但馬山友会

2023年10月19日 (木)

但馬山友会 レジェンド逝く

15日夕刻に散歩中、乗用車との事故で亡くなった山崎幸雄さんの葬儀に参列しました。通夜葬儀にかけてご近所や友人にのほか、勤務された国鉄機関区、趣味だった詩吟の会、山の仲間がお別れしました。
もうすぐ満98歳で、ベテラン山仲間達が「白寿(99歳)祝う会」を20日に予定されていた矢先の出来事でした。

遺影とご遺族の挨拶状 & 式場
Dsc_0028_20231020081301  Dsc_0035_20231020081101
山崎さんは、「但馬山友会」の前身で自然環境保護を目的とした「但馬自然保護協会」の会長として、10年の長きにわたって会の運営と指導につくされました。
その後2001年(平成13年)に「但馬自然保護協会」から、自然に親しみ山歩きを楽しむ「但馬山友会」に移行した後も、顧問として10年間、後輩の運営を支援されながら、一会員として山を楽しんでこられました。

但馬山友会4レジェンド(2019年納会)
Pb170101 90歳を越えた頃から山歩きは無理でも総会や納会には、2月に亡くなった初代会長上谷一さんと一緒にお顔を見せて、山の歌を歌い、ベテラン会員との交流を楽しまれました。
いつからか2
代会長Hさんと3代会長Kさんと4人を「但馬山友会4レジェンド」と呼ぶようになりました。文字どおり、但馬自然保護協会から続いた但馬山友会を生み育てるのに尽力された伝説の人物という意味です。

6年前に奥様を亡くされたあとお一人となり、日常の家事はご自分でこなされ、健康に留意され、特に拘られたのは歩くことです。1日1万歩を自分に課して、市内のあちこちを歩く姿を見かけた方も多かったことでしょう。
事故に遭われた18時頃といえば、辺りが暗くなり歩行者にとって危ない時間帯です。もちろん
事故の原因は乗用車の運転手の過失ですが、「今日は目標の1万歩にまだ足らん」と、歩かれたのでしょうか?

88歳の時、私がリーダーを務めた「2014三瓶山一泊登山」に参加され、労働歌「がんばろう」を口ずさみながら軽やかにに歩いていらっしゃったのを思い出します。
若いときは労働運動の闘士だったとお聞きしますが、私が知己を得たときは人に優しい穏やかな態度と、もの言いでした。
2017年から2019年まで会長を務めた私に会う都度、「頑張ってもらってありがとう。会をよろしく頼みます」と声を掛けていただきました。

標高が高くて険しい峰々が連なるのを「岳」と表現されます。その人生を象徴するが如く戒名にはしっかり「岳」の字が刻まれていました。
自然を愛し、山を愛し、人を愛し、平和を愛し、自分に厳しかった「レジェンド山崎」さんの心を私たちが受け継ぎたいものです。


2023年9月25日 (月)

2023 但馬山友会 鉢伏山 1,221m

但馬山友会例会も早春から始まって、後半の秋登山になりました。
彼岸の前日から北の高気圧が南に下がり、一気に空気が入れ替わったような感じです。

案内ハガキに「ハチ高原スキー場として親しまれる鉢伏山は、標高約800mの高原にホテル・山小屋等が点在し、山頂から眺める鉢伏高原は、まるで異国のようです。景観を楽しみながら歩きましょう」書かれています。
集合場所のハチ高原交流促進センター駐車場に集まったのは「体験入会」の2人も含めて49人でした。

登山前ミーティング & 登山開始
P9240007 P9240013
高原交流促進センター➡林道分岐登山口➡ケルン➡鉢伏山山頂➡高丸山(昼食)➡小代越え➡シナノキの巨木見学➡ゲレンデを下山➡高原交流促進センター            <全行程 4時間半>の初級コース設定です。

