会の仲間として親しくお付き合いさせて頂いています。
マラソン・富士山再挑戦にエールを送るだけでなく、身近なお手本に学ばなければなりません。
 
 

2016年12月24日 (土)

郵便料金の値上げ 山の会への影響

日本郵便がはがきと定形外郵便物、ゆうメールの料金の値上げを発表しました。

実施は来年6月1日から、通常はがきが62円と10円上がります。
但馬山友会の例会案内がはがきで行われていて、百数十軒の会員への年間18回の案内ほか役員への案内等の通信費が支出の3割を占めることから、3万円強の出費増が予想されます。
 
定形郵便物(封書)は据え置き、年賀はがきも一定の条件をつけて据え置きとなるので個人としてさほど影響がないようですが、23年ぶりとはいえ会にとって痛手となります。
民営化で郵便事業を独立させた結果、事業の黒字化が求められるのはやむおえないところですが、可能な人にはeメールの活用など別の手段も考えなけれならないかもしれません。

2016年12月 8日 (木)

2017 年間行事計画検討会

但馬山友会2016年度の活動も11月20日の納会ですべて終了しました。

今年度は山歩き行事16回、遠征登山1回を無事終えてホッとしているところです。
さっそく来年度行事の検討が始まりました。
Pc070001
参考資料①2016年間行事実績②2011~2016までのエリア別登山実績③会員によるアンケート集計表をもとに、エリア別に候補の山を絞り、2017行事予定表に落とし込みます。
山や地域の偏りを避け、ルートグレードにも注意しながらの作業となります。
この案をもとに1月の役員会で審議のうえ、担当リーダーを決めて2月の総会で決定されます。
 
案ではジオウオーク・朝来・養父・丹波・丹後・宍粟・播磨の山が、バスによる日帰りと宿泊を伴う遠征登山もリストアップされています。
但馬山友会も発足17年、前身の自然保護協会もあわせると47年を数えます。
メンバーも入れ替わっていますが、会としてまず「安全で楽しい山歩き」を目指したいものです。
 
 

2016年11月21日 (月)

2016 但馬山友会 朝来山&納会

2月11日の但馬山友会総会を経て、3月21日ジオウオーク京丹後琴引浜コース から始まった例会行事も最後の納会を迎えました。

例年とは場所と趣向を変えて、雲海と展望で名高い朝来山登山や散策の後、「ティーパーティ」形式としました。
南但馬自然学校                   紅葉の林を登る
Pb200002 Pb200003
 
              雲海展望台555mから
Pb200009_2 Pb200011_2
 
朝来山展望台720mからの南西の眺め    北方向:中央に雲がかかる竹田城跡
Pb200025_3 Pb200033_2
下山後の納会場所は南但馬自然学校のキャンプファイヤー場をお借りし、焚き火を囲みながら山の歌を歌うのと今回初登場はフォークダンスです。
 
納会会場                      乾杯挨拶
Pb200042 Pb200047_2
 
     初企画のフォークダンス:「コロブチカ」を軽やかに?踊る
Pb200065_4 Pb200067
フォークダンスは中高生以来の○十年ぶり、回転ごとにふらつく腰やちぐはぐな手足の動きにめげず、「マイム・マイム」「オクラホマミキサー」「コロブチカ」の3曲をなんとか踊りきりました。
 
メタセコイアの紅葉をバックに山の歌    肩を組んで「遠き山に日は落ちて」
Pb200071_4 Pb200083_3
前線の通過で午後から雨の予報でも山頂付近で短時間小雨に遭いましたが、1時開始の納会はまったく雨なしでした。
参加者は45名、最後はみんなで肩を組んで「遠き山に日は落ちて」を歌う山の会らしいフィナーレでした。
但馬山友会の活動はこのブログの左サイドバーのカテゴリー 「但馬山友会」をクリックすると確認できます。
 
来年は2月11日の総会で幕開けの山行は3月から、今日の日はさようなら。
来年元気でお会いしましょう。
 
 
 

2016年9月 6日 (火)

2016 但馬山友会 青葉山 693m

<日本海の絶景と変化に富んだ縦走コース>
 
丹後と若狭にまたがる標高693mの青葉山は「若狭富士」と呼ばれ、東西の二峰を持つ美しい山です。
ちょっぴりスリルがあるロープ場やハシゴもあり、山頂から日本海の絶景が望めます。
 
