但馬山友会

2022年5月22日 (日)

2022 但馬山友会 5月例会 三岳山

但馬山友会5月例会は、前半の丹波市の三尾山は欠席して、22日の三岳山(みたけさん)に参加してきました。
鎌倉後期から山岳霊場の歴史を持ち、福知山市の名山で839mの標高です。

「三岳青少年の家」(閉鎖中)駐車場に集合し、金光寺(きんこうじ)さん横の登山口から登ります。370mの登山口からの標高差469mとなり全行程3時間30分の「初級」設定です。
例会記録を調べてみると、2007年4月以来の三岳山で、近場であるにもかかわらず縁が薄かった山です。

三岳神社までは1時間、さらに山頂までは約30分のコースタイムで、膝腰に不安がある私でもなんとか登れそうです。
初夏から梅雨入りまでの安定した気圧配置で、連日お天気が続きます。
お天気もよく初級で登りやすいこともあって参加は47人、久しぶりの大人数でした。
      Slpc05
登山口の金光寺さん & いきなりの急坂
P5220003P5220005

スギ・ヒノキの植林帯 & コナラ・クヌギの自然林
P5220009P5220006_20220523091101

新緑の林を進む
P5220028 P5220054

随所にマムシグサ & フタリシズカ
P5220012   P5220011

クリンソウ & ヤマシャクヤクの花後
P5220034  P5220036

タニギキョウ & ギンリョウソウ
P5220016 P5220051
「フタリシズカが咲いていますよ」と言うと、「えッ!一本だからヒトリシズカでは?」と返ってきます。名前は「フタリ」でも1から5本くらい花穂がつきます。この日の三岳山はお一人様がほとんどでした。

三岳神社(南北朝頃の蔵王権現)
P5220049 P5220039

急坂の連続 & 三岳山山頂(839m)
P5220040 P5220043

反射板がある山頂広場 & 方位と山名地図
P5220044 P5220047

但馬の山々・白く輝く但馬ドーム & 但東・丹後の山々
P5220045_20220523131301 P5220046
山頂からの眺めは立木が邪魔をしているもののまずまずです。
北に郷路岳・江笠山・磯砂山・高竜寺ヶ岳、北西には三角錐が見事な来日岳が霞んで見えます。

下りは同じ道をとりますが、急坂の連続なのとペースが速くなるのでついていくのが大変でした。所要時間は60分、13時前には登山口に到着しました。大人数が休憩するには8合目付近の三岳神社しかないほど平地部分の少ない山との印象を受けました。
また新緑の木立を吹き抜ける風が清々しく感じました。 

担当リーダーはサブリーダーと一緒になって、下見を行ない例会を運営します。
駐車場やトイレの心配、コースタイムの設定、安全の配慮、山によってはエスケープルートを考えます。
当日は集合場所の案内や受付、会員の看護師さんが「救急処置物品」を携行し、サポートしていただきます。
今回はKさんが初リーダーを務め、4人のサブリーダーとともに、安全に留意しながらしっかり運営していただきました。
会員の皆さんが安心して登山が楽しめるのは、担当役員の尽力によるもので、解散前には必ず参加者全員が大きな拍手で「感謝と労い」の気持ちを届けます。

私はといえば参加するに当たって痛み止めを最大量服用し、最も不安な腰には消炎鎮痛シップを張り、コルセットまで装着しました。
下りは腰に少し痛みがきましたが、昨年の7月は腰の手術でベットに寝ていたことを思えば格段の進歩です。
手術をしても痛みは無くなりませんが、上手にコントロールしながら、初級レベルの例会なら参加できる自信がつきました。






2022年4月17日 (日)

2022 但馬山友会 4月例会 金剛童子山

大師山に続いて後半は丹後の金剛童子山が企画されました。
登山口は大河ドラマ「麒麟がくる」で主人公の光秀の娘で、細川忠興の正室、玉(洗礼名ガラシャ)隠棲の地で知られている味土野です。
金剛童子山は京丹後市弥栄町にある標高613mの山で、修験道の開祖役小角(えんのおづの)が開いたとされ、山頂付近の展望所からは、丹後の山並みが広がります。
今回は大滝を見学したあと、味土野地区の登山口から山頂へ登り、南の作業道を降るルートです。春のお天気に恵まれ、お試し入会の方も合わせて38名が参加しました。