ツリフネソウ と シロツリフネ
P9240021  P9240022

オタカラコウ & アキノキリンソウ
P9240020  P9240033

アケボノソウ & センブリ
P9240027 P9240077

雲がかかる氷ノ山 & 貴重な日陰の登山道
P9240036P9240081  

オヤマボクチ & ヤマシロギク
P9240034  P9240046

コナスビ & ヒカゲカズラ
P9240065  P9240069

ネジバナ & オオカメノキ(ムシカリ)
P9240074  P9240031

センボンヤリ & アキチョウジ
P9240087   P9240111
一斉にスタートしたものの、高齢の二人が遅れて、皆さんに山頂で待って頂きご迷惑をおかけしました。
ここから高丸山→小代越えと続く稜線を縦走するところですが、2人はそのままピストンで下山することになりました。

鉢伏山からハチ北方向
P9240050_20230930072101P9240054

鉢伏山山頂 & 高丸山・小代越えに続く稜線
P9240059_20230925065701  P9240061

周回組の出発 & 高丸山への登り
P9240048_20230925070001  P9240056
一方ピストン組は、下山途中も「花めぐりの旅」を続けます。
天候は曇り時々晴れ、気温も20度半ばと時折吹く秋風が心地よく感じられます。

ミコシバナ(神輿花)となったゲンノショウコ & ゲンノショウコ (赤)
P9240093_20230925070201  S__6619164

リンドウ & ウメバチソウ
S__6619161 S__6619166

ツリガネニンジン & ツルニンジン

S__6619167    P9240100

ノハラアザミ & ミズヒキソウ
P9240113   P9240120

ミゾソバ & ヤマジノホトトギス
P9240105_20230925071401  S__6619168

ヨメナ & 周回組が先に下山
P9240143  P9240148
9時前の出発で、周回組が下山したのが12時40分で、最短のピストン下山を選んだ2人が花めぐりに熱中し、13時の下山となりました。
天候も徐々に回復し、7月から9月中頃まで酷暑の登山が続く中で、久しぶりに爽やかな秋登山を楽しみました。
次の例会は播磨の「七種山(なぐさやま)683m」、標高の割にはタフな山と聞きます。

※ 花の写真は、周回組のIさんと、ピストン組mikiの撮影を一つにまとめました。

      別宮の棚田越しの氷ノ山
   Dsc_0007_20231019151401




 

2023年9月10日 (日)

2023 但馬山友会 播磨妙見山 693m

9月半ばになっても30度越えの暑さが続くものの、朝夕は凌ぎやすくなりました。
9月例会は多可3山の一つ「あまんじゃこ(天邪鬼)伝説」が残る妙見山693m、東山古墳群を見ながらの周回コースです。
この山は、山容から妙見富士とも呼ばれています。同じ兵庫県には他に但馬妙見山1139m、能勢妙見山660mがあり、いずれも妙見菩薩を本尊とし、北極星または北斗七星を神格化した仏教といわれています。また3山とも「兵庫ふるさと100山」に数えられています。
集まったのが44人、途中の集合場所で車を整理して向かいます。

16058 16060

16062  16066

16067_20230913084101  16073
気温が高い上に湿度も高く、風もないので汗が噴き出します。
体調不良で途中下山者が出たり、下りでは積もった落ち葉で滑って腕をすりむいた方も出るハプニングもありました。
山頂は広くない岩場中心の場所ですが、近くの三国岳 千ヶ峰、笠形山が展望できます。
次回例会は9月24日(日)、関西百名山の一つ、鉢伏山1,221mが予定されています。


 

 

2023年8月27日 (日)

2023 但馬山友会 高竜寺ヶ岳 697m

残暑のはずが、やはり盛夏並みの暑~いお天気でした。
7月例会は「但馬と丹後を分ける秀峰・高竜寺ヶ岳」で、2018年5月以来5年ぶりです。
集合場所は京丹後市久美浜側の尉ヶ畑登山口に、新入会員1人と体験入会4人を合わせてぴったり50人の参加でした。
山頂からの展望の良さと自然林に囲まれた木陰の登山道が魅力です。
登りは約90分、時折吹く涼風が暑さを和らげてくれました。
ルートはピストンではなく、帰りは「たんたんトンネル」の上を通る林道歩きの周回です。