若狭の高浜町中山寺から東峰693mへ、ハシゴやロープ場を登り降りして西峰692mを経由して、丹後舞鶴市の松尾寺へ下山する東から西への縦走コースです。
台風12号の影響で心配したお天気も当日は晴れときどき曇りの登山日和、35度近い猛暑も雨を覚悟していたのに較べれば贅沢は言えません。

受付終了後も追加申しこみが続き、ゲスト参加もあってほぼ満席となりました。
内訳は男性15名、女性22名、最近女性の参加が増えています。
 
貸し切りバス利用                 車窓から青葉山
P9040165_2 20160904_095524_2

登山届け提出                  登山開始
P9040166 P9040169

総勢37名                     展望所から若狭湾・小浜湾
P9040171 P9040178
猛暑と大人数のため登りはゆっくりペースで、コースタイムを3割方オーバーしています。
可憐な山野草があちこちに見られる山ですが、ただひたすらに登ります。
10時30分から登り始めて展望所到着が11時40分、出発が早かったこともあって眼下に絶景を眺めながら昼食タイムです。
 
 若狭湾・小浜湾・さらに奧へ敦賀湾
 P9040180_2

ちょっぴりスリルの馬の背           東峰:青葉神社到着
P9040182_2  P9040185_3

ハシゴ場                      岩壁のロープの先に舞鶴市と舞鶴湾
P9040188 P9040191
 
              要注意箇所
P9040194  P9040200

大師洞                 西峰山頂 記念写真
P9040216_2  P90402171_3
東峰は展望はなく小休憩のあと、ハシゴ場やロープ場が続き、アップダウンや岩壁をトラバースしながら西峰に到着。
岩場を登り展望所に立つと、眼下に内浦湾、西に丹後半島、北東には能登に続く山並みが展望できます。
さらに南には丹後山地の山々が一望できます。
皆さん案内にあった「変化に富んだコースと絶景」に満足されたことでしょう。
 
岩を登り展望所                  内浦湾の絶景
P9040219_2 P9040227
 
 南側 高浜町と丹波の山々
 P9040230
松尾寺への下りはコースタイム1時間。
ロープや階段などよく整備されていて順調に下りました。

ハシゴやロープを慎重に下る         下山場所:松尾寺(まつのおでら)
P9040231 P9040235
下山場所は西国三十三箇所29番札所の松尾寺
ご詠歌は そのかみは 幾世経ぬらん 便りをば 千歳もここに 松の尾の寺
各自トイレをお借りし、本堂に感謝のお参りをしてきました。
   
この山旅には、来日岳奉仕作業登山でご一緒したKさんが体験参加、「加藤文太郎山の会」から4名がゲスト参加されました。
「山の会」の名だたる健脚の4人にとって、登りのゆっくり歩きは驚かれたことでしょう。
これを機に両会の交流が深まることを期待しています。
 
次会例会は、9月25日、但馬空港から戸牧を折り返す里山歩きです。
担当役員さんには、倒木整理などコース整備していただいています。
 
 

2016年8月27日 (土)

2016遠征登山 尾瀬ヶ原・至仏山 反省会

7月29日~8月1日にかけて行われた「2016 但馬山友会遠征登山」の反省会が行われました。

30日の尾瀬ヶ原散策は雨にたたられましたが翌31日は晴天で、百名山に数えられる至仏山登山を楽しみました。
 
健闘を讃え乾杯!               尾瀬ヶ原の朝靄と至仏山
20160826_184150_6   P8280164_4
今回は写真データを動画風に編集したDVD(山旅編と尾瀬の花々編の2部構成)の配布と映写が行われました。
またKさん撮影のムービーも流されたり、プリントされた写真の交換もあり、デジタルとアナログが混在しています。
 
今年で31回を数える遠征登山ですが会員の高齢化もすすみ、体力に見合った山選びなど見直す時期に来ているように思われます。
一方「口は歳をとらぬ」の言葉通り、楽しかった山旅の思い出に盛り上がった反省会でした。
 

2016年8月21日 (日)

2016 但馬山友会 浜坂二山縦走

少し山をやる人なら植村直己と加藤文太郎の名と業績を知っていて、彼等の故郷但馬から来たというと何処に行っても親しみを持って接してくれます。
新温泉町浜坂と言えば大正から昭和の初めに活躍した登山家加藤文太郎の出身地です。
今年は加藤藤文太郎が厳冬期に槍ヶ岳の北鎌尾根で亡くなって80年、その足跡を訪ねて
2014年に登った観音山に続いて、城山176m・千々見山263mを登りました。