金剛童子山(613m) & 味土野登山口
Dsc_0602P4170119

味土野大滝 & 登山開始
P4170125  P4170128

ハウチワカエデ & オオカメノキ
P4170136P4170130

ミツバツツジ & ヤマエンゴサク
P4170167  P4170165

イカリソウ & ヤマルリソウ
P4170176_20220420074501   P4230328_20220420075801


イチリンソウ & アケビ
P4230320_20220420075801  P4170159   
この時期は他に春の花が見られたのですが、遅れながらもついていくのがのがやっとで、写真を撮る余裕はありませんでした。皆のペースについていくのが大変で、大きく遅れそうになると休憩を入れていただくリーダーの気遣いに助けられました。

案内ハガキに「明智の娘がたどった数奇な運命に思いをはせながら、3年越しの初春の山を歩きましょう」とあります。
指名されながら雨天やコロナ感染防止で中止となり、やっと実現したTリーダーの思いが込められています。

過去の記録をたどってみると、私が入会した2012年にHリーダーのお世話で企画されていました。あいにくの雨と強風の予報で、集合場所に集まった13人で実行されました。20年を超す但馬山友会例会の最少参加人員の記録として、いまも輝いて?います。

エンレイソウ & 山頂から丹後半島の眺め
P4170133 P4170131

展望所で絶景を眺めながら密を避けて昼食
P4170139 P4170146

丹後半島最北端の依遅ヶ尾山 & 遠くに雪をいただく氷ノ山
P4170150 P4170151

西方向の眺め
P4170153P4170154_20220419083401

北方向の眺め
P4170155_20220419083401 P4170156_20220419083401

ガラシャ隠棲の碑 & ショウジョウバカマ
Dsc_0012_20210424074201_20220420075801  P4170170
私は変形性膝関節症で2019年と2020年に両膝を人工関節に置き換え、翌2021年に脊柱管狭窄症で、変形した椎骨の一部を削って神経への圧迫を除く手術を受け、膝にも腰にも向こう傷が残っています。
親は丈夫な身体に生み育ててくれたのに、ただただ身の不節制を恥じるばかりです。

山の会だけでなく膝痛や腰痛に悩む方から手術の内容やその後の経過を聞かれることがあります。歳を重ねると身体の悩みは出てくるものです。論より証拠、休み休みながらも家庭菜園に精を出し、山歩きを続けることで答えを出したいと思っています。




 

2022年3月20日 (日)

2022 但馬山友会 3月例会

Dsc_0616_202203210943012022年の活動スタートは、3月20日(日)、垣屋氏の山城攻めとジオウオーク竹野海岸コースです。
春の彼岸時期は冬型気候も残っていて、時折日が差したと思うと雨になり、それがみぞれと変わったりする悩ましいお天気でした。
その上、21日まで「まん延防止措置」が適用されるのと、彼岸で忙しいこともあって集合場所の竹野振興局に集まったのは、雨にもみぞれにも負けない少数精鋭?の20名でした。

始めは秀吉の但馬侵攻が行われる以前、竹野町轟(とどろき)にあった「青葉城(轟城)」の出城で、垣谷駿河守が治めていた城山312mを攻め登ります。山城らしく山中のあちこちに、堀切・竪堀(たてぼり)や曲輪(くるわ)跡が確認できます。

曇り空で登頂開始するも途中で雨やみぞれが・・・・
P3200029  P3200032

キンキマメザクラ & ヒサカキの花
P3200028 P3200050
急登も少なく、1時間程度で登れる山なので、レインスーツの他に雨傘を差して登る余裕です。
登山愛好家の皆さんが、登山道の標識設置やルートを整備したり雑木を切って見通せるようにしていただいています。

山頂 & 山頂広場から竹野海岸の眺め
P3200033 P3200037

切浜・淀の洞門 & 国民休暇村・猫崎半島
P3200039P3200040
山頂は結構広く、頑張ったご褒美として山頂の西方向から東へ、切浜・大浦・小浦・庵蛇浜・弁天浜・竹野浜に続く見事な竹野海岸が見渡せました。
食事時間となると、日が差してきたのはラッキーでした。

昼食時は日がさすも、南方向の来日山は雲の中
P3200044 P3200041

食事後竹野海岸国民休暇村を目指して下山し、遊歩道を散策しながら弁天浜まで下り、集合場所の竹野振興局に帰着しました。

休暇村遊歩道 & 大浦海岸・スノーケルセンター
P3200064 P3200051

アセビ & ミスミソウ
P3200053 P3200060

私のスマホの計測では17,314歩、今日はしっかり運動できました。
膝腰の手術を経て昨年になんとか完登できたのは、初級設定の低山2山です。
今回も鎮痛剤に加えてコルセット、鎮痛テープとしっかり防御しながらの山行きでした。
ゆっくりペーズが幸いし、なんとか遅れること無く歩くことができました。
メンバーの皆さんから、「もう普段と変わりませんね」と誉めていただきました。