我が家付近から東に高竜寺ヶ岳 & 但東町からの山容
P3010053_20230828073901 P8270111

自然林に囲まれた木陰の登山道
P8270093  P8270096

尉ヶ畑集落  & 久美浜小天橋
P8270100 P8270102

 久美浜湾方向 & 南:粟鹿山・東西床ノ尾山 
P8270104_20230828074801 P8270105

正面:東里ヶ岳、江笠山 & 中央:来日岳
P8270106P8270107

           全員集合
        15367
山頂697mに対し、登山口の標高は約300mなので、標高差は400m弱と甘く見たのが失敗でした。35度を超す気温は汗っかきの私には酷なものでした。おまけに朝飲む痛み止めを飲み忘れ、昼の薬もリュックに入れ忘れる始末です。コルセットに支えられながらも、重だるい腰の痛みに登り下りとも大きく遅れて、役員始め皆さんに迷惑を掛けてしまいました。

6月の三室山、7月の立山でついた自信が、もろくも崩れ去ってしまいました。この分では9月の播磨妙見山(693m)の参加を見合わせることになるでしょう。


   


 

2023年8月 1日 (火)

2023 立山紀行 高山植物&野生動物とパノラマ展望

今年度の但馬山友会遠征登山は、コロナ禍で延期中止が続いた立山です。
催行は4年ぶりとなり、1泊に規模を縮小して実施されました。
全員一の越山荘(2,700m)に宿泊するも、「登山チーム」→ 雄山・大汝山・富士の折立に登り、浄土山経由で室堂に下るコースと、高山植物や野生動物に出合うことができ、体力の負担が少ない「室堂・浄土山散策チーム」に分かれました。
雪解けが進み梅雨も明け、春と夏が一緒にやってきた感じの立山は、まさに花盛りです。

ガクウツギ & イワイチョウ

P7300340  P7300354

チングルマ & ハクサンイチゲ
P7300376 P7310511

オンタデ & コバイケイソウ
P7300348  P7300356

ハクサンボウフウ & ミヤマセンキュウ
P7300425  P7300320

モミジカラマツ & カラマツソウ
P7310612  P7310615

エゾシオガマ & ヤマハハコ
P7300398 P7310523

イワツメグサ & タカネツメクサ(中にイワギキョウ)
P7300401 P7310469

ムカゴトラノオ & ヒメクワガタ
P7310479 P7300404

ミヤマダイモンジソウ & シラネセンキュウ
P7310632   P7310489_20230801135601

ツマトリソウ & ゴゼンタチバナ
P7310577 P7310529

ナナカマド & アオノツガザクラ
P7310598 P7300420

ハクサントリカブト & ミヤマリンドウ
S__6332430 P7310616

イワギキョウ & チシマギキョウ
P7310536 P7300429

クロユリ & ハクサンフウロ
S__6324252 P7310587

ミヤマアキノキリンソウ & ウサギギク
P7300387  P7300428

ミヤマダイコンソウ & チングルマ穂
P7310595  P7310497

ミヤマキンバイ & ミヤマキンポウゲ
P7300378 P7300385

イワオトギリ & クルマユリ
P7300389 P7310484

コイワカガミ & ヨツバシオガマ
P7310510  P7300365

シラタマノキ & クロトウヒレン
P7310524   P7300350

ライチョウ & イワヒバリ
P7310556 P7310495

室堂から一ノ越へ

P7300380 P7300381

一ノ越からの眺め(南:モルゲンロート & 北:影立山・室堂)