青空に僅かな雲が浮く山歩きにとって絶好の天気とはいっても8月、気温の上昇が心配されます。
 
まずは矢城ヶ鼻灯台へ          最初の急登
P8210004_2   P8210009_2
灯台から城山への急登は一箇所のみ、山裾の木陰の道を巻くように進みます。
地元諸寄の方々でしょうか草刈りがしっかりされていて、途中の「加藤文太郎ふるさとの碑」や展望所城山園地まで快適な山歩きができます。
 
ヤブラン                    カワラナデシコ
P8210007_2  P8210016_3
 
キセワタ                       ツリガネニンジン
P8210028_2 P8210018_3
 
センニンソウ                    シュロソウ
P8210025_2 P8210020_2
 
加藤文太郎ふるさとの碑            城山山頂から浜坂の海
P8210011_4 P8210014_2
途中に鳥や蝉の声を聞き、山野草にも出会いながら、諸寄港や岩美の海の展望を楽しみます。
 
城山園地で昼食タイム               諸寄の海
P8210036_2 P8210033_2
次は千々見山に向けて一般道を登山口のある諸寄駅に向かいます。
263mの低山ですが、登山口の標高が約14mでその差250m。
途中の愛宕社まではジグザグ道、その後は灌木を縫うように尾根伝いの急登です。
 
               千々見山の急登         
P8210038   P8210042_2
気温は35度、シャツからもタオルも汗でびっしょりで、小まめに休憩をとり水分補給に心がけます。
約1時間のゆっくり歩きで千々見山山頂到着。
さすがにバテバテの様子でした。
 
千々見山山頂                   宇都野神社へ下るロープ場
P8210046_3 P8210048_4
宇都野神社への下りも登りに負けないくらいの急坂ですが、随所にロープが設置されています。
加藤文太郎縁の山として「加藤文太郎山の会」や有志の方々の奉仕によるもので、草刈り、倒木の整理や目印テープ、滑りやすいところにステップも切っていただいています。
ふるさとの山を愛し、山仲間を応援する心遣いに頭が下がりました。
おかげで35度を超す炎天下の中、37人が無事登り終えることができました。
 
以前記事にしましたが、加藤文太郎山の会を中心に山の日制定・加藤文太郎没後80年を記念して「第2回 浜坂三山縦走大会」が企画されています。
・2016の浜坂三山縦走の詳細と申込書(word文書) は 
申込締め切りは9月23日です。
 
但馬山友会次会例会は9月4日(日)、舞鶴市と高浜町にまたがる若狭富士で知られている青葉山へバス旅行です。
青葉山については昨年5月の青葉山 下見編 をクリックでどうぞ!
申込受付は終わりましたが、席に若干の余裕があるそうです。
 
 

2016年8月11日 (木)

山の日 来日岳奉仕作業登山

8月11日は2年前に制定され今年から祝日となった山の日。

但馬山友会の例会行事として、来日岳567mの奉仕作業登山を行いました。
山に親しみ山に感謝する気持ちを持って、馴染みの来日岳(くるひだけ)の登山道にある石仏の修復・ゴミ拾い・登山道の整備です。
普段から草刈りや倒木除去などの作業をされている地元の来日区の方々との共同作業となりました。
 
地元の方々と打ち合わせ         登山道の石仏
P8110049_2 P8110069
 
傾いた石仏                  台座の基礎を固め
P8110083 P8110092
 
レベルを確認                  本体の安置
P8110097   P8110086
山頂までの登山・下山道に88体が設置され、札所番号と寄進者の地区と名が記してあり、長年登山者を見守っていらっしゃいます。
風雨や積雪で風化が進み、傾いたり破損したものが見られます。
本格的な修復作業はかってなかったそうで、地元の方々と分担しておよそ25体の修復が行われました。
 
来日岳山頂              竹野町・海岸方向
P8110126  P8110123
 
円山川河口:城崎方向           豊岡市街地方向
P8110108 P8110107
来日岳は南から北へ流れる円山川の河口付近に位置し、△形の見目のよい山で、どこにいても北を教えてくれます。
また秋になると雲海観測場所として有名で、放射冷却で川霧が一面に立ちこめるさまは秋の風物詩として知られています。
標高567mといっても河口の登山口は0メートル、正味の高度差となりコースタイムは2時間強かかります。
 