調べてみるとこのコースは過去4回企画されています。
1回目は、2013年4月に実施され、大荒れが予想される天気の中20人が参加、途中で中止が決まりました。
2回目は、2015年3月は実施。
3回目の2021年3月で雨天中止となりました。
「雨男」を自認されるリーダーのNさんは、「二度あることは三度ある」中止の危機を乗り越え、無事責任を果たされました。めでたし!めでたし!お疲れさまでした。

次回は、4月3日の日曜日、「桜の園地を訪ねて 大師山・中山丘陵」(初級コース)が予定されています。


 

 

2022年2月28日 (月)

2022 但馬山友会 活動スタート

27日日曜日但馬山友会の総会が開催され、2022年度(令和4)の活動がスタートしました。
「まん延防止等重点措置」が適用中で、役員会でも開催の可否について議論がありました。

① 昨年度中止され、今回見送ると2年連続の異常事態となる
② 前年度を総括し、新年度の方向を決める総会は組織にとって必要火急である
③ 会場の「日高コミセン」は広く、検温・手指消毒・換気など感染対策がなされている
④ 高齢者を中心に、3回目のワクチン接種も進みつつある
⑤ 通常例会に参加できない方でも、特にベテラン組が参加を楽しみにされている

などなど勘案した上で実施が決まりました。

総会風景 & 最高齢のYさんもご挨拶
Dsc_0608_20220228092001 Dsc_0611_20220228092001
コロナ禍が続く中でいろいろ工夫された活動計画が提案されました。
従来は飲食を交えて、一人一言の意見交換や歌声が響くのが総会パターンでした。
ベテランの皆さんのお顔を拝見したり、「久しぶり!元気?」と個々に交流されているのを見ると、総会が実施されてよかったと感じました。
会の創世期に会長を務められ、今年で98歳のYさんは、今でも毎日のウオーキングを欠かされないそうです。さすがですね。

会員名簿 & 今年度活動計画
Img_20220228_0002   Img_20220228_0003_20220228210001
2月末現在の会員は143家族166名、15回の例会の他に遠征登山が計画されています。
コロナ禍で車の乗り合わせができにくい時期ではあるものの、山名、エリア、実施時期、コース難易度も初級、中級、健脚と体力度に留意しながら計画されています。
マイペースでなら可能な初級ルートも、皆さんと同一歩調をとるのが難しい状態ですが、なんとか参加させてもらうつもりです。






 

2021年11月14日 (日)

但馬山友会 納山会 兎和野高原 瀞川山

最後の行事は「納山会」、コロナ禍でもあり登山がメインです。
具だくさんのお汁を作り食事をしながら、ファイヤーを囲んでフォークダンスや山の歌を歌い、一年の活動をたたえ合うスタイルから変わりました。
曇り時々晴れの予報と最後の山歩きとあって48名が参加し、深まり行く秋の風情を楽しみました。

宇和野高原から瀞川山ルートは「やまもり村岡」さんの瀞川山登山MAP 
            ダウンロード - toro_map.pdf

神鍋蘇武の紅葉 & 兎和野高原野外センター集合
Pb140042 Dsc_0584

はちまき展望台(750m)の眺望 & 木の殿堂(650m)コースの紅葉
Pb140080 Pb140046

五合目・十石山山頂(870m) & 基幹林道に合流
Pb140049_20211116103601 Pb140052

ナナカマド & 紅葉のカラマツ林
Pb140058 Pb140057_20211115091801

瀞川山頂(1039m) & 昼食タイム・奥に鉢伏山・氷ノ山
Pb140070 Pb140065

山頂からの眺望・妙見山・粟鹿山・須留ヶ峰・藤無山など
Pb140067Pb140068

下山は十石山を経由して木の殿堂へ
Pb140075 Pb140079

登山後、野外活動センターの学習棟をお借りして、山の歌を歌いお茶会で納会セレモニーを行いました。
コロナと悪天候に阻まれて、一年を通じた活動ができませんでしたが、11月の2回の例会が盛況に終わりました。「終わりよければすべてよし」、役員の皆さんお世話になりました。

春の新緑と違って紅葉前線は山頂からふもとに降りてきます。
1000m級の山では落葉が目立ち、これから麓が紅葉期を迎えます。
3日前の12日朝、氷ノ山の初冠雪が記録されました。
いよいよ雪国但馬の冬が間近に迫っています。