P7310433 P7310449

雄山山頂から室堂方向の眺め & 雄山頂上 峰本社
Img_7300 Img_7307

チングルマ越しに、右から雄山・大汝山・富士の折立・真砂岳・別山・雲がかかった剱岳

   P7310532

浄土山頂より、左から槍ヶ岳・奧穂高岳・水晶岳・笠ヶ岳・雲の薬師岳、中央は五色ヶ原
   P7310526

浄土山から急な岩場の下り


P7310574   P7310570

   みくりが池から雲がかかった立山
   P7310639

山歩きには「登山」と「トレッキング」、「ハイキング」などのスタイルがあります。
「散策チーム」はコースタイムにこだわることなく、立ち止まって会話を楽しみながら景色や花を愛で、カメラを向ける「ゆる山歩き」スタイルをとりました。
さしずめ1日目の室堂から一の越山荘までは「ハイキング」で、2日目一ノ越~浄土山~室堂は「トレッキング」ですね。
もう一つのアウトドアグループ「神鍋山野草を愛でる会」の活動と似ています。







 

2023年6月18日 (日)

2023 但馬山友会 三室山 1358m

前回の由良ヶ岳640mに続き、6月例会第2弾は、氷ノ山に続く県下第2の高峰三室山(宍粟市千種町)です。
従来の登山口からのピストンではなく、山頂から展望のよい尾根筋を大通峠を経由して下る周回コースです。
「山頂付近にクサリ場があり」との案内表現もこのコースを知らない人にはやや刺激的です。標高差約800mの中級設定で、道中が90分かかる遠方であることもあって、少なめの30人が車に同乗して出かけました。

登山口手前の大駐車場に集合
P6180248   P6180260

ネジキ & ウツギ
P6180252 P6180254

フタリシズカ & 千種川支流添いの道
P6180257  P6180262

何度か渡渉 & ジグザグの急登
P6180264 P6180268

山頂付近に大岩が登場 & サラサドウダン
P6180275 P5200027_2

ミニ・クサリ場
P6180283  P6180287

山頂手前から見る船木山・後山、左奧に日名倉山 & 三室山山頂
P6180288 P6180291
登山口出発が9時、約2時間歩いて山頂到着です。標高差が800m弱なので、結構急登が続きます。
曇りときどき日が差し、山頂からの展望はまずまずで、地図や望遠鏡で「山座同定」がなされました。

兵庫県鳥獣保護区地図 & ひときわ目立つ氷ノ山1510m
P6180300  P6180299

鳥取県境・扇ノ山1310m & 岡山県境・那岐山1255m
P6180295P6180296

大通峠へ下山 & 笹原が続く尾根道
P6180301 P6180303_20230619085601

ブナ林も出現
P6180304 P6180306

ツルアジサイ & タンナサワフタギ
P6180307 P6180311_20230620123001
梅雨時期の6月はやたら白い花が目立ちます。
写真にはありませんが、ハクウンボク、イワガラミやナナカマド、ガマズミ、ヤブデマリが咲いていました。
緑燃ゆる時期となると、「白色」はコントラストが高く、昆虫による花の識別に役立っているのではないかという説があります。
マタタビの一部の葉が白化するのも、虫を呼び寄せて受粉を促すためとも言われます。

ギンリョウソウ & コガクウツギ
P6180315_20230619090101    P6180331

コナスビ & アカショウマ
P6180316  P6180330

エゴ & 三室の滝
P6050338_20230619134601Dsc_0008_20230619095601
伊佐屋君は前回の由良ヶ岳がやっとの体力だったので、過去2回登った三室山はパスする予定でした。
2日前に届いた山友のLINEの誘いについ乗ってしまいました。歩行5時間で特に下りの3時間弱は腰が持つか心配でした。
先頭を歩くリーダーから遅れがちになると、ペースダウンや休憩を入れてもらったりして、なんとか完登することができました。但馬山友会復帰後の中級レベルの初チャレンジに、仲間から励ましやいたわりの言葉を頂きました。

次回例会は7月2日に日本百名城・鳥取城跡が予定されています。
織田と毛利がせめぎ合う最前線で、記録にのこる激闘が繰り広げられた場所です。
羽柴勢がとった兵糧攻めは、「鳥取城の飢え殺し」(まっぷる)として多くの餓死者がでました。一度登りたかったところでもあり、参加することにしています。