山に感謝!の横断幕           周辺整備が終わった八畳岩
P8110122 P8110132
 
そうめんの差し入れ         スイカの差し入れも
P8110113  P8110133
山頂までは車で登れることから、冷えたそうめんやスイカ・凍ったお茶ボトルの差し入れをいただきました。
スコップや唐グワ・ショベル・ノコギリ・ゴミ袋持参で参加した会員は30数名、真夏の炎天下、山に親しむだけでなく感謝の気持ちを表すよい汗をかきました。
 
終了ミーティングで来日区の区長さんから感謝と労いの言葉をいただき、来日岳が一層身近な山となりました。
二度に渡る下見で、修理箇所の確認などの事前作業や地元区との調整など担当役員さんにはいろいろお世話になりました。
 
次会例会は8月21日、登山家加藤文太郎ゆかりの地浜坂の城山と千々見山の二山を登ります。
浜坂二山縦走 下見編 ← をクリックでどうぞ。
 
 
 

2016年7月24日 (日)

浜坂二山縦走 下見編

8月例会で浜坂三山のうち、城山176mと千々見山(ちぢみやま)263mの二山縦走が予定され、担当リーダーとしてサブの3人と一緒に下見してきました。
  
浜坂と言えば大正から昭和の初めに活躍した登山家加藤文太郎の出身地で、不撓不屈の岳人加藤文太郎を顕彰することにより、その偉業を町内外広めようと「加藤文太郎山の会」が活動されています。

梅雨明け後、初めての夏らしいお天気で青い空と所々に浮かぶ白い雲と紺碧の海が広がっていました。

浜坂漁港から城山を望む             矢城ヶ鼻から千束断崖を望む
P7230002 P7230003
集合は漁協、城山登山道へを城ヶ鼻灯台へ向かい、折り返して城山へ。
ここから急な階段登りですが距離も短く、近畿自然歩道をのんびり歩きます。
海沿いの遊歩道を歩くと休憩ポイント城山園地に到着します。

ツリガネニンジン             ヤマホタルブクロ
P7230005   P7230006

加藤文太郎ふるさとの碑           キツネノカミソリ
P7230007 P7230020

城山園地から諸寄港             城山山頂から浜坂サンビーチ
P7230027 P7230015_2

カワラナデシコ                  キンミズヒキ
P7230014 P7230016
城山山頂の眺めはよいものの草が茂っていて、城山園地で昼食をとることに決めました。
ここから諸寄港と諸寄の町が眼下に見下ろせます。
小学生でしょうか港内をまわる遠泳大会が行われていて、太鼓やかけ声がこだましています。
 
昼食後は城山遊歩道入り口まで下ってJR諸寄駅へ。
駅でトイレ休憩の後、龍満寺横から千々見山へ登ります。
駅の標高が14m、千々見山山頂が263mということは標高差は250mとなります。
山頂までの距離が短いことで、どうしても急登とならざるを得ません。
途中の愛宕社からロープ場や急登が続き、ストックもザックに収めることを指示する必要があります。

千々見山山頂                  城山方向の眺め
P7230035 P7230038
下りは宇都野神社への近道コースを選びます。
登り以上の急坂ですが、加藤文太郎山の会の皆さんが必要箇所にロープを張っていただいています。
尻餅くらいはつくかも知れませんが、危険箇所はなく約30分で神社に到着します。
もう一の下山ルートは千々見山山頂から南の登山口へ、林道を下るコースがありますが2.2kmと距離が長く、真夏の日差しに照りつけられます。
これは雨天でぬかるんだときのエスケープルートとします。

ハマナスの実
P7230040 前半の城山コースは日陰が多く、海沿いの展望のよい快適歩きですが、千々見山コースは急登や急坂・ロープ場が続くことで夏場は結構苦労するでしょう。
「楽あれば苦あり」、変化に富んだ魅力的なコースです。
ということで、コースレートは当初の「初級」ではあとでブーイングがでるので、「初級+(プラス)」として「急登・ロープ場有り」の注意書きをいれるつもりです。
 
また、登山終了後は「加藤文太郎記念図書館資料室」の見学や温泉施設「ユートピア浜坂」の利用を呼びかけることにします。
 
 
 
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

伊佐屋三木のblog

  • 伊佐屋三木のblog
    2007年4月から2015年5月まで8年間の記録です。 「サイト内検索」にキーワードを入れて検索すると過去記事が見られます。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

無料ブログはココログ