   








 

2021年11月 7日 (日)

但馬山友会 11月例会 三開山

緊急事態宣言と雨天のため今シーズン過去12回の例会で実施できたのは3回だけです。
11月は2回の例会が予定されています。

7日は但馬富士で知られる三開山(202m)が企画され、但馬富士低山ながらも独立峰として豊岡市東部に位置する見晴らしのよい山として知られています。
一方、三開山城跡として中世の山城の特徴である、郭や竪堀が残っています。

深い朝霧は空に雲がない放射冷却によるもので、晴天の証みたいなものです。
久しぶりの例会で、コースが優しいのと小春日和も保証されているとあって、今季最多の52人が参加しました。

案内ハガキ & 但馬富士:三開山
Img_20211108_0001_20211108101101  Pb070040

朝霧の中JAたじま豊岡南支店集合 登山口まで農道を歩く
Pb070009 Pb070010

瑞峰寺尾根コース 
Pb070013 Pb070020
シーズン一番とも言える深い朝霧は10時になっても晴れることなく、山頂からは見渡す限り雲の海でした。
時間が経つに連れ、徐々に市街地が見え始めました。
標高202mの低山ながらも、雲海と市街地の展望の双方を楽しむことができました。

北:来日岳・京丹後の山並み & 西:三川山・蘇武岳方向
Pb070025 Pb070026

晴天時に起きる豊岡盆地と円山川が作り出す大雲海
Pb070033

三開山の歴史を聞く & 霧が晴れてきて豊岡市内が見えてくる
Pb070028_20211108094501Pb070035

中嶋神社参拝、昼食 & 解散時に次回例会の説明
Pb070038Dsc_0580_20211108094701
両膝の手術後、今夏に腰を手術して初めての山歩きでした。
前回参加したのが4月の宝山(350m)で、久しぶりに仲間と会い、言葉を交わせるのは山の会の楽しみの一つです。
高低差も歩行距離も短い例会でしたが、、今回は遅れながらもなんとか完登・完歩できました。
お世話いただいた役員の皆さんにいろいろ気を配っていただき、ゴールしたときにはよく頑張りましたと誉めていただきました。

最後の例会は納山会として、14日(日)兎和野野外教育センターから瀞川山(1039m)に登り、下山後に同センター学習棟で納会セレモニーが予定されています。











2021年4月18日 (日)

但馬山友会 夜久野高原 宝山

2021年の活動は、3月28日の「竹野海岸 ジオウオーク」、4月4日の大師山・中山丘陵の2回とも雨天中止でした。
「2度あることは3度あるのか?」、はたまた「3度目の正直か?」、18日の宝山は悩ましいお天気でした。
1m以上の降雨確率は60~70%にもかかわらず、「ひょっとしたら午前中は持つかも・・」と出かけました。
宝山は350mで夜久野高原歩きの延長のようなものと考え、痛み止めを倍に増やして参加してきました。

夜久野ドライブイン集合 & 近くの86番石仏からスタート
P4180066 P4180068

時折陽がさすお天気 & 今が盛りのアケビの雄花と雌花
P4180073  P4180103

茶堂(放光院・大師堂)で地域の歴史や自然を学ぶ
P4180085 P4180088

金浦・夜久野高原 観光・散策マップ(金浦区自治会提供)
Img_20210419_0001_20210419085201

目指すは宝山350m & 展望台到着
P4180075 P4180092
悩ましいお天気にもかかわらず参加者が31名、雨脚が強くなったときが放光院(茶堂)の軒下で、夜久野高原の自然や歴史のお勉強中でした。
ラッキーなことに歩き始めると雨が止みました。

目指す宝山で夜久野高原の展望を楽しんだ後下山し、お昼前に出発地夜久野ドライブイン到着です。
空模様を気にしながら、少し端折った例会となりました。
久しぶりに会う仲間達と遠慮しながらの会話を楽しみ、初参加の3人も紹介を受けました。

リーダーを始め役員さんの執念で「3度目の正直」となり、森執行部が3連敗を免れました。


 

 

 

2020年11月 1日 (日)

2020 但馬山友会 11月例会

但馬山友会最後の例会は、稲葉~小城へ通じる古道を通ってブナ林の779mで昼食、尾根歩きを楽しみ周回し元に戻る歩行5時間のルートです。
緊急事態宣言の発令で活動を自粛しましたが、解除後の7月から活動再開しています。
体調をチェックして参加する、行動中以外はマスクを付ける、相互の間隔を2m空けるなど感染対策をとって活動します。
車の乗り合わせを防ぐため、近場であること、広い駐車スペースがあるなどいろいろ制約を受けて、従来の行事予定を大幅に入れ替えています。