     


2023年6月 6日 (火)

山友の命日

6月6日は、但馬山友会でご一緒した「水縄松生」さんの一周忌です。
昨年6日の未明、自宅の火災で高齢の父君とともに亡くなりました。
命日を前に奥様が句集「五月晴れ」を発刊され、友人としてご恵送頂きました。
松生氏がこの世に「生きた証」の一つとして、新聞欄で入選された句を集められたと、奥さまから聞いています。合わせてカメラの一席入選の写真が載せられ、どちらも但馬山友会の例会がテーマでした。
ご自宅が全焼で何も残らない状態から、俳壇を主宰する新聞社や周りの方の協力でここまで漕ぎ着けられました。
伊佐屋三木のblogにも松生氏や山の活動が登場し、奥さまの思い出探しに少しは役立ったことでしょう。
出石㐂らく文庫 開店です」 「㐂らく文庫 繁盛中」 「頂上目指して」 ← どちらもクリックしてご覧くださいその後は左上部の「←」戻るボタンで元記事に戻ります。

Img_20230607_0001山の会に入会時期がほぼ同じ、同年代として話が合い、山に親しみ、カメラを楽しみました。
もう一つの顔、「文人水縄」「俳人水縄」を知ったのは、ずっと後からでした。
句集は歳時記と同様、四季と新年に分けて、自然や地域、文学、農家生活、家族への思いが込められています。
春の句に「けふからは切手貼り足す四月哉」があり、彼からの封書やハガキがそれでした。

彼の筆まめは有名で、何かあると封書が届きます。
中高年の愛読紙「サライ」のクロスワードクイズが毎月送られ、「三木大兄の健闘を祈ります」と書き足されていました。
なかなか骨のあるクイズで、4~5日経ってから答えをLINEで送って確かめました。それを「水縄松生からの挑戦状」として、楽しみにしていました。
お互い先ず自力で解く、どうしても無理だったら辞書だけ使用可という暗黙のルールがありました。同じ答えであれば、「私も同じです」、違っていれば、「さーて?」が返ってきます。

パソコンやスマホがありながらも、愚直なまでに辞書や封書に拘わるのが彼らしく、「デジタルに頼るな、アナログのよさもある!」そんな声が聞こえてきそうです。

我が父の命日でもあるので、この日は忘れてはならない日です。

 

 

    

2023年6月 4日 (日)

2023 但馬山友会 由良ヶ岳 640m

但馬山友会例会に参加するのは、今シーズンは3回目です。
何かの案内で「由良川が若狭湾に注ぐ辺りに、ゆったりと裾野を広げる由良ヶ岳は丹後富士とも呼ばれる美しい山です。頂上からの眺望は素晴らしく、眼下に若狭湾を見渡すことが出来ます。遠くには若狭・丹波・但馬の山々が、足元には日本海の白波が打ち寄せる砂浜など、360度の絶景を見ることができます。西峰からは天の橋立の松並木も望めます」とありました。
640mは低山の部類に入りますが、河口からなので正味の高低差で、円山川河口に屹立する来日山567mと似ています。
また、ここは森鴎外の小説「山椒大夫」の舞台となったことで知られる地でもあります。

集合は豊岡市内で、乗り合わせて丹後由良駅まで走り、そこから登山口まで歩きます。
「車で乗り合わせて県外に出る」なんて、コロナ禍中では考えられなかったことです。
ただ、台風の影響を受けた前線の活発化による警報の大雨で、催行を危ぶんだのか通常の半分程度の26名でした。

丹後由良駅 & 由良ヶ岳をバックに登山前のミーティング
P6030002 P6030004_20230604081201

畑に植えられたオリーブの花 & ホタルブクロ
P6030006_20230604081701  P6030008

登山口 & 始めは急な登り
P6030012  P6030014

しっかりしてわかりやすい登山道 & エビネの群落
P6030015   P6030019
尾根に沿って作られた登山道はしっかりしていて、各所に目印テープが付けられています。
東峰と西峰の分岐の手前に前日の大雨ですべりや箇所があって少し緊張しました。
出発から約2時間で先ず眺めのよい東峰に登り、眼下の絶景を眺めながら少し早いお昼にします。

東峰・虚空蔵菩薩 & 舞鶴山遊会さんと山頂で一緒
P6030023_20230604083101 P6030034

栗田湾にそそぐ由良川 & 遠くに若狭富士で名高い青葉山(双耳峰)
P6030028 P6030031
食事しながら案内どおりの絶景を楽しみました。前日の大雨で川はもちろん河口も湾内も濁っています。
由良川は流域に丹波市や福知山市を抱え、過去水害が繰り返された暴れ川で有名です。
ここから遡った氷上町の分水嶺から南に下ると加古川となります。
舞鶴山友会さんのメンバーから、「もうすぐ由良川鉄橋を電車が渡るよ」と教えていただき、丹後由良駅11:28分発の西舞鶴行き列車の渡橋が確認出来ました。

京都丹後鉄道列車の由良川渡橋(列車から見ると川の中を走っている感じ)
P6030037 P6030039

最高峰640Mの西峰(スカイツリー634mとほぼ同じ)
P6030045  P6030051

左端に天橋立 & 栗田湾・関西電力火力発電所
P6030049 P6030046
登山口の資料に、東峰の虚空蔵菩薩は地元の子供が、「十三まいり」といって13歳になるとお参りしたそうです。
「十三まいり」は京都の嵐山の法輪寺が有名で、関西ではあちこちにあります。

雲が晴れて山頂が見える丹後由良駅 & 登山証明書
P6030056 Img_20230604_0001
登山口には由良地区公民館発行の登山証明書が置かれていました。
私がいただいたのが202番なので、シーズンが終わる頃には3桁越えるでしょう。

ベニバナヤマシャクヤク & 本日の歩数
457947481087934839  P6030057
 2019年から2021年の3年連続で膝腰を手術して、徐々に例会参加ができるようになりました。登り下りとも遅れがちになると、何度も休憩を挟んで配慮していただいたリーダー及びサブリーダーの皆さんに感謝です。

まだ、痛み止めを飲み、鎮痛テープを貼り、コルセットをつけての参加となります。
7月末の立山遠征登山の初級組のリーダーを仰せつかっていることから、務めを果たせるよう日々のトレーニングを欠かさないようにします。

次回例会は、6月18日(日)宍粟の三室山1358m、氷の山に次ぐ県下第2の高峰です。
山頂から大通峠をたどる周回コースで、歩行時間は5時間となっています。
過去2度登山口往復で登ったことがあります。

(今度も登れるかなぁ、登りたいなぁ) 弱者になってのつぶやきです。
 

 

2023年4月 8日 (土)

2023 但馬山友会 金山540m

但馬山友会例会第2弾は、丹波市と丹波篠山市の境にある金山540mです。
丹波市鐘ヶ坂公園からレンガ造りでは日本最古の「明治のトンネル」を見学し、古道を登り山頂付近の「鬼の架け橋」からの眺望とヒカゲツツジを愛でて、金山山頂(金山城跡)で昼食、今度は丹波篠山側に下り追入神社で休憩し、鐘ヶ坂登山道を峠越えして鐘ヶ坂公園に戻る周回コースです。
交通の要衝としての鐘ヶ坂峠を越える先人の苦労や、明治・昭和・平成の3代に渡ってトンネルを掘った知恵と技術を偲ぶことができます。
因みに現在共用されているのは、2005年開通の平成トンネルです。