間を空けて準備体操 & 村岡・小城分岐へ出発
Dsc_0016_20201102084001 Dsc_0021_20201102084001
この日の参加は43名、膝腰が不調のため山歩きは控えていて、今回もミーティングだけ参加しました。
帽子とマスクをしているので、体型や雰囲気・声で相手を特定します。
この一年で入会された新メンバーも増えているように思いました。
自然に親しむアウトドアが見直されていて、安心して参加できる山の会が評価されているのかも・・・。

お天気も午後から曇るものの、雨が降る心配はありません。
渓谷や尾根歩きの途中で、色づき始めた樹木や秋を待ちかねて咲く花、春に咲いて赤や紫の実をつける野草たちに出合えたことでしょう。

新緑の5月の古道歩きを「神鍋山野草を愛でる会」が記事にしています。
・「渓流沿いの小城道をたどる」
・「小城越古道続報 万劫、稲葉の村岡境界尾根新緑
それぞれをクリックしてご覧ください。

皆を見送った帰りに溶岩流でホソバシュロソウを見つけました。
Pb010264_20201102150101  Pb010245



2020年6月13日 (土)

但馬山友会 活動再開が決まる

緊急事態宣言解除を受け、自粛を続けていた但馬山友会の例会活動の再開が役員会で決まりました。
会員にはあらためて文書が発送されますが、フライイングを承知で概要をお知らせします。

・再開時期   : 7月5日から、来日岳は駐車場の関係から阿瀬渓谷に変更する
・7月末の遠征登山(立山)は、密が避けられないことから取り止め、8月10日(月・山の日)に扇ノ山登山を企画する
・丹波篠山市や宍粟市の山は移動距離が長く、すでに中止になった近隣の山に変更する
・「20周年記念の集い」「リーピート山中・山の歌コンサート」は納会(11月14日)で開催する

登山も感染の第2波を警戒しながら活動する、「ウィズ・コロナ」の段階を迎えます。 
山の選択だけでなく、集合場所や受付方法、昼食・記念写真など密を避ける工夫がなされます。
個々で体調管理に留意し参加するのは当然のことです。

ところで、今日13日(土)は「登山と20周年記念の集い」が予定されていました。
県北部は梅雨入りしても本格的な雨は遅れます。
10日頃に近畿が梅雨入りし、北部も大雨となるのは珍しいことです。
コロナ禍で記念の集いもコンサートも中止となりましたが、実施していたら登山など予定変更が大変だったでしょう。

2020_20200613100601 リピート山中さんには、あらためて11月14日のコンサートをお願いし、オフィシャルホームページコンサート情報に記載されています。

11月の納会では秋晴れのもとで、コロナに振り回された一年を振り返りながら、楽しく締めくくるイベントにしたいものです。

 

 

 

   

 

 

   

                                  

2020年6月 6日 (土)

登山活動再開のためにⅡ

地域の事情を踏まえ、例会を実施する際、具体的に以下の手順を考えてみました。

①年間の行事計画を見直す
 ・7月末の遠征登山は密を作りやすいことから中止し、近隣の山の日帰り登山に変更する
 ・丹波篠山市や宍粟市の山は移動距離が長く、すでに中止になった近隣の山に変更する
 ・20周年記念の集い、コンサートは納会(11月14日)時に変更する
②発熱など健康状況をチェックして異常のないことを確認して参加する
③できるだけ現地集合・現地解散とし、車での乗り合わせを極力控える
④できるだけマスクを着用する(熱中症に注意)
⑤仲間との距離2mを確保し、昼食時も同様とする
⑥自粛中に衰えた体力を考え、初級用の別ルートを加え2本立てとする
⑦10人以内で班を編成し、時差出発で時間をずらせる

カシワバアジサイ
Horizon_0002_burst20200608063141481 山に登ることで足腰が鍛えられるだけでなく、森の息吹を感じ、景色や花に触れることで心が洗われます。
仲間との交流も心の健康維持に役立ちます。
不要不急の外出ではありません。


 

 

 

      

より以前の記事一覧

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

お気に入り

伊佐屋三木のblog

  • 伊佐屋三木のblog
    2007年4月から2015年5月まで8年間の記録です。 「サイト内検索」にキーワードを入れて検索すると過去記事が見られます。

九条の会

  • 九条の会
    日本が誇る憲法第九条をまもり、平和な世の中を築くため行動します