参加者43名によるミーティング & 公園から見る鬼の架け橋
P4080002 P4080060

明治のトンネル(明治16年完成) & 古道を登る
P4080009 P4080011

盛りのミツバツツジ
P4080005 P4080013

アセビ & 植林帯
P4080016  P4080017

断崖に鬼の架け橋
P4080041_20230409085901  P4080042
P4080024_20230409085901 P4080037

岩場に咲くヒカゲツツジ
P4080030 P4080034

金山山頂 & 北方向:黒井城跡
P4080046 P4080038_20230409090301

クロモジの花 & ちょっと怖い「人の架け橋」
P4080048P4080050_20230409134601

篠山側追入から峠越えの道を戻る
P4080052P4080054
前線が通過した後、この時期としては強い寒気が入り込んで冬型の天気のようです。
気温が低く、場所によって強い風に悩まされました。
北西方向の但馬の空はどんより曇っていましたが、こちらは晴れたり時折時雨れるも合羽や傘を使うほどでもありませんでした。

全行程 4時間+昼食時間で、ランクは初級設定です。
但馬は雨模様にもかかわらず、43名が鬼の架け橋や金山山頂からの眺め、盛りを迎えたミツバツツジやヒカゲツツジを楽しみました。

私は一念発起して、昨年12月1日から連続して4ヶ月間、近くの「日高健康福祉センター」でリハビリトレーニングを続けています。
それが効いたか腰の痛みもさほどではなく、なんとか皆のペースについていくことができました。
「努力は人を裏切らない」なんて言うにはちょっと早すぎますかね。





2023年3月21日 (火)

2023 但馬山友会 城崎・大師山 街中ウオーク

2月の総会で新年度の活動を開始し但馬山友会の初例会は、城崎大師山と街中ウオークです。
案内ハガキには「歴史と出で湯の街城崎温泉を回るウオークです」「登山と町歩きで、知らなかった城崎が見えてきます」と書いてあります。
駐車場所を確保するのが難しい城崎温泉街で運良く、祭日ならばと提供していただけました。晴れときどき曇りの予報は数日前から、曇り一時雨と変りました。
コースが初級設定であること、経験がない温泉街ウオークに興味を持つ41人が集まりました。
山頂までは観光客用のロープウエイがあるのですが、当然麓から中腹の温泉寺を経由して自力で登ります。


大師山山頂のロープウエイ & 中間駅の温泉寺到着
P3210082 P3210084

アセビの花盛り & 大師山山頂を目指す
P3210085  P3210088

大師山山から温泉街 & テレビでおなじみNHK定点カメラ
P3210095 P3210093

山頂公園で休憩 &  満開のタムシバ
P3210097  P3210099

温泉街に下るトレッキングコース & ときどき急坂も
P3210102P3210108

温泉街を見下ろす景色 工事中の城崎大橋も
P3210104 P3210106

民家横のジンチョウゲ2種 & ヒメリュウキンカ
P3210109  P3210110

城崎温駅駅(カニのハサミ) 昼食場所の東山公園
P3210111P3210112

スミレ & キブシ
P3210114 P3210118

ヤブツバキ & ショウジョウバカマ
P3210116  P3210125

ヒメカンスゲ
P3210120心配された雨も、城崎駅付近で小雨が降っただけで、東山公園での昼食タイムにはやみました。
大師山から城崎文芸館に至る下りは、急坂もありながらも景色がよく楽しい山歩きでした。
普段通らない裏道や細道・辻を歩く町歩きは珍しさが一杯でした。桃島池では、通過中のJR豪華列車瑞風にも出合うことがで来ました。

膝はほとんど回復していて、唯一の不安材料は腰痛です。
痛み止めや湿布の効果も出て、山を下るまでは痛みは出ませんでしたが、後半の街歩きで、腰痛が出て途中ショートカットしました。

次回例会は、4月8日(土)丹波市の金山が予定されています。
2代前の明治期の鐘ヶ坂トンネルの見学や鬼の架け橋も訪ねます。
残っていれば鐘ヶ坂公園の桜、盛りのヒカゲツツジに出合えることでしょう。


 






 

より以前の記事一覧

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

道の駅かんなべ高原

お気に入り

伊佐屋三木のblog1

  • 伊佐屋三木のblog1
    2007年4月から2015年5月まで8年間の記録です。 「サイト内検索」にキーワードを入れて検索すると過去記事が見られます。